最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆8月句会の結果です | トップページ | ◆8月句会の結果です »

2018年9月 2日 (日)

エプロンの幾何学模様夏惜しむ

7月投句分の『愚陀佛庵』さんの結果です。
今回は自動返信メールも確認したので、俳号が出なかったら全没・・・!とドキドキ。
入選に引っかかっていて心底ホっとしました~~~!感謝です!

【入選】エプロンの幾何学模様夏惜しむ

「意味分かんないけど何となく面白い」を目指してみた


ショックなことに、『愚陀佛庵』さんは、8月で終了とのこと
最後の3句は
八・・・
木・・・
健・・・
で出しました。
精一杯の八木健先生への感謝を込めて。

« ◆8月句会の結果です | トップページ | ◆8月句会の結果です »

愚陀佛庵ネット句会」カテゴリの記事

コメント

★めぐるさん。意味わからないけどなんとなく面白いので作ってみたということに少々驚きました。
こういう句の作り方があるのかと。(@_@;)
自分の感性に自信があるということでしょうか。
確かに俳句ポストで人選2句以上を獲得される方々にはこのような句が多いと感じていました。
一見わけがわからない。しかしながらよくよく味わってみると読者に自由に想像させる力が不思議に
あるように思いました。これがないと単に意味不明の句になってしまいます。
例えばめぐるさんのエプロンの御句ですが、私なり想像してみました。夏休みの宿題で家庭科で使うエプロンを
子供が作っています。エプロンに慣れない刺繍を入れてみたらなにやらわけのわからない幾何学模様となってしまった。
明日から学校が始まるのに。夏が惜しいなあ。てな想像を読者にさせるということで成功していると思いました。
おかげさまで自分の想像力も広げる訓練ができました。
そう言えば前回のプレバトでも東国原さんの読者に想像させる句が、多くを語らないで伝える句ということで
絶賛されていたことを思い出しました。これが意識の理から無意識の理への到達ということでしょうか。
こういう作り方わたしもやってみたいなあ。😅

◆比良山さん

こんばんは!
「エプロン」の鑑賞に挑戦してくださり、有難うございます!!
もちろん、季語と措辞の間には、自分には横たわるものを感じています。
ネタばらしをしてしまうと、
「夏」→「眩暈」→「渦巻き模様」→「幾何学模様」
「夏休み」→「バイト」→「エプロン(着用)」
喫茶店のアルバイトももう終わり、こんなヘンな模様のエプロンともお別れだと思うと案外寂しいな(笑)
といった流れで出来た句でしたが、そんな意味にこだわるつもりはなく、
「なんじゃそらー」とでも思って頂ければと思って投句しました
比良山さんの「夏休み」→「宿題」→「エプロン(作成)」という連想も可愛らしくて楽しいですね!
きっと「来年は・・・」とひそかに燃えているに違いありません、
上手になりたくて手芸クラブに入っちゃうかも知れないゾ?なんて私も想像して楽しくなりましたよ

河野裕子さんの言葉で「言いさしで結構、読者に任せる」を噛み締めていたところへ、
「100俳」の「短歌の窓」で、「もう少し謎をふくんだ内容でもいい」というコメントをもらったので、
今後はこういった作りの句にもチャレンジしていく所存です。
頭の体操にちょうど良い感じになるならいいなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エプロンの幾何学模様夏惜しむ:

« ◆8月句会の結果です | トップページ | ◆8月句会の結果です »