最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ◆「素十の一句/日原傳」その1 | トップページ | 秋雲や靴職人の旅鞄 »

2018年9月17日 (月)

◆「雁渡し」発表ー!

月曜日は京都に出かけ、帰宅が夜になります。
帰宅後更新しますので、しばらくお待ちくださいねhappy01



ただいまでーす!!
今、京都から帰ってきましたhappy02
テンションに任せて聞き書きの更新行きま~すdashdashdash

今回の兼題は「雁渡し」。パーソナリティは、Gさん・雀さん・マリンさんの3人です。

◆窓全開待っております雁渡し 子犬
notesすごいね、よく分かるね。「雁渡し」が風の、天文の季語だってよく調べたね!確かに、全開にして秋の新鮮な風を入れる。よく分かるよ!          

◆雁渡し生演奏のファンファーレ ゆすらご
notes気持ちいいね♪外のイベントなんでしょうね、なんかイベントの前の「バ~ッ」って始まるホルンの音とか伝わってくるね。気持ちがいい句。港の近くかも知れないよ?新造船の。季語も凄く合ってますよ、そうしたら。

◆船頭の白眉揺れたる雁渡し  司啓
notes「白眉」って「白い眉」だよね。経験のある船頭さんが海へ出とるんでしょうか。秋の爽やかな風がサーっと来て。「白眉揺れたる」がいいね。何本か長くなるもんね。上手に景を詠まれてますね。良い着眼点です。        

◆振る手から振る手へと行く雁渡し 霞山旅      
notes港から離れていく船と、港から見送る手と。ランナーと応援の人かも分からんね。いろんな場面を想像させてくれますね。季語に合ってるのかな。 

◆雁渡し動く歩道の人抜いて  まどん
notes「動く歩道」がちょっと難しいですね。外にある動く歩道なんですね。          

◆雁渡し耳にざらつく浜言葉  小川めぐる
notes「浜」っていうのが、港の漁師さん?声が潮焼けして、しわがれていて、乱暴そうに聞こえたりして。それが「耳にざらつく」って表現になったのかな。面白い表現だなと思いました。

◆神木の枝伐る空師雁渡し  のんしゃらん
notes「空師」というのは、高い木の枝を伐採する専門の職人さんだそうです。「神木」は普通手入れせんのやけど、台風で折れたのかも知れんね。この句の苦労したなというか、これ見たかという感じと思うのは、「空師」と「渡し」で脚韻を踏んでるとこ。          

◆雁渡しフリマの幟並びをり 花南天
notes景は分かるよね!強い風が旗をバタバタさせてる。フリマの列になってるんでしょうね、列になるくらいたくさん並んでいるんだろうなと思います。           

◆雁渡し実家を終ふ鍵渡し 比良山
notesうまい(笑)。これは韻を踏んでるというよりシャレに近いのかな?俳句の始まりは「滑稽」やから、こういう遊びもたまにはいいよ、悪くないです。            

◆書き終えし離婚届や雁渡し 青海也緒
notes悩んだ末に離婚届を書いて、スッキリした、心晴れ晴れしたんかな。よっぽど波乱万丈あったのかな、「雁渡し」だもんね。            

◆お城下を過ぐる銀輪雁渡し  桂奈
notes「銀輪」だから、ママチャリじゃなくて颯爽と行くようなかっこいい自転車な感じがします。風を切ってね。          

◆Vの字の角度こだわる雁渡し  佐東亜阿介
notesこれ「雁渡る」と勘違いしたんじゃないかな?「雁渡る」は動物、「雁渡し」は風だからね。         

◆海騒に慣れたる生活雁渡し みなと
notesこれ、勝手に「潮騒」と読ませて頂きました。引っ越してだんだん潮騒に慣れてきた生活とかけてるんだと思います。           

◆民宿はもと古民家や雁渡し 砂山恵子
notesもったいないな!「もと古民家」っていかにも説明みたいだから。例えば「梁は百年」とか「柱は百年」とか、ひとつ描写を入れてくれたら古いってことは分かるので。

