最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆3月末日締切の兼題:「燕」 | トップページ | ◆『伊吹嶺』3月句会の結果です »

2019年3月21日 (木)

◆「孕み鹿」発表です!!

遅くなりました!!!
19日から始まったココログさんのリニューアルが長引いて、
編集どころかアクセスも出来なかったりした上に、
記事編集画面もすっかり変わっていてイラっとする気持ちを世界フィギュアで洗い流しております!
(絵文字とか色指定とかが「あうあう~」💦)
そんな訳でまたまた遅くなりましたが、「孕み鹿」の発表です~~~~。
オープニングナンバーが「ガンダーラ/ゴダイゴ」なのは「奈良」繋がりでしょうか。
作詞が奈良橋陽子さんですものね♪
そんな粋な選曲をしてくださるパーソナリティの皆さんは、賀茂鶴さん、すずめさん、まりんさんのお三方です。
いつものGさんが欠席なのはご病気ではなく3~4月はお忙しいとのこと。
残念ですが、賀茂鶴さんのハスキーヴォイスを堪能したいと思います💕


◇群帰る森へ夕陽と孕み鹿   花南天
🎶大きな景が見えますね。「群れ」の中に「孕み鹿」がいるんですね?それとも鳥の群れなのかな?いろんな「群れ」が帰る森へ、夕陽もまた帰っていくよと。語順がちょっと難しいかな?そのあたりご一考ください。

◇海水を噛む孕み鹿遠くして  みなと
🎶「海水を噛む」という景が・・・カプカプと噛むように飲んでるのかな、馬みたいに。「遠くして」は・・・その鹿を遠くから見ているのか、状況を分かりにくくしている気がします。

◇涅槃仏めける杓文字や孕み鹿 佐東亜阿介
🎶「めける」、涅槃仏のように見える杓文字・・・これには「ごとき」とかの言葉がいいような気がしますね。作者の感動の中心が「杓文字」の方にある気がして、「孕み鹿」の印象がぼやけますね。それなら映像を持たない季語を持ってくる方が合うかも知れません。   

◇きんいろの森の静けさ孕み鹿  桂奈
🎶「きんいろの森」って、黄葉のイメージがあって、それなら「秋」かなと思ったんですが、朝の日差しに満ちたジブリの森のような。景がすごく綺麗に迫ってくる気がします。「孕み鹿」の姿が神々しいね。「孕み鹿」には「きんいろ」だね!    

◇後退りながら睨むや孕み鹿 かつたろー。
🎶「孕み鹿」も気が立っているから。切字が強すぎるので、「しながら睨む」でもいいかも知れません。       

◇孕鹿眠る芝生のへそあたり  司啓
🎶芝生のくぼみのあたりでしょうね。公園の芝生の真ん中あたりにそういうくぼみがあって、堂々と「孕み鹿」が寝そべっている。動物って囲まれてると安心するんでしょうね。分かりますね!       

◇煎餅を遅れてねだる孕鹿  比良山
🎶謙虚な鹿(笑)。配った後で、「まだおった!お腹が大きいんやったらもっといっぱいやったのに」って(笑)。面白い句でしたね♪     

◇朝の風耳振るはせる孕鹿  ゆすらご
🎶ブチっブチっと体言止めでくるよりも、「朝風に」と一物仕立てのようにサラっと流した方がいいかも。

◇牡鹿を掻き分け進む孕み鹿  己心
🎶この「孕み鹿」は一番に煎餅をねだりにくるね(笑)。負けてない!       

◇陽だまりに寝そべる奈良の孕み鹿  立志
🎶「奈良の」と言う必要があるかどうか。   

◇孕み鹿猿沢池の草に臥す 彩楓
🎶これも同じく奈良の鹿なんですけど。「臥す」というと体調悪い、弱った感じがする。

◇胎動を草にも伝へ孕鹿  のんしゃらん
🎶「胎動」がちょっと感動的な言葉だけど、「伝へ」じゃなく自然と伝わるんだろうと思うけど。別な生命を感じさせるような大きなもの、「大地」とかがいいのかなと思ったり、「にも」だからそれも含まれてるのか。

【天】の発表前は「赤いスイートピー/松田聖子」でクールダウン。ほんと春の感じですよね・・・なんかチクショーだわ・・・。
賀茂鶴「きんいろの森♪」
すずめ「賀茂鶴さんの評にほだされました。『きんいろの森』で」
まりん「『群帰る』も素敵だなと思ったんですけど、じゃあ今日は・・・」

ということで決定しました! 
【天】きんいろの森の静けさ孕み鹿  桂奈
桂奈さん、おめでとうございます!!リストを見た時、私も「これ!」と思いました💕
「ジブリの森」という言葉が出ましたけど、ほんと清々しくて神々しくて、「孕み鹿」のシルエットがくっきりと浮かんで。
季語がありありと姿を現す、感動の中心が立っているという景のぶれなさが素敵です。
それに引き換え、またもや投句忘れで土俵にも上がれない私💦何をやっとるんだ💦💦💦
もはや限りなく「ガンバル詐欺」に近づいておりますが、次こそホントに頑張ります!!!💨💨💨      
★番組フェイスブックより★
今募集中の兼題は3月24日(日)〆切りで「花薺」「仏生会」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com 
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

« ◆3月末日締切の兼題:「燕」 | トップページ | ◆『伊吹嶺』3月句会の結果です »

俳句チャンネル」カテゴリの記事

コメント

◆めぐるさん。お忙しい中聞き書きお疲れ様です。m(_ _)m
ご自分の投句をお忘れになってもこうして聞き書きされるところ頭が
下がります。いつもありがとうございます。m(_ _)m

