最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆『伊吹嶺』3月句会の結果です | トップページ | ◆『湯豆腐句会』3月句会の結果です »

2019年3月24日 (日)

◆「自句自戒」です

『俳句ポスト』『俳句生活』と盛りだくさんのなか、ゆっくり選評を読ませて頂きました
その間にココログさんのリニューアルに突入し、ログイン出来ない状態が長引いてしまって記事がそのままになっていましたが、
闇から闇に葬る訳にもいきませんよね(笑)・・・いつものように★コメントを中心に振り返っていきます。


******と泣く***や桜**(13点)並選3、予選7、逆選6
【作者コメント】
動詞季語は迷ったので、皆さんからのご意見を参考にまた考えてみたいです。
△「***」が泣くという表現は良くあるように思いました。
△おそらく作者の中では明確な景があるはず。その景が読んだ人に伝わりきれないかも。
△泣くという表現にはやや引っかかりを覚えました。ここが違う表現だったら○候補
△泣くと感じるならばその理由がわからないとオノマトペが生きて来ない様に感じました。
★「***」に対して「泣く」という表現が引っかかりました。
★この句に工夫を加えるなら、擬人化や比喩ではない気がします。
★「泣く」とした意図が汲み取れませんでした。
★季語に少しズレを感じます。
★もっと合う季語があるような気がします。
★なぜこの季語と取り合わせたのか

ずっと「***」の音を詠みたいと思ってまして、ここにぶつけてみました。
最初別の季語を当てていて、ベタすぎるだろうかとちょっと離してみたのが失敗
いやむしろオノマトペからの音韻を意識してチョイスした「泣く」が大失敗
季語の気分との食い違いで、句の景が立ち上がりにくくなってしまいました。
作者としては也緒さんの読みのように思っておりましたが少し遠すぎたかもです。
十二音が下五の気分と合っていてこそだなと
迷った部分はやはり句に疵となって浮かんでくるのだなと改めて感じました。
「泣く」を別な動詞に替え、しっくりくる季語を探す旅に出ます!

カナリアの*****やサイネリア(7点)予選7、逆選5
【作者コメント】
『俳句ポスト』の兼題で考えた句。「サイネリア」の原産地のひとつがカナリー諸島ということで「カナリア」と合わせてみました。類想が山とありそうです・・・。
△少々安易かと思い△にしました。
△現実の光景として想像できませんでした。
△チョットぴんと来ないものが残りました。
★「**」ではありきたり。別の表現を見せて欲しかったです。
★今ひとつしっくりこないような気がします。
★わかりますが、わかりすぎだと思います。
★この季語は(主観ですが)日光が合うような・・。色彩が命の季語かな、なので。
★カナリアとサイネリアのどちらに目をやるか迷う上、色合い的に**にサイネリアは目立たない気がする。

今回のネッ句・・・なかなか3句揃えられない私・・・あうあうあ~~~!!!
「カナリア」と「サイネリア」の取り合わせが安易、中七に置いた時間帯も問題。
『俳句ポスト』への投句では、この後「中七や」から離れて時間帯をズラしたものもあり、
「晴れ」「青空」と合わせた句もあるので、そっちで何とかなってくれんかとの思いです。
ところで「カナリア」もウグイスなどと同じで繁殖期はよく鳴いて、春を過ぎると鳴かなくなるとか。
「歌を忘れたカナリア」も、時期が来ればまた歌うようになるのですね!
私も焦らずいこう、と言い聞かせました

***の*****や*** (16点)並選2、予選12、逆選3
【作者コメント】
息子がダーツに嵌っていた当時の原句「少年の腕の撓るや風光る」からの変化形。
景はより具体的に出来たと思いますが
類想かな(汗)。
△ぴったりですが少々近すぎか?
△内容が平凡。同じ予選句でも0.35点。
△「**」という言葉を具体的に表現したらもっと良いかも。
△類想多くありそう
△季語は初夏がいいかなと思いました。
△「*****」はやや緩い
★既視感が強く発見が少ないように思いました。
★物足りているところが、物足りないです。さわやかもいいですが、癖が欲しいです。
★**がどうなのかを本句では想像に任せず、様子が要るかと思います。

やはり「類想」とのコメント多数。そして「初夏がいい」とのアドバイス頂きました!
中七の名詞は、動作を具体的にとのお言葉も。
また別な表現が思い浮かんだら、初夏の句にしたいと思います。あ、「夏近し」や「夏隣」もいいかな?
選手名を挙げてくださった方もおられ、景を鮮やかに描いて頂いたことが嬉しいです。
ちなみに、私のイメージは明訓高校の殿馬くん(by「ドカベン」)~中日の立浪選手です


