最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆10月17日締切の兼題:「炬燵」 | トップページ | 秋澄むや夫へと送るテレパシイ »

2018年10月16日 (火)

◆「色鳥」の聞き書きでーす!

今治五七五『俳句チャンネル』ーーー!!!
めぐるのへちょい聞き書き始まるよーっ
番組ではもっとたくさんの楽しいお喋り(舌戦?)が繰り広げられています、
再放送は水曜22時!
皆さん、是非コチラで聴いてくださいね!!

◆池の面(も)や色鳥影を残しゆき   子犬 
綺麗な句だね!周りを樹で囲まれたような、かなりの池だと思うよ。 飛び去った後も頭の中に映像(影)が残ってる。類想あるかも分からんけど、凄い句だよ。   

◆三行の読書日記や色鳥来 彩楓
「読書日記」が利いてますよね。普段の日記がわりになっているのかな。綺麗な取り合わせ

◆色鳥の仕草や京の女坂   佐東亜阿介
「女坂」は好きなんだけどね。神社や仏閣にお詣りする時の参道にある坂だと思うんだけど・・・「京の女坂」が漠然としていて。「雨の」とか、情報が欲しいね。         

◆色鳥や未だ馴染まぬ帰国子女  凡鑽
「色鳥」も渡ってくる鳥だから・・・もともといた鳥の中で気を使いながら?「馴染めぬ」じゃなくて「馴染まぬ」なんだね。うん「まぬ」がいいかな。       

◆色鳥や自由に紡ぐさをり織  かつたろー。
綺麗な織物のようだけど、「紡ぐ」ではないかな。ここちょっと考えてみてください。       

◆色鳥や森に絵の具を二三滴  甘平
もしかして森の画を描いていて、「色鳥」が見えたから色をちょっと加えてみたとか?        

◆シャンパンの泡きらきらと色鳥来  桂奈   
これも綺麗だね。爽やかな感じ。チャバチャバした感じが「色鳥」と合う。  

◆色鳥や八ミリ映写機の笑顔                  花南天
機械の音がリズミカルに響くんで、これを「映写機の笑顔」と表現しとると(解釈しました)。

◆色鳥や今日も味噌汁こしらえて  はるかん
繋がりが分からなかったんだけど、今日も趣向を凝らして・・・色の綺麗な具材を使って・・・とかかな?      

◆色鳥やしこりを溶かす空青し        ゆすらご
大きい景を詠んでいるんじゃないかな?それなら最後に「色鳥来」にするといいかも。これだと空の方に重きがいくのでもったいないな、語順考えてみてください。    

◆色鳥や干されゆらめきたるシーツ 青海也緒
いいお天気なんでしょうね。気持ちいいと思います、風も吹いて。白いシーツに色鳥が影を落として。

◆色鳥や隣の庭に長居して 比良山
これは・・・「色鳥」が長居してたのかな。自分も見てたんだ。自分も案外隣の庭に居たのかもよ?楽しい句ですね。

◆色鳥や景を補色にしてをりぬ   司啓
カメラマンの句かな?と思いました。 そういう写真見たことある気がする。  

◆色鳥や古き校舎に子等の声 砂山恵子
取り合わせは素敵だと思うんだけど・・・「子等の声」がありふれてるかな?もっと違うものを持ってくるか、さま(具体的な様子)を描くほうが。

◆色鳥とパンを分け合ふ鰥夫(やもめ)かな   のんしゃらん
寂しいなパン分け合うのが鳥しかいない?

◆色鳥や人に背広といふ安堵  霞山旅
これも面白い句ですよね!背広を脱いだらなんか不安なのかな。背広を着ることでその人の価値が出て来るのかも。色の対照もいいよね。        

◆色鳥や机に隠す金平糖 ぐずみ
カラフルだね!なんで「隠す」んだろ。糖尿?「金平糖」だからいいよね、ヘンなもの隠してたら(見つかった時)死ぬに死ねんよ。可愛らしい句ですよね。いろんな景が浮かぶ。

◆色鳥の去り水墨画めく山河   立志
句跨りの感じですけど。落葉樹の中に「色鳥」が来た時は花が咲いたようだったと。その鳥が去ってしまって、景もモノトーンになってしもうて。それだけ鳥が鮮やかだったと。       

◆色鳥を迎へしづかな御神木   小川めぐる
「御神木」というのは神社にあって、自然のままにされてるのよね。ということは、この御神木よりも周りの木の方へ鳥が来て。御神木自体は静かで。     

そして、今回の【天】は・・・
G「凡鑽さんのもいいけど、今日は子犬さん!」
まごべ「霞山旅さんのも好きやったんやけど、Gの読みで立志さんの句が」
まりん「私は逆に霞山旅さんの句が。じゃあジャンケンで・・・」
???「あー勝ったーー!!!」
ということで!!

【天】色鳥の去り水墨画めく山河  立志

立志さん、復帰後の【天】おめでとうございます!!
「色鳥が来て華やぐ、去ると寂しい」というこころが、季語をリスペクトしていますね。
翻って私の句だと、「何で色鳥が来ているのに『しづか』?」ってなるんですね
穏やかに包んでいるイメージを出すには、もっと別な表現があるんだわ
それか「ささめく」でも良かったかも知れない。
ああっ、私の語彙が残念すぎる!!森で、森で修行します!!

それにしてもなんだかこの頃ジャンケンが多い気がする・・・
それだけ皆さん素敵な句が多いということですよね
次週も楽しみです


番組フェイスブックより

今募集中の兼題は10月28日(日)〆切りで「種採り」と「冬北斗」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com、FAX番号は0898-33-0789、
本名と住所もお書き添えください。

皆さんのご参加お待ちしております!!

