最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆結果発表で~す! | トップページ | 調律の進まぬピアノ春浅し »

2019年3月15日 (金)

ていれぎや産湯に使ふ水を汲み

『俳句ポスト』兼題「ていれぎ」の発表週です。
愛媛県の独特の呼び名ということで、非常に難しく感じましたが、
私も水の綺麗なところで育ったので、負けられない(?)とばかりに40句くらい作り、
類想・うまく言えていないと思った句をカットして約半分の19句21句を投句。
うち2句を【人】に採って頂けました、感謝です

ていれぎや産湯に使ふ水を汲み
ていれぎや風信帖を臨書して


今回は、山香ばしさんのお隣に並んでいたのも嬉しいです


◆MY FAVORITE 30(作者敬称略)
たくさんのいいなあと思った句、こんなふうに詠みたかった句から少しだけ紹介です。

微炭酸のやうにていれぎ咲きにけり    さとけん
ていれぎの流れに立ちて四分休符     トポル
ていれぎや薄刃の如き水の味       めいおう星
ていれぎを鈴振るように引き抜きぬ      山香ばし
ていれぎからなにかのしつぽがでてゐる  ヒカリゴケ

ていれぎや千二百年みづは無垢      はまのはの
ていれぎやみほとけ多き国の水       うしうし
ていれぎの萌えて静かな国境        うしうし
ていれぎや城下の子等のよく疾る     めぐみの樹
ていれぎの十字は龍を呼ぶ印       花南天anne

ていれぎや綺麗な声で歌います      桂奈
ていれぎや膳揃ひたる「萌木」の間    斎乃雪
ていれぎの清すぎていて渡れない     城内幸江
ていれぎの苦味は水の痛みとも      倉形さらさ
ていれぎを摘んで齧つて山頭火      多々良海月

ていれぎを摘む間も一種絶滅す      比々き
ていれぎや嫁げば変わる味噌の味    雷紋
ていれぎや初めての詩を贈る人      HGDT
ていれぎや水の香りの尖りたる       いつき組福岡リスナー班/由美子
ていれぎや怒れば伊予の訛り出て    こはまじゆんこ

ていれぎの星をつなげる遊びかな     とんぼ
ていれぎや豊かに厚き砥部の皿      みやかわけい子
ていれぎと名付けて草の香りだす     山内彩月
ていれぎや湧水多き善通寺         善多丸
ていれぎの花散るごとき伊予絣       瞳

ていれぎや行きくれて水うまきこと     播磨陽子
ていれぎは見たあれ絶対河童だつたよね 薄荷光
ピアニカを抱いてていれぎ咲く水辺    未補
ていれぎや空すうすうとミント色       野々りんどう
オパールの水ていれぎの常磐色      有瀬こうこ


皆さん、素敵な句をたくさん有難うございます!!
金曜日の発表も楽しみです!!!

« ◆結果発表で~す! | トップページ | 調律の進まぬピアノ春浅し »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ていれぎの兼題はかなり手ごわかったですね。
現物無しでの句作でしたが、好きな山菜系季語だったので楽しませてもらいました。
2句選でご一緒させていただき、こちらこそうれしく感じます。
ここのところ不振でしたので、この位置で採っていただけたのも
うれしく感じています。

こんにちは、めぐるさん。
めぐるさんに褒めてもらった句が人だったので嬉しかったです。
皆さん難しかったと言われつつも素敵な句ばかりで感心しました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ていれぎや産湯に使ふ水を汲み:

« ◆結果発表で~す! | トップページ | 調律の進まぬピアノ春浅し »