最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ていれぎや産湯に使ふ水を汲み | トップページ | ◆「第15回」のお知らせです!(追記あり) »

2019年3月16日 (土)

調律の進まぬピアノ春浅し

『俳句生活』兼題「春浅し」の発表です。
今回は5句投句中2句が【人】に採って頂けました、感謝です

調律の進まぬピアノ春浅し
オーボエのラの音長く春浅し


この句は、先月世良美術館でご一緒した野ばらさんのお話がヒントになっています。
有難う野ばらさん!!!
そして野ばらさんはフルートできたのね!

【人】フルートのロングトーンや浅き春  野ばら

澄んだ音色が響き渡って美しいですし、「ふる」から始まって「はる」で終わる音韻も素敵。
字面的にも、片仮名と音引きのぽっかりした空間がいかにも「浅き春」。
やがてさまざまな音が重なり、より華やかな「春」に変貌を遂げるのでしょう。
さすが野ばらさん、素敵です
そして野ばらさんのお話のきっかけとなったのが葦たかしさんの句。

【人】A音の響くホールや春浅し  葦たかし

でした!「A音」というのが「ラ」なんですね。
そう言えば!と音楽の授業で習ったことを思い出しました。「ドレミ」という音階のドイツ版。
CDEFGAH(ツェー・デー・エー・エフ・ゲー・アー・ハー)
これで何度も音階練習してました。
他にも世良美術館から生まれた句が【人】に入っていて、とても嬉しい「春浅し」でした。

そして、今回はとっても嬉しいことがあります!
ずっとお誘いしていたお友達のりんごちゃんが、ついに俳句デビューを飾りました
初投句即佳作おめでとう!!!

【佳】病棟の廊下は長し春浅し    林檎

物理的にも長いのでしょうが、心理的な長さを感じました。
初めての投句で、心情をモノに託せているあたり、やっぱりセンスありますね!
これから俳句も一緒に出来ると嬉しいな
次は「燕」よ!がんばりましょ~~~~!!!


そしてそして!!!
最後になりましたが、【天】のあいだほさん、おめでとうございます!!!

【天】春浅し何も掴めぬ足の指    あいだほ

思わず足指で近くのモノを掴もうとやってみました(何も掴めませんでした)
この着眼点、さりげない「あさし~あし」の音韻。うむむむむジェラシイわ!
私もこの春、もう一皮剥けられるように頑張ります!!

最後になりましたが、掲載の皆さんおめでとうございます!!!

« ていれぎや産湯に使ふ水を汲み | トップページ | ◆「第15回」のお知らせです!(追記あり) »

俳句生活」カテゴリの記事

コメント

めぐるさんこんにちわ
掲載して頂いてありがとうございます~
音韻・・・はい狙ってやりました(嘘)
また褒めてもらえるように頑張ります

それにしても林檎さんの句は初めてと思えないですね
ぼくの初めのころに比べて全然素敵です・・・(;w;)

★めぐるさん。俳句生活「春浅し」人2句獲得おめでとうございます。(^_^)/
2句とも楽器と季語との取り合わせとは恐れ入りました。

私は俳句ポストでまた並選一句に後退となり少々滅入っておりましたが
俳句生活では1句なんとか人にとって頂きました。
これはめぐるさんに特訓指導いただいた結果の賜物で感謝しております。m(_ _)m

春浅し薄花色の点滴瓶

季語+○○○○色のガラス瓶の猛特訓のおかげで思いついた句でした。
この一句がなければ人選句はありませんでした。😅

次回は俳句ポストと俳句生活ともども人選いただけるようできれば2句人選獲得を
目標に頑張ります。
(@_@)💦💦💦💨

◆あいだほさん

こんばんは!
改めまして【天】おめでとうございます!!
良く出来た句というのは、いろんな意味で「さりげない」ものですね
奇抜な景や特殊な出来事ではなくて、身近で誰にでも感じられることをサっと掬いとる。
私もそういった「俳人の眼」を持ちたいものだと思います

りんごちゃんへのコメントも有難うございます!!
感受性の豊かな人で、私なんかよりもずっとずっと「俳人の眼」を持っている人だと思っているんです。
これからばんばん活躍してもらって、「私のお友達なの~デヘヘ~」と言いたい(笑)
そして我が家でもにわかに俳句ブームが起こっているようです・・・
おとーさんとかおかーさんも投句してくれたら嬉しいなあ・・・

◆比良山さん

こんばんは!
早速特訓の成果が出ましたね!!!私も嬉しいです!!!

>春浅し薄花色の点滴瓶
「薄花色」が綺麗で切なくて、素敵ですね
透明な水色が「春浅し」とすごくよく合っていると思います
こんな素敵な句をあの雛型から生み出してくださって有難うございます!!
取り合わせの感覚が掴めるともう【人】常連です、
作句のさいにはまずエンジンをかけるようなつもりで型から入るといいと思います。
ちなみにですが、私が先月『現俳』で3点頂いた句もこの雛型から生まれました。
「春隣きみどりいろの塾かばん」ネッ、同じでしょ
比良山さんも是非、次々どんどん言葉の組み合わせを楽しんでみてください!
次の『俳句生活』兼題「燕(つばめ/つばくらめ)」、
そして『俳句ポスト』兼題「桜鯛」も楽しみにしています!!!
私も頑張ります~~~!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調律の進まぬピアノ春浅し:

« ていれぎや産湯に使ふ水を汲み | トップページ | ◆「第15回」のお知らせです!(追記あり) »