最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ◆「枇杷の花」没句祭り&十句選 | トップページ | ◆『湯豆腐句会』2018年のまとめ »

2018年12月29日 (土)

◆1月号届きました

「100年俳句計画」1月号が届きました
投句出来たところの結果を書いておきます。

◆雑詠
【人】寒鵙や放水を待つダムの門  (先選者:阪西敦子)
【並】石柱のごとく鯨の眠りけり   (後選者:関悦史)

◆自由律
【並】毛の話河童の話屁の話

◆詰め俳句

砂利踏んで(    )を行く鼓笛隊
(    )や鷲とペンギン並び立つ

「牛日」で投稿しましたが、正解は「初東風(はつごち)」でした
新年の晴れやかな気分を感じる風!
その中を「行く」、その中に「並び立つ」という目出度さ・・・なるほどです!
正解の他では、「初空」「初晴」「初春」「初風」といった季語も素敵でした
翻って「牛日」・・・「牛」のイメージがのろくさい感じになっちゃいますね
「ちっとも進まない気が」「動物が多くて五月蠅い」とのことで3級の判定でした。あうっ。


たくさんで書ききれませんが、掲載の皆さんおめでとうございます!!
そしてこの1月号から、「新100年の旗手」のコーナーで、
有瀬こうこさん、24516さんの連載が始まっています!!おめでとうございます!!
強烈な世界観をお持ちのお二方の連載、とっても刺激的です。
100年俳句計画」未購入の皆さん、この機に申し込み如何ですか?
お申込みはコチラから!!
私も更新時期なので、忘れないうちに手続きしなくちゃです

« ◆「枇杷の花」没句祭り&十句選 | トップページ | ◆『湯豆腐句会』2018年のまとめ »

百年俳句計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆1月号届きました:

« ◆「枇杷の花」没句祭り&十句選 | トップページ | ◆『湯豆腐句会』2018年のまとめ »