本当なら、15日締切の『伊吹嶺』に推敲句を出す予定でしたが、うまくまとめきれず(汗)、
13点句のリメイク版は『現俳』に、16点句の方は来月の『伊吹嶺』に出して結果を仰ぎたいと思っています。
良い報告をしたいものです・・・ドキドキ・・・。

« ◆『伊吹嶺』3月句会の結果です | トップページ | ◆『湯豆腐句会』3月句会の結果です »

るるる句会」カテゴリの記事

コメント

めぐるさん、ブログリニューアルにともなうあれこれお疲れ様でした。
自句自戒、させていただきます!
今回も共感をいただけると嬉しく、思いも寄らぬ指摘をたくさんいただき勉強になりました。
皆さん、改めてありがとうございました!

・頬の髪○○○△△△や□□の句
なぜ頬の髪を△△△のか、が伝わりにくいかな、と思っていました。
くりでんさんの選評が意図を読み取ってくださっていて嬉しかったです。
ベンチで一人泣いていたけれど涙も乾いて・・・というイメージでした。
汗やよだれという読みもできるなあ、と勉強になりました。
思いの外共感してくださる評があり嬉しかったです!
○○〇△△△や、がお題にあわせて寸詰まりであるという指摘をたくさんいただきました。
やっぱりそうですよね、他によい句が作れず無理に提出した感がありました。
○○○と△△△に推敲し、青嵐俳壇に投句させていただきました。
この場合は
頬の髪(を)○○○と△△△<切れ>□□□
となり、三段切れとはならないんですよね?
まだこのあたりの文法に自信がありません。教えていただけるとありがたいです。

・二泊三日の句
俳句20週入門を読み、名詞と季語に語らせる句に挑戦。
夫が息子だけ連れて一泊したことがあり、それをもとに演歌?風にしてみました。
いただいた選評から、確かに二泊三日という必要はないな、と目から鱗でした。
そして、女性の句だろうという指摘が多く、みなさんさすがだなあと思いました!
面白くもなんともないという指摘が的を射ているのかなあ・・・とも思いつつ、
アドバイスいただいた中七を推敲してあるふぁ俳壇に投句してみます。

・裏声の句
ヨミビトさんの裏声は女性にはないという指摘、驚きました。
知らないことばかりです。ありがとうございました。
たくさんの方に雰囲気を想像していただけて嬉しかったです。


次回は休もうと考えていたのですが、やはり次回からも参加を続けさせていただきたいと思います!
よろしくお願いいたします。

みなさん、こんばんは!
パソコンが、やっと地下の秘密工場からあがってきました。
ネットカフェの金曜日のコ、イケてたのになあ。
もうイケないのが、ちょっぴり残念。
では、自句自戒です。

『ぷくぷくと雌雄の恋や春の川』(7点)
特・並1ずつ 予2 逆8
 
最初は『ぶくぶくと潜る男女や』のダイバーの句でした。
磯巾着は6なので、5の石牡丹・・・では句の魅力が半減し、掲句に。
思っていた通り、上のぷくぷくは〇、中は×、下は△の評価でした。
中でも『季語『春の川』にベタべたと貼り付けられただけの、
上五・中七。余りにもつまらない一句、と酷評を尽しておきます』の
パンクロックめく評が最高でした(笑)
久々の特選もいただきましたので、まずまずです。

『膝上に楽譜ファイルや春手套』 (7点)
予7 逆4

埼玉から東京へ電車で通っていたデビュー当時の
太田裕美を想像しての句です。
『これからピアノを弾こうとしている人の姿が感じられます。
きっと指を大事にするピアニストの手套なのでしょう』
この評ひとつで十分に満足です。以上。
・・・いえいえ、他の評の中でも特に
『狭い視界にとどめているのが、やや窮屈』は、
次回の対策として、大変、参考になりました。

『勤続の内勤業や春コート』 (4点)
予4 逆9

それでは、お客様からいただいた、
たくさんの貴重なご意見を、どうぞご覧ください。

・内勤業とコートの取り合わせに無理がある。
・春コートの明るさや嬉しさと措辞があまり響かない、
勤続の内勤業、という頭痛が痛い的な表現も気になる。
・「勤続の内勤業」という言い方は正しいでしょうか、
なにか引っかかる。
・ どんな内勤業か具体的に知りたい、
上5はなくても意味が通るので色々表現できる。