◆観光に精出す國へ雁渡し ぐずみ
notes「雁渡し」合うかな?北風。ちょっと疑問かな?でも、北朝鮮なんかもそうだからね。

【天】雁渡し生演奏のファンファーレ   ゆすらご


Gさんは「元気のいい『雁渡し』、心が弾むじゃないですか!」とゆすらごさん推し、
雀さんもGさんと同じということで、多数決でゆすらごさんに決定!
マリンさんは司啓さん推しでした、つかっさん惜しかったですね!!
そしてゆすらごさん、おめでとうございます!


flair番組フェイスブックよりflair        

今募集中の兼題は9月30日(日)〆切りで
「冷ややか」と「色鳥」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

flair番組からのお知らせflair

「俳句チャンネル」はこれまでの15分から30分に放送時間がかわります!
10月2日(火)から、10:30~11:00、再放送は、水曜日の夜22:00~22:30
番組への質問、投句、お便りお待ちしております!よろしくお願いいたします!!


勢いを増してきました「俳句チャンネル」!!
皆さん、一緒に楽しみましょうーーー!!!upupup

« ◆「素十の一句/日原傳」その1 | トップページ | 秋雲や靴職人の旅鞄 »

俳句チャンネル」カテゴリの記事

コメント

ご帰宅早々の聞き書き、ありがとうございます!

ゆすらごさん、おめでとうございます!

目に見えない風と音を描くことで、景が目に浮かぶ不思議な句です!

自句は、『揺れたる』をほめていただいていますが、
本当は、『揺れたり』だと思い、後日訂正を送りましたが、
間に合わず、不幸中の幸いでした。

『揺れたる』では季語にかかるので、意味的にはおかしいのですが、
いやいや、これは上中全体が、季語にかかるという、
コート―テクニック&レトリックなんだよ。ということにしておきます!

では、また!

追伸:どこも上位は、こんな感じの句が多いので、

今回は、自分も真似してみました。

でも、次はわかんないよ。ふふふ。

千の句柄を持つ俳句マシン、マスクマン司啓でした。

こんばんは!
めぐるさん、聞き書きありがとうございます。

ゆすらごさん、おめでとうございます!
最近港でジャズの生演奏を聞く機会があって句にしたかったのですが、伝えたかった空気感はこれだ!と思わせていただけた句でした。

雁渡しの風のイメージがつかみきれなかったので、皆さんの句からいろんな雁渡しの風の景が見えて楽しく勉強になりました🎵

10月からの30分拡大リニューアルも楽しみです!

おはよう!めぐるさんの評、書き忘れてました。
風が、ざらつきをぬぐい去る感じです。簡単でごめん。今後もこんな感じていきます!
では、また!

★めぐるさん。聞き書きお疲れ様です。雁渡し(風)と浜言葉の取り合わせ
「不即不離」の見本のような取り合わせですばらしいです。
私はこのような発想はまだできないので実家を終まう私事に
言葉遊びを取り合わせてあまり暗くならないようにとっさに
思いついた句でしたが「滑稽」として理解頂いたことはよかったです。
\(^o^)/

10月2日から30分放送になると聞き益々嬉しい限りです。なおいっそう投句に
励まなくては。(@_@;)

めぐるさん、聞き書きいつもありがとうございます!
読書に夢中になってうっかり聞き逃したりするので、本当に、助かってます。

俳句チャンネル、10月からは30分番組になるんですね!
早速私も掲示板で告知させていただきますね。

今までは夕方のちょっと気ぜわしい時間帯だったので、聞きのがす人も多かったと思いますが、10月からはゆったり気分で聴けますね。
神野沙希さんの「ラジオまどんな」の句会ともかぶらないので、大歓迎。

