最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆12月句会の結果です | トップページ | ◆「ブロッコリー」の聞き書きです »

2018年12月24日 (月)

◆12月句会の結果です

『伊吹嶺』12月句会の結果です!

冬ぬくし路面電車のみかん色  (2点)【並】奥山ひろ子、渡辺慢房選

▼渡辺慢房評
「みかん色」が、何とも言えない温かみを感じさせ、季語を引き立てています。
▼奥山ひろ子評
みかん色=オレンジなのでしょうか。可愛らしい色ですね。
こんな色の電車が走っている町は、雰囲気が明るいと思います。
そんな明るい雰囲気が「冬ぬくし」の季語に表れていると思いました。

メッチャ嬉しい!!松山に行った時、立志さんが「歩きながら一句」と水を向けてくれ、
「エーーーー」と言いながら一番最初に書きつけた句です。
暖かい日で、季語は「冬ぬくし」しか思いつきませんでした
路面電車の色を見て、「さすが松山、路面電車もみかん色だ!」と思った、そのまんま。
俳都松山のあたたかさ、そして立志さんの一言から生まれた句です。感謝!!

蹲に落葉ほとびる日暮れかな  (1点)【並】渡辺慢房

▼渡辺慢房評
詫び寂び匂う句ですね。
中七を連体形として文法上は切らずに、意味的には切って下五の「かな」を響かせるというテクニックです。

「蹲(つくばい)」そして「ほとびる」という言葉を知って、何とか詠みたいと思い続けて3年。
第3回「るるる句会」で「下五かな」に挑戦したこと、
前回の「るるる句会」で、「枯葉」と「落葉」のニュアンスの違いを意識したことで、
頭の中でそれまでバラバラだったパーツが一挙に結びついたように出て来ました。
私にしては、少し背伸びしたような内容になってしまったかなという気もしますが・・・
6月句会ぶりに渡辺慢房先生に2句採って頂き、感謝です

来月は国枝先生にコメントをもらえるように・・・
いや、採って頂けるように頑張ります!!!

« ◆12月句会の結果です | トップページ | ◆「ブロッコリー」の聞き書きです »

伊吹嶺」カテゴリの記事

コメント

わお、めぐるさん、おめでとう!

返り咲きましたね。
先月以外はほぼ毎月入選。

今月は2句とも入選、なんとすばらしい!

地道な努力が着々と実力となって身に付き始めているのを感じます。
バッターボックスに立てば、安定的に必ず塁に出る1番バッタータイプ。

私は三振か長打のタイプかも、グスン、、、です(笑)

◆比々きさん

こんばんは!
比々きさんこそ、『俳句ポスト』兼題「枇杷の花」地選おめでとうございます!!
「枇杷の花」の特性が生かされ、映像がありありと浮かびます。
冬の雨の日の冷たさの中に吐き出される「枇杷の花」・・・
読み手によってさまざまな感情を揺さぶられそうですね

>私は三振か長打のタイプかも、グスン、、、です(笑)
-20点か120点か、という潔さ、カッコいいです!
私はコツコツ打率を上げていきたいタイプ・・・
来年は、連続得点の記録を伸ばせるように頑張ります!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆12月句会の結果です:

« ◆12月句会の結果です | トップページ | ◆「ブロッコリー」の聞き書きです »