桂奈さん。天おめでとうございます。\(^o^)/
森のきんいろと静けさの視覚聴覚を駆使した情景描写は写生の基本ですが
これが私にはまだまだ難しい。きんいろと孕鹿の取り合わせで神々しさが
さらに醸し出されるというところはもっと難しい。
もっともっと修行しなくては。(◎-◎;)

◆比良山さん

おはようございます!
いやもう、「孕み鹿」は実は「木漏れ日の・・・」とかなんとか考えていたのですが、
モヤモヤしているうちに締切りが過ぎていました(^^;
今度は忘れないように頑張ります!
「花薺」、五音の季語なので取り合わせの練習にぴったりですね。
比良山さんも今、取り合わせの感覚を掴みかけてらっしゃると思うので、是非意識してみてください!!

めぐるさん聞き描きありがとうございました!
長い間ブログに痕跡がなかったので体調を崩されたのではと心配していましたがお元気そうでなによりです。
また私へのお祝いをありがとうございます。比良山さんもお祝いありがとうございます。比良山さんの可愛い孕み鹿の句も素敵です。お煎餅が嗅覚聴覚を刺激します!
孕み鹿難しかったですよね。私も全然わからなかったのですがどなたかの句集をパラパラとめくっていた時「きんいろ」という言葉に出会いこの句が浮かびました。平仮名の「きんいろ」ってどこか幻想的な雰囲気があって掻き立てられる気がします。久しぶりに天を頂いてはしゃぎ過ぎました。キムさんの絵葉書が楽しみです。
皆さまの孕み鹿楽しませて頂きました。

めぐるさん聞き書きありがとうございます。
比良山さんめぐるさんお祝いありがとうございます。
比良山さんの可愛い孕み鹿の句素敵です。お煎餅の味覚、カリカリという聴覚が孕み鹿の食欲に繋がって楽しい句だと思いました
孕み鹿難しかったです。どなたかの句集で「きんいろ」と言う言葉を見つけて思いつきました
平仮名のきんいろは幻想的で何か掻き立てられるものがあるなあと思いました。
キムさんの絵葉書が楽しみです。
皆さまの孕み鹿楽しませていただきました!

すみません、エラーが出たので書き直したら送信出来てました。何度もすみません。

めぐるさん、お忙しい中、聞き書きありがとうございます。
桂奈さん、天おめでとうございます!きんいろの森が、孕み鹿に優しく、素敵です。

拙句は、上五を直してもらえて、なるほどーって納得です。勉強になります!
皆さん、ありがとうございました。

ゆすらごさんありがとうございます!そして写真俳句の入選もおめでとうございます!貝殻のほほえみが健全な青春をつっぱしる若者を表しているような、それをぴたりと句に取り込んでいてかっこいいと思います。
めぐるさん、アイパッドでは不調でしたがパソコンではちゃんとブログの書き込みも見れています。
わけのわからないメールをして失礼しました。

桂奈さん、写真俳句について、ありがとうございます!そんなふうに言って下さってうれしいです。
めぐるさんも、ひまわり畑の方で、ツボ!と言って下さって、本当にうれしかったです。
高校生の頃のちょっと切なくて、まぬけな実話からの句でして(笑)またいつかお会いした時に、背景を聞いてやって下さいませ(*´ー`*)
まだまだ未熟ですが、また、頑張ろうって思いました。ありがとうございます。

◆桂奈さん

こんにちは!
何かとご心配・ご迷惑をおかけして申し訳ありません~!(汗汗汗
なんかリニューアルですごく使いにくくなって、絵文字もなくなったし、なんだかも~!ですが私は元気です(^^;
ネイサン・チェンがカッコ良すぎて倒れそう。
・・・なんて与太話はどうでもいいですね、改めまして【天】おめでとうです!!!
「きんいろ」が何とも言えずまろやかで「孕み鹿」の豊かさを実にやさしく包んでくれていますね。
「金色」と書くと「こんじき」とも読めて神々しさのUPには繋がりますが、
やはり「きんいろ」が「孕み鹿」に合っていますね!!
コメント、どちらも素敵なので両方残しておきますね♪
そして私は「花薺」頑張ります!!
好きな季語のひとつでよく使っているので・・・新しいアイディアを探しに旅に出ます!!!

◆ゆすらごさん

こんばんは!
ゆすらごさんにもご心配ご迷惑おかけしてすみません~~~!
そして改めて写真俳句の優秀賞おめでとうございます!!
昨年私も海胆の殻を探して海岸を歩いたので、あの写真自体にテンションが上がったのと、
その写真から「こうきたか!」と発想の飛躍に驚いたのと、
学生時代のあるあるな出来事だけどこれまで俳句では読んだことがなかった新鮮さで、
もういろんなツボを押されまくりました!!
「孕み鹿」の句でも勉強させて頂きました、有難うございます!!!
聴くだけでも十分楽しいのですが、今度はしっかり私も土俵に上がらないとですね(汗
「花薺」と「仏生会」は今日が締切、頑張ります!!!

めぐるさん、恐縮です、入選です(笑)
ありがとうございます、また明日から、俳句を含めて日々の生活を頑張ります!

◆ゆすらごさん

おはようございます!
はわわ、ごめんなさい!
私の中では優秀賞だったということでご勘弁を~!(^▽^;;;;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆3月末日締切の兼題:「燕」 | トップページ | ◆『伊吹嶺』3月句会の結果です »