最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆2月号頂きました(^^) | トップページ | ◆「第13回」結果発表~~~! »

2019年2月13日 (水)

◆「春祭」の聞き書きです♪

今治五七五『俳句チャンネル』ー!
めぐるのへちょい聞き書き始まるよ~~~~っ
オープニングナンバーは「マイファニーバレンタイン/フランク・シナトラ」。
そういえばバレンタイン近いですね・・・これも祭りか
パーソナリティは、Gさん、だりあさん、みかりさんのお三方です


◇一心に祈る子並ぶ春祭り こいぬ
ちょっとよそ行きと言うか、おとなしくしてるんでしょう。神妙な感じ、でもちょっとザワザワしてる子もいて。あったかい句ですね。    

◇歌姫のドレス空色春祭   桂奈
舞台にこれから売り出していく若い子が来て一生懸命歌っているのでしょう。どんな舞台かどんな歌か、それぞれ想像してもらって。「空色」がいいね       

◇田の跡にマンション建ちぬ春祭   司啓
今ねえ、農業後継者がいないんですよ・・・。「春祭」といえば五穀豊穣を願う祭りだけど、ほんとに頭が痛くなってきた寂しくなってきた。考えさせて頂ける句でした。 

◇優雅さの松前神楽春祭  みなと
北海道ですね。ニシン漁の衰退とともに一時は消えかけた松前神楽ですが、保存会が結成されているとのこと。「優雅さ」と言ってしまわないで優雅さを感じる様子を描けたら・・・とハードルを上げてみる
           
◇春祭太鼓自慢の考の腕    比良山
この字は亡くなったお父さんですよね。「腕」が出て来たらびっくりする。せめて「撥」とでもしてくれたら。あるいは普通の「父」でもいいんじゃないかしら。    

◇春祭り赤い靴提げ父帰り 花南天
どこか遠くに行ってたお父さんが、春祭りに久しぶりに帰ってきたんじゃないかな。

◇春祭や呂の篠笛を巫女の舞ふ  ぐずみ
「呂」というのは、律呂の呂ですね。陽律と陰律。知らない言葉で勉強になった。趣きのある句だと思います。      

◇春祭輿の少女の赤き耳   蜂喰擬
輿に選ばれた女の子が昔の服装して座ってて、引っ張られていく。その子が高揚している感じが伝わっていく。余分な言葉がなく、「耳」に絞ったのがいいですね。       

◇春まつり同級生の抱く赤子   富山の露玉
同級生の中でもいのいちばんにお嫁さんになって、赤ちゃんを連れて来てる。あるいは年取ってたら孫を連れてきてる。「まつり」平仮名も工夫ですね、「赤子」に合ってる。     

◇春祭大鍋にまず湯を沸かす 彩楓
なんでお湯を沸かしてる?赤ちゃん生まれるんじゃない?お料理出す場面じゃない?大勢おるから。冷える時あるし。      

◇くちぶえをおぼえたての子はるまつり   立志
表記の仕方がすごくやわらかくて、ちっちゃい子だと思う。お上手だと思います。

◇春祭そらいろはっぴ金の鈴  小川めぐる
目に浮かぶのですが、これは「はっぴそらいろ」にした方がリズムがいいかも。ご一考ください。     

◇化粧して貴種めく豚児春祭  のんしゃらん
ウチの子でも化粧すれば・・・という。雰囲気よく分かりました。       

◇春祭薄き袖振る稚児行列  ゆすらご
着物の様子が春っぽい、軽やかな、賑やかな。歩くたびにひらひらっとして。稚児行列身見にいきたくなりました       

◇草混じる藁の匂ひや春祭  砂山恵子
これは、田起こしをしてるんじゃないかと思いますね。やっぱり匂いがするんでしょうね。これ終わったら「春祭」、それから田植えに入っていくのかな。五穀豊穣を願う「春祭」の本意をついとる。      

◇春祭小学校が駐車場  かつたろー。
これは、「春祭」じゃないといかんかというと、「盆踊」でもいいような

【天】発表前のひとときは「春よ、来い/松任谷由実」。大好き~~~

G「悩みましたよ~!司啓さんのもホントに心動かされたんですが、砂山恵子さんのがぴったりだと思うので第一に推薦いたします」
だりあ「私はその句も良かったし立志さんのも良かったけど、『赤き耳』に」
みかり「相当迷った。稚児行列も良かったけど、私も蜂喰擬さんに」

ということで!

