最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 前籠のパンは焼き立て秋日和 | トップページ | ◆10月3日締切の兼題:「胡桃」 »

2018年9月29日 (土)

真珠貝すこしさみしき無月かな

『俳句ポスト』兼題「無月」の発表です。
今回投句したのはギャ句1句の他に9句の合計10句。
やはり10句以下の投句ではなかなか複数掲載に至りません

【人】真珠貝すこしさみしき無月かな


期待している句は他にあって、この句は3~4番手だったんです。
「真珠」と「月」は鉄板の取り合わせだし類想が多いだろうとも思いましたし、
いつもこんな感じの句が多いので、「ここから脱却したい」という気持ちもあったのです。
しかし、急に大人の句が作れるはずもなく
「上手く出来たんじゃないのぉ?」と思っていた期待値1番手2番手の句は【没】でございました。
それと、「陰陽師」ネタも・・・ううっ、修行が、修行が足らんのじゃー


◆没句祭り!!!

喪の家の灯のうつくしき無月かな 
【人】うつくしく手足をそろへ蛸無月きゅうもん
【人】臨月の妻うつくしき無月かな    芹沢雄太郎
【人】美しき字の絵馬や無月の廃神社 灰田《蜻蛉切》兵庫
例句に「うつくしき」「美し」がよく使われていたので、自分でもとはりきった一句。
しかし、内容に起伏がなく、いかにも頭で作った句になってしまったと思います
「蛸」の意外性、「
およぐひと/萩原朔太郎」を思い出して鳥肌。
「臨月」は、ダンナが妊娠した私をものすごく可愛がってくれたことを思い出して胸キュン。
「廃神社」はさびさびとした光景の中の絵馬が切ない。
この美しい文字を書いた人の願いは何だったのか、それは叶ったのか。
もはや知りようのないことに思いを馳せつつ佇む「廃神社」、奥行きを感じます。


小面の頬なめらかに無月かな
【人】仏像の白毫光る無月かな     ラーラ
【人】無月なる光集めて半跏思惟    よしおくん
【人】無月なり仁王の独鈷猛々し    新田 淑
【人】無月にて仁王の口のひらきさう  緑の手
期待値ツートップのうちのひとつ。でしたが、類想というか、ありがちな句?
「なめらか」がもう少しオリジナリティのあるオノマトペに出来ていたら良かったかも。
なにかこう、生き物のように動きそう、表情を出しそうな雰囲気が出せていれば。
緑の手さんの句を見て、「これだった!!!」と小一時間。


庭無月葉双の音を所望せり
【人】無月なる笛の音聞ゆ美しき         らくさい
【人】笛の音の珠と広がる無月かな     あつちやん
「陰陽師ネタ」そのいち。博雅の笛「葉双(はふたつ)」という固有名詞が不用意でした。
普通に「笛」で十分でしたあつちゃんの「珠と広がる」という表現、素敵ですね


瑠璃色の高坏ふたつ無月の宴
【人】絹の道旅した瑠璃や無月午夜    玉庭
【人】無月の餐チャイナドレスの足しずか 卯MOON
【地】海は無月でアフリカの旗は派手   司啓
えー、私、「高坏」を「(ワイングラス的な)盃」と思い込んでいました
『食物を盛る、高い足つきの小さな台』ということで、「ふたりの宴」という景は成り立つも、
「瑠璃色」に無理がありますね素直に「盃」と書けば良かったのだわ
「陰陽師」にある、晴明が唐の葡萄酒を頂くところを「無月」に絡めたいなと思ったのです。
「無月」に異国の鮮やかな色彩が合う気がしていたので、「絹の道」「チャイナドレス」、
うわ~やられたーこれだったーと小一時間。
私にはアジア圏内が精一杯でしたので、地選句にはひっくり返りました。
つかっさん、おめでとうございます!!!さすが飛躍力が違いますね!!!


蛇笏忌の湖の無月や舟溜り
【人】遙か来し湖北無月となりにけり  らくさい
【人】能面のごとき無月の湖であり   高尾彩
【人】湖は静か山は波立つ無月かな  中村水音
いつのまにか「無月」を、単に「満月なのに雲に隠れていること」と思い違いしていて、
10月の蛇笏忌と合わせてしまっておかしなことに(「蛇笏忌」の「湖」は詠みたい)
「能面」と「湖」両方の入っている高尾彩さんの句に感動しました。


湖無月エスプレッソを淹れませう
【人】台湾茶の優しく苦き無月かな  野良古
【人】一人茶を焙じて仰ぐ無月かな  葉るみ
エスプレッソだと「深くて濃い闇」のイメージか「○○ティー」という方向もあった。
「無月」に、ちょっとした異世界感があるとも思うので、「台湾茶」嵌ってると思いました
「一人」心静かに「無月」を愛でる感じも素敵!


その他、個人的に気になった句たくさんあり、「ひまわり畑」で少し紹介させて頂いています。
皆さんとファントーク出来たら嬉しいです。
最後になりましたが、今回も素晴らしい句の数々を有難うございました!!!

« 前籠のパンは焼き立て秋日和 | トップページ | ◆10月3日締切の兼題:「胡桃」 »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

めぐるさん、グッモー二ンです。

今日は10:30分までは仕事忘れて良い気持ち。
めぐるさんの作句に対しては・・・努力と言うより、熱意を感じます。

湯豆腐句会、10月頑張ろうかなどと思っています。(*^-^)

◆輝久さん

こんばんは!
台風接近が気になる今日、午前中のうちに買い物を済ませ、週末籠城の態勢を整えました。
豚汁と松茸ご飯を楽しみに、台風を乗り切りたいと思います

>湯豆腐句会、10月頑張ろうか
わっ!わわっ!!会員登録してくださったんですね!嬉しい!!
締切日が第3日曜日の22時、という具合になっているみたいで、微妙に変動するのでご注意を。
アットホームな句会で、とっても居心地が良いところです。一緒に楽しめたら嬉しいです
輝久さんに採ってもらえるようにガンバル!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真珠貝すこしさみしき無月かな:

« 前籠のパンは焼き立て秋日和 | トップページ | ◆10月3日締切の兼題:「胡桃」 »