最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆1月9日締切の兼題:「うらうら」 | トップページ | ◆「冬の波」聞き書きでーす! »

2018年12月18日 (火)

寒鴉鋼鉄色の奴がボス

第20回俳句ファイヤー」にて、今年最後のTFP句会の結果が行われましたーーー。

寒鴉鋼鉄色の奴がボス  (14点)
◎妹のりこ、
○司啓、優彩さとみ、桂奈、露砂、めぐみの樹、あみま、蟻馬次朗、青海也緒、
 桂奈(娘)、松浦麗久、あいむ李景、かつたろー。

駐輪場の前にいつも鴉が何羽かたむろしていまして、
ある時、びっくりするほど艶々の一羽がいたのです。
光を弾いて白銀に見えたほどです。
そしてしゃぼん玉のように、光の加減で様々な色合いが感じられました。
鴉の羽根の色は孔雀のような構造色ではなく「皮膜干渉」と言うようです。
そもそも、黒が強いだけで決して「黒一色」な訳ではないそうですね。
これまでも、青や紫混じりに見えて綺麗だなと思ったことはあるのですが、
この色合いを表現する手段が私になく、「鋼鉄色」と表現してみました。
「ボス」的なイメージが伝わったようで嬉しいです。
「眼力の鋭い頭の良さそうな」「空に聳える鉄(くろがね)の色」「発見の楽しさ」
「『鋼鉄』が『寒鴉』にぴったり」「これから鴉の群れを見る度『鋼鉄色』の奴を探しそう」などなど、
素敵コメントをたくさん有難うございました

<選句編>(*作者敬称略)
◎20.筆洗にゐさうな海鼠買つてみる  (16点)彼方ひらく 
海老茶色といいますか抹茶色といいますか、何とも言えない「海鼠」の色が目に浮かび、
「まさに!」と膝を打ちました。「色」を直接言わず、こうも鮮やかに「色」を感じさせる、
作者のセンスと手腕に脱帽です。

○16.できたての飛行機雲や冬桜    (8点)かつたろー。
「冬」が利いていて、クッキリとした青空に、スーーーっと引かれる飛行機雲の気持ち良さ、
凛とした空気の中に開く「桜」の可憐さが際立ちます。
すぐに崩れてしまうから、すぐに散ってしまうから、今この一瞬を心に留めたい。
そんな切なさに「スン」と鼻をすすりたくなりました。

○18.夏休み空にうわっと雲の色     (3点)青海也緒
何と言っても「うわっと」がいい!もくもくと盛り上がる「雲」の迫力、子どもたちの歓声。
「夏休み」ならではの解放感とワクワク感!!これは季語動きませんね!

○23.眠剤は白くて甘し冬の月      (14点)桃猫
これも「冬」がとてもよく利いていると感じた一句です。
寒い時だからこそ求めたい、ぬくもりと優しさを、「冬の月」は秘めているように感じるのです。
「眠剤」は糖衣錠で実際に甘いのでしょうか。
それとも、眠りに誘ってくれる存在として、「甘し」と感じているのでしょうか。
作中人物の過ごす「冬」、少しでも穏やかに眠れるよう「月」はやわらかく包んでいます。

○25.れんげ草クレヨンの赤短くて    (6点)幸の実
楽しいことがいっぱいで、描く絵にはいつもぴかぴかのお日さまが一緒。
そんな子だから、クレヨンの赤はあっという間に短くなっちゃう。
「すごいなこのれんげ。ホンモノみたいによく描けてる!よく見たね!」
「それは・・・赤がちょっとしかなくて。それでよく見たら、なかのほう白いなって。
ここらへんピンクかな、そしたら赤ここだけでいいなって。」
・・・絶対に作者の句意とは違うと思いますが、そんな景が浮かびました

○12.この星は芯より青し磯焚火     (19点)蟻馬次朗
「磯焚火」が、実に寒そうな浜辺を想起させます。
眼前に広がる冬の海の色を見ていると、しみじみ「芯より青し」と思えてくるのでしょう。
「この星」で、火をコントロールすることを覚えた人間たち。
「磯焚火」に温まりながら、最もシンプルな自然と人間の付き合い方に思いを馳せたりも。



またトンチンカンなことも言うてると思いますが、皆さんご勘弁を
今回も素敵な句いっぱいで、楽しいTFP句会でした!
総合優勝は1点差で蟻馬次朗さんの後塵を拝しましたが(ぐわー惜しかった)、
次こそ優勝出来るように頑張りたいと思います!!
皆さん、よろしくお願いいたします~~~!!!

« ◆1月9日締切の兼題:「うらうら」 | トップページ | ◆「冬の波」聞き書きでーす! »

TFP句会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒鴉鋼鉄色の奴がボス:

« ◆1月9日締切の兼題:「うらうら」 | トップページ | ◆「冬の波」聞き書きでーす! »