最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆「地虫穴を出づ」の聞き書きです | トップページ | ◆選句開始~! »

2019年3月 7日 (木)

◆「菠薐草」八句選

皆さん、こんばんは!
2月に最後の愛馬が引退し、一口馬主生活から撤退することにしためぐるです。
しばらくドヨンとしていましたが、そろそろ気持ちを切り替えていきたいと思います。
そんな訳で。
「菠薐草」の人選句からツボに入った句・学びとしたい句など、少し紹介させて頂きます。


菠薐草十把さるぼぼ百柱           蟻馬次朗
色彩が実に鮮やかです。「菠薐草」と「さるぼぼ」の強さが釣り合っている。
モノを置いて色を感じさせるのも巧みで、うるさい感じがありません。
「健やかに」という願いが通底しており、一句に確りとした芯が入っています。
数詞にも納得感があり、有数の産地である「飛騨」の空気感も清々しいです。

菠薐草折れて青空悲しさう          蟻馬次朗
「色鳥を迎へ痩山嬉しさう」など、この構文は、私も何度かチャレンジしています。
してはいるのですが、ことごとく【没】
振り返ってみれば、予定調和的な「嬉しさう」「さみしさう」を当てていたと気づきました。
「菠薐草」を詠む時に、「折れて」しまった姿を1ミリも想像出来なかった私。
ここらへんの発想力が違うんだな・・・!
「サイネリア」でも「咲いている」姿を思い浮かべていましたが、別な発想もしてみます

菠薐草食べて喧嘩が弱くなり         ささき良月
これも、多くの発想の逆を衝いている一句。
しかし、ハタと気づくのです。それって本当はもっと強くなったんじゃないのって。
感情のままに暴れることがなくなったのなら、喧嘩なんて弱くていいと気づいたのなら。
衒いなくサラリとした句姿も「大人」という感じがします。

これはこれは血筋宜しき菠薐草       まるちゃん2323
「オイ、見ろよ。純血の東洋種だぜ(ゴクリ)」
西洋種、交配種が主流になり、昔乍らの「菠薐草」はあまり見かけられなくなりました。
根が赤くないとどうも「菠薐草」らしくなくて物足りないです
多分、普段買っているのは交配種だと思いますが、今度ちゃんと細かく見てみよう。
もし「血筋宜しき菠薐草」を見つけたら、私も「これはこれは」と呟いてしまいそうです!

大鍋の菠薐草や男子寮            文月さな女
季語が十二音の方に入ると、押さえの下五はどうしよう・・・ってなっちゃうのですが、
この「男子寮」はお見事。家庭や小料理屋では醸し出せない「武骨さ・鉄臭さ」があります。
「男子寮」という言葉から、栄養面をサポート~管理されているスポーツ部の印象もあり、
ぐらぐらと湯がかれる色濃い「菠薐草」に、日々切磋琢磨する若者のイメージも被りました。

臨月の菠薐草あましあまし          ぐでたまご
出産を間近に控えて、「菠薐草」をもりもり。もとから好きだったのかも知れないし、
妊娠によって味覚が変わって「あまし」と感じているのかも知れないし、
「あましあまし」と自分に言い聞かせて食べているようにも。
体にいいものをシッカリ食べようっていう気持ちは妊婦に共通の思いでしょう。
「あまし」は未来への期待感でもあるかも知れませんね

ボブ・ディラン歌うほうれん草も食う    猫ふぐ
「ボブ・ディラン」と「ほうれん草」が合うことに初めて気が付きました!
これはちょっとうまく言えないですが、ホントに見事な並列と思います。
そして、つらつらとボブ・ディランの歌を思い出していたら、いつのまにか似た雰囲気の
ビリー・ジョエルの「ピアノマン」に脳内が支配されてしまいました
「俺、このまま終わりたくねえ」と思った時、まず「ほうれん草」を食べようと思います。
(ボブ・ディランじゃなくなってごめんなさい!)

ほうれん草食卓にある正しさよ       野ばら
「あっ!」と思いました。「菠薐草」がなんと簡潔に述べられていることか。
栄養豊富で「丈夫に、元気に、強い子に」との願いを込めて食卓に出される「菠薐草」。
それは家族を思いやる愛情の現れに違いないし、とても健全な光景だと思います。
この句を読んで、久しぶりに私も「ほうれん草」を買いました
個人的金曜日句です。


好きな句がいっぱいありすぎるのでここまでで
『俳句ポスト』兼題「菠薐草」掲載の皆さん、おめでとうございます!!!

« ◆「地虫穴を出づ」の聞き書きです | トップページ | ◆選句開始~! »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

小川めぐるさんの八句選の中に自分の句が二つも…ぶるぶる(゚д゚lll)
しかも、さるぼぼの句の色彩に触れてくださって…この上なき幸せを感じております(笑)
コピペして永久保存します。
ようやくサイネリア戦線から解放され、これからるるる句会に向けて構想を練るところです。今回もどうぞよろしくお願いします!

◆蟻馬次朗さん

こんばんは!
改めて地選&【人】×2句おめでとうございます!
そして「サイネリア」投句お疲れ様でした~!
来週は「ていれぎ」の発表週ですが、こちらも楽しみですね

>さるぼぼの句の色彩
「緑」と「赤」の色の濃さがぴったりですよね!!
私は「濃い緑」に「ほの紅」を乗せましたが、こちらはまさに並列。
通底するキーワードがあるので焦点がぼやけることなく一句がクッキリ立ち上がりますね。
「さるぼぼ」の数詞を、神さまと同じ「柱」で表しているあたりもとても細やかです。
「十把」に並ぶ「百柱」から、小さなたくさんの「さるぼぼ」が想像され、
その数だけの祈りがあると胸にしみじみと迫ってきます。
モノと数詞だけでこれほど奥行きが出せるのかと感心するばかりです。
そして隠しキーワードの「飛騨」が地名なんですよね。
「るるる句会」のサブクエストが全部入ってることが本当に凄い。
蟻馬次朗さんのセンスに脱帽です!

「桜鯛」では、私ももっといろんなテを使おうと思います。
「色」「数詞」「地名」「オノマトペ」「音」「人物」・・・アプローチはたくさんあるぞ!!
俺の、俺の「桜鯛」に期待してくれ(小声)

めぐるさん、ありがとうございます。
そんなにほめても何も出ませんよ(笑)いろいろな方向から拙句を掘り下げてもらいうれしいのと、自分の想像以上の鑑賞に勉強させてもらいました!

>「桜鯛」では、私ももっといろんなテを使おうと思います。
「色」「数詞」「地名」「オノマトペ」「音」「人物」・・・アプローチはたくさんあるぞ!!
俺の、俺の「桜鯛」に期待してくれ(小声)

期待します!俳句を作る方法は無限にあるんだ!と考えると句作が楽しいですよね〜
るるる育ちの我らの無限の想像力(創造力)を夏井いつき組長に見せつけてやりましょう!カラフルな桜鯛で!

◆蟻馬次朗さん

こんにちは

>期待します!
ヒィ!
がががががんばります(小声)

>俳句を作る方法は無限にあるんだ!と考えると句作が楽しいですよね〜
ほんとに無限ですよね。
「比喩」「擬人化」も出来そうな気がしてきた。型もいろいろある!
今回は50句送るくらいの気持ちで取り組みます!
頑張ります!(きっぱり)

蟻馬次朗さんはじめ皆さんの句も楽しみです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「菠薐草」八句選:

« ◆「地虫穴を出づ」の聞き書きです | トップページ | ◆選句開始~! »