« ◆10月17日締切の兼題:「炬燵」 | トップページ | 秋澄むや夫へと送るテレパシイ »

俳句チャンネル」カテゴリの記事

コメント

★めぐるさん。聞き書きお疲れ様です。いつも有難うございます。
おっしゃるとおり投句のレベルがますます高くなっているようですね、
情景描写に色の対比等の工夫がないと取って頂けないようですね。😅
自選力も問われますのでますます私には閾が高くなりました。(@_@)
でも毎週ほぼ自分の拙句を読んでいただけることを励みに投句を
続けたいと思っています。😅

めぐるさん、今回も聞き書きありがとうございますm(_ _)m✨
俳句チャンネル天もお祝いくださり嬉しいです(*^^*)
また今度僕のブログでも自句自解を書くつもりなので、良かったら見に来てくださいね(^O^)
聞き書きいつも本当にありがとうございます(*^ワ^*)

めぐるさん何時もありがとうございます🎵
サボテンの花、懐かしく聴いてるうちに一句出来ちゃった😄

立志さん、おめでとうございます💐色の対比、きれいに決まっていてよかったです🎵

凡鑽さんが参加して益々秀句に触れる機会が増えそうですね。

めぐるさんのご神木もどっしりと小鳥を見守るきれいな景で好きです。

◆比良山さん

おはようございます!
ほんとどんどんと賑やかに、そして狭き門になっていく『俳句チャンネル』ですね!
先週「冷ややか」では、読まれなかった私
まずは読んで頂けることを目標に、コツコツ参加を続けたいです。
比良山さん、この頃ずっと好感触なコメントもらっていますよね
これは【天】も近いのでは?と楽しみにしております!!
お互い頑張りましょーーー

めぐるさん聞き描きありがとうございます!
立志さんおめでとうございます🎉
この渋い句が立志さんだったとは!意外でしたよ。
皆さまの楽しい色鳥、じーっくり味わわせて頂きました。
まためぐるさん薔薇の座おめでとうございます㊗️
ちょっとレトロな感じが昭和の古めかしい洋館に茂る薔薇を連想させる素敵な句ですね。
オノマトペを使いこなすめぐるさんらしい句だと思いました。
次回の水澄むもどこかにめぐるさんの句があるのですね
どれかなあ、と考えながら選ぶのも楽しいです。

めぐるさん、聞き書きありがとうございます。
立志さん、天おめでとうございます。色鳥の居た場面が、静寂へ転換、きれいな句ですー。
私のは、再放送を聴きましたら、句を読まれた後のお三方の戸惑いの沈黙。
、、語順に気をつけて、沈黙を恐れず、読まれるのを楽しみに、投句したいと思います。

◆立志さん

こんばんは!
こちらこそいつも録音データを頂き、有難うございます!
立志さんあっての聞き書き、これからも愛の定期便よろしくお願いいたします!!
そして【天】あらためておめでとうです!!
番組フェイスブックで拝見した時は、「水墨画」「山河」といったキーワードから、
もしかして比良山さんかな?と思ったりしていたので、作者が分かってビックリでした!
でも、時間の経過~ドラマを描いているところは立志さんらしいですね。
私にはなかなかこういう句が書けないので、勉強になります
ハガキが届いたらまた是非UPしてくださいね!!楽しみです!!!

◆アンさん

こんばんは!
「サボテンの花」、名曲ですね
あと、「君の心へ続く長い一本道・・・」の歌もすごく好きです~~~(「青春の影」?でしたっけ?)
フォークソングを聴いていると、なんだか触発されるものがあるって分かる気がします。
南こうせつとかもいいですよね~~~。

>凡鑽さん
まりんさんは初めてだったみたいですね。
「蝿叩」の時に初投句即【天】で凄かったので、これからもっともっと登場して頂きたいですね!
(そしてますます門が狭くなる・・・うううっそれが投句の醍醐味よ!!

「御神木」へのコメント有難うございます!
四音を何とか推敲して来年に繋げたい・・・と思っています。ガンバル!
アンさんの「笑顔」は、「色鳥を8ミリで撮っている人」とも取れるし、思い出のフィルムかもとも。
個人的には、フィルムに映った(鳥が好きだった)亡き人を偲んでいる気がしました。
秋に亡くなって、命日の頃に色鳥が来てくれるの
なーんて、ほんと解釈に幅があって面白いですね
アンさんの句はいつも膨らみがあって素敵。
次回も楽しみにしています!

◆桂奈さん

おはようございます!
桂奈さんの「色鳥」、美しいですね
秋の透明感、「色鳥」の訪れに華やぐこころが「シャンパン」と響き合ってうっとり

>薔薇の座
ありがとうございます!!
レトロな雰囲気を感じとって頂けて嬉しいです
クラシカルなイメージ、童話のような印象、さまざまに読んで頂いて幸せ
私もミニバラの鉢を育ててみようかしら(ドキドキ)
「水の座」、そういえば名前がなかったですね
没に終わったのかノミネートにあるのか、答えは冬の号で・・・わはは

◆ゆすらごさん

こんばんは!
ゆすらごさんの「色鳥」、優しい一句ですね
色鳥の声が、澄んでいくこころを祝福するように聴こえてきます。
そうだわ、私も囀りが聴こえてくるような措辞にしないといけなかった!
なんで「しづか」をチョイスしてしまったのか私のバカバカ
来年までに練り直して、どこかに投句します・・・うううっ
次回はまた難しそうなお題ですが、読んでもらえることを楽しみにコツコツ頑張ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「色鳥」の聞き書きでーす!:

« ◆10月17日締切の兼題:「炬燵」 | トップページ | 秋澄むや夫へと送るテレパシイ »