投稿者もきっと増えるでしょうし、質問も受け付けるということなので、これからの展開がとても楽しみです。

めぐるさん、聞き書き、ありがとうございます。
昨日はラジオが聞けなくて、夜中にこちらを覗かせて頂いてビックリしました。うれしいです。
今治五七五の皆さんが、豊かに読んで下さってるのが、ありがたいです。
めぐるさん始め皆さんありがとうございます。
10月から時間帯が変わるとのこと、また楽しみです。

めぐるさん、聞き書きありがとうございます!
楽しませていただきました。
そしてゆすらごさんおめでとうございます。
実は私、雁渡しを雁渡ると勘違いしてました。
こちらのお城は小高い山の上にあるので見上げるんですよね。自転車で走っていてお城を見上げたら空に雁が渡っていたよ、とう意味だったのですが偶然にも風を切って走る自転車ということでセーフ??な読みをしていただけました。💦
ゆすらごさんや司啓さん、めぐるさん、子犬さん、花南天さん、しっかりと「風」を感じる句を詠まれていてさすが、と思いました.
とても勉強になりました!

ところでめぐるさん、やはりしばらくるるる句会はお休みさせていただきます。
今、余裕がなくなってきて、迷って無理に出す句はやはり自分でもイマイチですし、みなさんへのコメントもうまく書けなくてダメだなあと思いました。
今回は色鳥の句でみなさんの意見を聞いてあれからポンポンと新しく句が思い付いたり、推敲した句をハイポに出せて結果としてはよかったし嬉しかったのですがやはりもうちょっと納得いく参加の仕方をしたいなあと思いました。
俳句へのエネルギーを少し仕事の方向へ回さなくてはいけない状況なので仕方ないです。こちらも頑張ります。不器用なので両方にエネルギーを注ぐことが出来ませんがまあ凡人の私には仕方のないことです。
また余裕が出来たら参加させてくださいね!
それまでは陰ながら応援させていただきます!

◆つかっさん

こんばんは!
「雁渡し」【天】へのノミネートおめでとうございます、惜しかったですね!
「揺れたる」ですが、「白眉」にかかると理解出来ますし「揺れたることよ」からの省略のイメージかと。
でも「揺れたり」もいいし、私なら「揺れをり」にするかな?なんてチラっと思ったりも。
「ざらつく」へのコメントも有難うございます!
実は、「雁渡し」はもともと漁師言葉だったということで、そのまま「浜言葉」を使ってしまい、
季語の説明になっているなあ、と落ち込んでをりましたshock
つかっさんの読みに救われました、有難うございます!!
私もまた【天】に推してもらえるような句が書けるよう頑張ります!!up

いつものことですが、凄い発信力です。時々しか訪問せずに、参加はおろかコメントもなしでいました。
今回は、珍しい季語「雁渡し」初めて知りました。ありがとうございます。

◆也緒さん

おはようございます!
またまた難しい季語でしたねえsweat01
手持ちの歳時記には、強い北風で海が荒れるといった不穏なイメージと、
この風が吹くと空や海の青さが増すという爽やかイメージがあって、
私もどちらに寄せるか悩みました。
也緒さんの「雁渡し」、両方のイメージがあってさすがですね!
「青北風(あおきた)」という美しい傍題もあるので、いつか使ってみたいと思っています。
放送時間拡大とともにヤル気もグーーンとUPupがんばるぞっ!!happy02

◆比良山さん

おはようございます!
いえいえ、「雁渡し」を調べたら、「もとは漁師言葉」ということだったので、めちゃくちゃ近いというか、
そのまんまです・・・お恥ずかしいshock
でも、十二音は気に入っているので、別な季語でリベンジ出来ないか画策中。
比良山さんの句は、重い内容を軽く描いて洒脱shine
私も、そういう匙加減が出来るようになりたいです。
皆さんから受ける刺激で、どんどん引き出しの数が増えていっている気がしています、
あとはその引き出しに、いろんなモノを入れなくっちゃdash
がががががんばりますっ!!!

