最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆業務連絡~! | トップページ | 木犀の花散り敷かれてこそ美し »

2018年9月 8日 (土)

◆選句開始!(修正アリ)

未投句の方からの投句を確認しましたので、選句開始と致します。
すでに選句に入っていた方は、もう一度投句リストをご確認ください。
順番が変わっています。

また、投句の中で「下五」に置かれていないものがありますが・・・
一応、前回今回通じて「下五」に置くようお願いしておりますので、
その点を評価から差し引かせて頂くことをご了承ください。

◆選句要項

◎(特選)ひとつ。一番好きだ、良く出来てると思う句に。コメント必須。
○(並選)5つ。これも好きだ~!特選と迷った~というような句に。コメント必須。
△(予選)好感は持てるが、惜しいところがあって採り切れなかった句に。
いくつでも。コメントは自由ですが、並選と迷ったような句には一言あると嬉しいです。
★(逆選)文法や語順、あるいは独特な表現で句意が伝わりにくいもの。
最低ひとつは選んで下さい。コメント必須。愛のムチなのねん

コメントは100字以内でお願い致します。
字数をオーバーするとツールで教えてくれますので、調節して下さいね
鑑賞の参考に、過去記事からの引用を貼っておきますね。

◆「をり」(時間の経過・継続を感じさせる)
・口語でいえば「ゐる」。
・今そのことがそこで行われている、その状態がそのまま続いている。
・おおむね穏やかな情趣。

◆「なり」(自然な情趣)
・口語で「だ」という断定の意。
・「たり」とくらべて自然ですんなり。
・使い方ひとつで「たり」よりつよく響く場合も。

◆「たり」(きっぱりと言い切る)
・「なり」と同じ意だが、重くつよい響きがある。
・内容のやわらかいもの、穏やかなものを表現するにはふさわしくない。

「るるる句会」は
「皆さんの意見を頂いて、この句をよりよく磨いていきたい」
「そしてどこかに投句したい」
という希望に沿えるものでありたいと考えています。
ですので、推敲案を出すにしても、十七音をズバリと書くのではなく、
一部分への言及、あるいは推敲の方向の提案にとどめるようお願いいたします。

また、自句にコメントを入れる場合は、「ここが弱いかも」と感じる部分を書いてください。
単に「自句」という説明は要りません。

では、皆さん選句よろしくお願いいたします~~~!

« ◆業務連絡~! | トップページ | 木犀の花散り敷かれてこそ美し »

るるる句会」カテゴリの記事

コメント

みなさん、おつかれさまです!

ラジコで、FMCOCOLOのお気に入りの

『RADIO SHANGRI-LA』聴きながら、一応、選句終りました。

◎〇△26対●25(今回は、自句はいまんとこノーコメント)の

一点差でした。

●の半分が、『をり』と『たり』で、残りは『なり』でした。

みなさんは、どうでしょうか?

自分的には『たり』を、●予想していましたが、

『なり』が、意外と難しかったようです。

では、また!

みなさんこんばんは。すべて見直して選句終了、登録済みです。

いちおうひとこと述べておきますと、理屈はともかく一読で「選」を直感で選んでいます。その後、採った句は 「どこがよかったか、どこに響いたのか」

採れなかった句は,、「選」の後に、
「どこがよくなかったか、どこが響かなかったのかな」を評しました。「評」は後です。

つまり、減点方式 (よくないところがあるか否か、「べからずチェックリスト」みたいなものを
もとに悪いところを探す)をせずに、「『評』は『選』とは別もの」というスタンスです。
まず、「選」ありきの「評」です。

今回、採った句が少ないですが、気にさわったらごめんなさい。
ではみなさんの選評を楽しみにしています。あと少しですね。
P

めぐるさん。皆さんこんばんは。

選句終了しました。下書きを会社に置いてきたため、記憶を頼りに入力。ほぼ30分前、危ない所でした。
◎1○5△18★9です。では皆さんのコメント楽しみに。

◆ALL

こんばんは!
私も20時頃にようやく全句コメントを終え、発表を待つばかりになりました。
△28★20になりました。
コメントを書くうちにだんだん感じることが増えてきて、けっこう直感から印が変わっていきます
皆さんからのご意見、楽しみです。
ではーーーーそろそろ時間ですねっ!いざっ!!!

22時30分頃、選句終了。◎1/○5/△17/★28(自句除く)。

兼題が厳しい関連もあり、今回は「結構辛めに選句したかな?」と思いましたが、終わってみれば前回からおにぎりが2つ増えてました

今回の兼題(下五「をり・なり・たり」)の厳しい所は、【下五の定番の「体言止め」を封じられた上に、「「をり・なり・たり」を付けて強調された単語」で締めなければならない】所だと思います。用言から接続するにしろ体言から接続するにしろ、このようにして出来上がった単語はほとんどが動詞もしくは形容動詞のような働きをするため、実質「体言止め」ならぬ「用言止め」を強いられる事になります(唯一、「名詞+なり」のみ名詞のような働きをする)。

そして……体言で読み手の不意を突く事は比較的簡単ですが、用言で読み手の不意を突く事は並大抵の事ではありません。「句の流れと関係のない体言を急に出す」事はできても、用言は体言に依存する言葉なので、通常は「句の流れと関係のない用言を急に出す」事はできないからです。このため、下五が用言の場合は最後の展開を予想されやすく、よほど上手く書かないと下五の着地に失敗してインパクトを欠いた句になります。
下五が平凡になりやすい以上「展開の妙」で得点は稼ぎにくいので、今回は純粋に「実の事象を拾う観察力・虚の感覚を拾う発想力を元にした素材勝負」になりそうです。
 
 
 
余談ですが……今回投句を遅刻した2人のうち、1人は私だと思います。23時ほぼジャストに投句したつもりだったのですが……どうもすみません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆選句開始!(修正アリ):

« ◆業務連絡~! | トップページ | 木犀の花散り敷かれてこそ美し »