るるるるるるひきがえる。CMの後も、まだまだ、続くよ。

・外回りの営業職でなく、内勤業務に春コートがわかりにくい。
・勤続、内勤と似た表現。もう少し言葉の整理を。
しかも人の表情も見えてこない。
・ 中七が句の感慨に与える効果・影響・必要性が不明。
単に立場説明。それ以上のものにしたい。具体名を挙げれば。
・勤続の内勤業という事は、職務中はコートを着る機会など無いはず。
職場の隅っこで、ご主人様の帰ってくるのを毎日毎日じっと待っている
「春コート」を描いたのだとしたら……季語が寂しがって泣き出しそう。
・サブクエストのうち「オノマトペ」「音」の句ではないですが、
「人物」の句としても微妙。「勤続の内勤業」も具体性に欠ける。

久々のクレームが殺到で、テレオペレータも大変でした。
あ、勤続のテレオペレータや春コート。にすりゃよかった。けど、中8。
ま、いいか。また、次回、頑張ろう!

追伸、
今朝、春コートの女を水鉄砲で撃って、
頭上にひきがえる乗せてやりましたわ。
ははは。柏落葉に埋めたろか。

ダブル追伸、
みんなも、どんどん、るるる句会参加してね!
みなさんの手裏剣を必ずいただける自句が、
次回もお待ちしております!

それじゃあ、またね!

めぐるさん。こんにちは。パソコンでコメント入れてみました。

めぐるさん。こんにちは。パソコンでコメント入れてみました。

めぐるさん。こんばんは。
今度は貼り付くか。
蟻馬さんのリクエストにお応えし自句自戒です。
・外つ国の句
今回のサブクエスト「人物」で考えた際、外国や異国の人の表記では散文的「外つ国の人」とする事で季語との調和また一人と限らせず、かつ万国性を出したかったのですが、逆に句を平坦にしてしまった感。他人事の様な景、ジョンさんでもキムさんでも人物を絞った方が絵になるとの意見には頷けるものありました。

・燕の句
特選3つも頂き有難うございました。古田さんの読みが句の狙い。とは軽々しく言えない句題なのですが、少々迂遠な言い回しかなとも思っていたので有難かったです。一方で音のイメージは人それぞれなので、音で景を伝える難しさも感じました。せっかく季語が燕だったのでカタログハウスへ。

春大根の句
すりいぴいさんの初特選頂きました有難うございました。オノマトペがなかなかはまらず、NHK俳句「笑いを詠む」の自己没句「熟女洗うや春大根立ってある」 より急遽発展進化した句。何でも詠んでおくと良い事があるなぁと思う次第。

今回も大なる学びを有難うございました。次回もよろしくお願いします。

ちなみに「かな」はまだ1句「時間」が難しい・・・

遅くなりましたが自句自解です。

◇髪を結ふ鏡子婦人や春の宵 9点

夫人とすべきところを婦人としてしまい、皆さんの選評を読み(きゃーーー)と赤面しました。
夏目漱石作品とリンクさせる工夫が必要というご意見にまたまた自分の独りよがりを反省。
確かに型優先のところがありました。
そんな中、〇をくださった比良山さんめぐるさんありがとうございました!
夏目漱石句、いつかきちんと作りたい!


◇さみしさへトプンと入るや安吾の忌 13点

ネッ句候補だったのですが二桁に届いてうれしい!!
あみまさん、立志さんの特選!!ぎゃー!嬉しくてごろごろします。
とはいえ★もたくさん…堕落論しか知らなかった自分が恥ずかしい・・・そうですよね。
小説家ですしエネルギッシュに生きた安吾にやや似つかわしくないですね。勉強になりました!
オノマトペ苦手でしたが効果的に使えるようになりたいです。


◇×を撮る人の×××や××××× 28点

そのまま別の場で投句させていただいたので伏字にさせていただきました。
まさかの高得点にのけぞりました!
◎のさとみさんありがとうございますっ
青春性、大人の可愛さ、などいつか自分が使ってみたいフレーズの選評に感激。
ひとつひとつにお返事できずごめんなさいと言いたいくらい光栄な選評をありがとうございました。
めぐにゃんの雲の写真がヒントだったのでうれしいなあ・・・(しみじみ

簡単な自句自解で申し訳ありません。
また次回もどうぞよろしくお願いいたします(ぺこり

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「自句自戒」です:

« ◆『伊吹嶺』3月句会の結果です | トップページ | ◆『湯豆腐句会』3月句会の結果です »