◆比々きさん

おはようございます!
10月からの放送時間拡張&変更、有難いですね!
再放送で聴ける人が増えると、聞き書きの不十分さがよく分かると思いますが、
はしょられた部分「聞く楽しみもあるかも・・・と良い方に期待していますcoldsweats01

>「ラジオまどんな」
そうそう、こちらが月イチで放送中ですよね!
あまり手を広げられないでいますが、注目はしています!!
皆さんのご活躍が何よりの活性剤ですねup

◆ゆすらごさん

おはようございます!
改めまして「天」おめでとうございます!!
「雁渡し」のイメージがイマイチ掴めなかったんですが、ゆすらごさんの句を読ませて頂いて、
そしてパーソナリティさんの読みを聞かせて頂いて、
新しい季節の到来を告げる風、という意味合いがパーっと開けました!
空も海も青さをより濃くしていく、寒い季節の到来だけど、海の幸も美味しくなるし!
・・・と楽しいイメージが広がってhappy02
こういった体験が、何よりきらめいて感じられるのも俳句の魅力ですね!!
世界を変えてくれるゆすらごさんの素敵な句を、また楽しみにしていますup

◆桂奈さん

こんにちは!
おぉ~「お城下」の作句裏話、有難うございます!
句の生まれたきっかけや背景、思いついた瞬間のお話って興味深くて楽しいですnotes
「るるる」お休みとのこと残念!ですが、余裕が出来たらまた是非ふらっと来てくださいね!
一応、来シーズンのテーマなども出すようにしているので、前もって照準を合わせておくもヨシwink
コメントも、うまく書こうなんて思う必要はないですよ!
そんなことを言っていたら私なんて一生何も書けませんshock
作者さんに、素直な声を届けることが一番だと思っています。
素直な気持ちをそのまま書くのが一番難しい・・・のだとも思いますが、
そうやってもがいていくうちにきっと何か掴めるのかなとも・・・。
なので、何も気になさらず、そのままの桂奈さんで飛び込んできてくださいshine
私は桂奈さんの句もコメントも大好きですheart04

今晩は。忙しいなかの聴き書きありがとうございます。今週はバタバタしていて聴き逃しやっと今こちらで雁渡しを堪能😆しました。

ゆすらごさんおめでとうございます💐
屋外の気持ちの良さが感じられる雁渡しでした。

なんと来月から30分に❗その上今よりは聴き易い時間帯(お仕事中の人ごめんなさい)期待大です。

ですが30分の聴き書きは大変では。これはもうほんとに無理しないで下さい。
いつもお世話になりっぱなしで申し訳ないです。ありがとうございます💟

◆正丸さん

おはようございます!
こちらこそご無沙汰してしまってすみませんsweat01
「雁渡し」は「漁師言葉」とのことで、私も今回初めて知りました!
まだまだ聞いたことのない季語いっぱいあるんでしょうねcoldsweats01

>凄い発信力
うっ、お恥ずかしいsweat01
『プレバト!』の聞き書きからとんと遠ざかっておりますが、涼しくなって気力が回復してきたので、
またやりたいなーと思っています。また覗いてみてください!happy02

◆アンさん

おはようございます!
この間から、地震だ台風だ大雨だと、自然現象だけでも大変な日々が続いていますねsweat01
皆さまがご無事に毎日を過ごされるよう願うばかりです。

>ほんとに無理しないで下さい。
お気遣いありがとうございます~!
30分になって、どの程度句やコメントが増えるかまだ分かりませんが、
聞き書きが少ない方が皆さん放送を聞きたくなるかもという気もしますねcatface
「添削コーナー」とか出来たら嬉しいなあ~なんて夢が膨らんでいます。
ところで、次の兼題のひとつが「色鳥」。
締切後に浮かんでしまいがちな私には有難い(笑)
もうひとがんばりしよ~~~っとshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/74223002

この記事へのトラックバック一覧です: ◆「雁渡し」発表ー!:

« ◆「素十の一句/日原傳」その1 | トップページ | 秋雲や靴職人の旅鞄 »