【天】春祭輿の少女の赤き耳   蜂喰擬

蜂さん、おめでとうございます~~~!!!
「少女」の姿が、おおた慶文のイラストで浮かびました・・・!
祭りの賑わい、熱気、高揚感。
私は担いでいる男衆や一緒に練り歩く少年の方にフォーカスしたんですけど、
五穀豊穣を願う「春祭」には、やはり女性、そして「少女」の清々しさが似合いますね
あと、ぐずみさんの使われた「呂」、私も『俳句ポスト』兼題「蟻」の時に使ったことが。
すごく魅力的に感じているので、いつかまた使いたいです。

番組フェイスブックより

今募集中の兼題は2月24日(日)〆切りで
地虫穴を出づ」と「春衣」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

再放送は水曜22時より、コチラでお聴きいただけます。是非お楽しみください!!

« ◆2月号頂きました(^^) | トップページ | ◆「第13回」結果発表~~~! »

俳句チャンネル」カテゴリの記事

コメント

★めぐるさん。おはよう御座います。
いつもお忙しい中、聞き書きありがとうございます。m(__)m
蜂喰擬さん。天おめでとうございます。\(^o^)/
少女の赤き耳の発見がユニークだと思いました。
みなさん、真摯な写生に則った新たでユニークな気付きを詠まれており、
今回もレベルの高い争いとなりましたね。(^o^)

私はまたまた写生もそこそこでかつ推敲不足でした。投稿前に今一度読み手の
立場になって推敲していればと反省しております。この点を放送でご指摘いただき
大変勉強になりました。😅
次回また頑張ります。(@_@;)💦💦💦💨

めぐるさん聞き書きありがとうございます!今回私は季語の本意を勘違いしてました。私の故郷の広島で春祭りといえばフラワーフェスティバルだったのです。
有名な歌手やタレントさんも来て賑やかで華やかなイベントです。そうイベントであってお祭りではなかったかも。笑
しかも私は近くに住んでいながらテレビでしか見た事がないと言う.....。
なのに春祭り=フラワーフェスティバルとインプットされていた自分が恐い。苦笑

こんばんは。
聞き書きありがとうございます🎶

蜂喰擬さん、天おめでとうございます💐夏でも秋でもない春祭。少女の耳へのクローズアップがキラキラに感じられ素敵です。

春祭って余り馴染みがなかったのですが、他の皆さまの句にちゃんと春が感じられ、さすがだと感心するばかり。出直します❗

めぐるさん、聞き書きをいつもありがとうございます。
蜂喰擬さん、天おめでとうございます!赤き耳、なるほどー!って思いました。
拙句は昔、稚児行列に娘が参加した時を(その時は実は秋でしたが)思い出してみました。少し寒くて、私はもっと中に着せてあげたら良かったと気になった日で、娘は照れくさそうな顔でキラキラの冠がちゃんと頭に乗ってるかばかり気にしてました。、、なんかもっと、詠めそうな気がしてきました。
皆さんの春祭で、この春の春祭りに行ってみたくなりました。ありがとうございました。

いつも聞き書きありがとうございます。
見返すこともできてとても助かります。


やったー!!天だ!!
おおた慶文 とは嬉しいお言葉!!

土曜から火曜まで、我が家ではインフルエンザのパンデミックが起きていまして、なんとか落ち着いたタイミングで記事を見て、びっくりしました。
水曜の晩の再放送を聞くときも、にやにやしながら聞いていました。

ハガキ楽しみです。
届いても周りには自慢できる人もいないけれど、二歳児に落書きなどされぬよう、気を付けて大事にしようと思います。


次回兼題は「地虫穴を出づ」と「春衣」、・・・・?

100年俳句計画通信 2/14 号を見ても、同じ事が書かれている。


地虫はともかく、【春衣】 って?

出題意図が、・・・・・・・???


参った! です。


ぐずみ拝


◆ALL

こんばんは!
皆さんのおかげで、さまざまな「春祭」を感じさせて頂き、楽しくも勉強になりました!
次回は「地虫・・・」長いっ
太刀打ち出来るかどうかドキドキですが、まだ時間があるのでゆっくり考えます。
レオパレス問題と絡めるテもありそう???
「春衣」は、「春着(新年の季語)」の傍題の「春衣(はるぎ)」とややこしいですが、
「はるごろも/はるい」と読む仲春の季語ですね。
軽やかさや明るい色合い、動きがポイントになるでしょうか。
個性豊かな皆さんの句をまた楽しみにしています!!!
私も【天】めざして頑張ります~!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「春祭」の聞き書きです♪:

« ◆2月号頂きました(^^) | トップページ | ◆「第13回」結果発表~~~! »