最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「凛として」などと詠みゐて掘炬燵 | トップページ | ◆11月28日締切の兼題:「雪兎」 »

2018年11月26日 (月)

◆11月句会の結果です

11月句会の講評が出ました!
選から漏れていても、国枝先生からのアドバイスが頂けるだけで有難いです。

水鳥の五羽と見えしが七羽かな (選外)

観察のよく効いた句だと思いましたが、
「落花枝にかへると見れば胡蝶哉  荒木田守武」と同じ視点を感じました。(国枝隆生)


実はこれも世良美術館で観た絵からの一句です。
不勉強にして荒木田守武を知らなかったのですが、この句は外国の教科書にも載っているようです。
「が」で繋いであるので、「類想だよ」ということなのでしょうが、
「観察のよく効いた句」という言葉は嬉しいです!
また何か、日常の中で小さな「アラ」を摘み取っていけたらいいなと思います。


« 「凛として」などと詠みゐて掘炬燵 | トップページ | ◆11月28日締切の兼題:「雪兎」 »

伊吹嶺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆11月句会の結果です:

« 「凛として」などと詠みゐて掘炬燵 | トップページ | ◆11月28日締切の兼題:「雪兎」 »