最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

スポーツ

2016年4月 4日 (月)

ひと打ちを輝きながら瑠璃の蝶

・・・うううっ、真央ちゃんcrying
貴女は何て素晴らしいのcrying
今年の女子は、出場選手三者三様に応援していたけれど、
やっぱり真央ちゃんには特別な視線を送っていました。
前の試合の時の、心中慮ることすら憚られるような表情の後で・・・
今度こそは「競技に戻って良かった」と思えるような演技をと・・・。

そして「蝶々夫人」が終わった時・・・
「良かった、真央ちゃん良かった」
ただただ、拍手を贈るのみでした。
真央ちゃんの演技直後の表情・・・笑顔を見れたのも良かったし、
現役続行を思わせるコメントも聞けて本当に良かった。

真央ちゃんのフリー「蝶々夫人」の衣装の色が、ルリシジミにそっくりなので、
下五を「瑠璃の蝶」としてみました。
ルリシジミの可憐で儚げで、可愛らしいところは実に真央ちゃんぽい気がしていますし、
「瑠璃」という言葉には、どこか特別な響きがあって、単なる色としての表現だけでなく、
澄み切った精神性というのか・・・尊い感じがするんですよねshine


Photo

また次の試合でも、真央ちゃんの嫋やかな演技が見られますように。

2016年4月 2日 (土)

銀盤の軌跡紫紺の薔薇となる

フィギュア世界選手権、優勝はハビエル・フェルナンデス!!!
大会2連覇となりました、おめでとうございます!!!
ハビ~大好き!lovely
今季のプログラムは、闘牛士に扮したSP(お髭がチャーミング!)、
陽気で軽やかなフリーともども、ハビ~にめちゃくちゃ合ってたと思いますlovely
「ユヅルは本当に強いので、勝つためには生涯最高の演技をするしかなかった」
冒頭の4回転トーループ、後半の4回転サルコウも完璧に決めたほか、
生き生きとした躍動感に溢れた演技は、表現力で確りと点数に反映されました。
すっごく楽しかったんですよね~。
高揚感のままにジャンプしたらそれが4回転だった、くらい自然な演技に思いました。

結弦くん、ボーヤンも、ハビエルの素晴らしい演技に「お手上げ」ポーズ。
結弦くんは、ハビエルの演技に顔を紅潮させて喜び、
そして悔しさをあからさまに表に出す仕草も可愛くて、
この空気感も、すごく雰囲気が良くて、
みんなお互い「強敵」と書いて「とも」と読む、みたいな間柄なんだなーって感じました。

世界選手権は終わったけど・・・もう、来年へ、そしてオリンピックに向けて、
気持ちが切り替わって燃えているだろう結弦くん。
私は、羽生結弦選手という存在が奇跡だと思っています。
こんなにあけっぴろげで、緻密で、みんなの心に火をつけるような選手、知りません。
(フィギュア歴浅いからかも知れませんけど・・・coldsweats01

タイトル句は、そんな結弦くんに、かつて「不可能」と言われた青い薔薇を重ねました。
また私たちのド肝を抜くような演技、楽しみにしています。

2016年3月 7日 (月)

◆世界卓球、最終日

あららっ、世界卓球の決勝について書いた記事が、なんかエラーで消えてしまったcrying
もはや体力が残されていないので、一言だけ・・・。

日本チームはこれからだ!!!!!


丁寧選手から1ゲーム奪った伊藤美誠選手、
張継科選手から1ゲーム奪った大島裕哉選手(やっぱイケメンだった)、
結果敗れはしたものの、本当に素晴らしかったです。

聳える中国の壁はあまりにも高く分厚いけれども、
そして私自身、実は丁寧選手や馬龍選手のファンでもあったりする訳だけれども、
次はまた一段階、牙城に迫る強さを日本選手たちが魅せてくれるのではと、
心から楽しみにしています。

そして私は私で頑張らないとbearingsweat01

実は、試合を観た後で「逃水」「陽炎」に繋がりそうな言葉が頭を掠めたような・・・
気がしたのですが・・・

つかまえきれなかったcoldsweats01
10日までに何とか出来るかな~~~~sweat01sweat01sweat01

2016年3月 6日 (日)

春雷の一撃を待つ明日かな

女子が決勝進出を決めた世界卓球、今度は男子の応援ですぅーーーhappy02
ドヤ顔王子・水谷準選手率いる日本チーム、
今度は吉村真晴選手、大島祐哉選手が入って、丹羽くん・松平くんはベンチ。
すっごく層が厚くなったなあ・・・という印象を受けました。
吉村選手は、私の好きな韓国人俳優ファン・ジョンミンにちょっと似てて、
それだけで応援テンション上がるupup
まっっったく同じフォームから回転の違うサーブを繰り出して相手を翻弄、
ちょっと危うさも見せましたが、最後は流れを掴み粘りを見せて接戦をモノにしました。
終盤は、応援していてグっとくるものが・・・おめでとう真晴くん~~~crying

3戦目の大島選手は、今日が誕生日とのことでしたが、残念ながら敗退。
4戦目は、何と何と、1戦目で圧倒的な力を見せたエース水谷選手が、
あっさり2ゲーム連取される波乱の展開!!coldsweats02
ちょうどその時、晩御飯の支度にとりかかっていた私は、
経過を伝えてくれるダンナの声を聞いては「嘘!」「マジで?」の連発でした。
しかあし、支度を終えて戻ってくると同時に、水谷選手も調子を取り戻し、
3ゲーム目から逆転劇を見せてくれたのでした・・・ああああ、良かったbearing

チームが勝利を決めたことで、大島選手の目に涙が・・・。
そしてそんな大島選手に何かを話しかけている監督の姿が心に残っています。

あ、そういえば、今年の男子はイケメン率高かったですね!!
松平・大島両選手は特集が組まれるほど評判のイケメンだし、
丹羽くんだってキーワード「イケメン」でちゃんと記事が出て来ます。

がっ。私は声を大にして言いたい。
日本卓球界で一番のイケメンは倉嶋監督だと!!!
選手に比べてネットに上げられてる画像が異様に少ないのですが、
カッコいいショットありました♪
卓球王国BLOG:台隅をつつけ』より、ちゃんと記事にも「男前」って書いてある~heart04

Photo_2


(この直後にカッコ良くないショットがあるのも可愛いcoldsweats01

決勝は、女子と同じく、卓球最強国・中国。
熱いスーパープレイの応酬、いっぱい見たいです。

ガンバレ日本!!!







2016年3月 5日 (土)

春颯より白球の疾しこと

世界卓球女子、準決勝の相手は予選トーナメントで破っている北朝鮮・・・。
予選では、徹底したカットマン対策が実を結び、楽勝にも思えたものでしたが、
そうなると相手も作戦を変えてきます。
第1試合の伊藤美誠選手まさかの(!)敗退・・・
しかし「昨日の負けは今日の勝ち」との言葉を発した15歳は、その真骨頂を見せます。
第4試合の伊藤美誠VSリ・ミョンスン。
第2試合の石川、第3試合の福原が勝っており、あとひとつで決勝進出という局面です。
その第4ゲーム目に最大のヤマ場がありました。
獲って獲られて、獲られて獲って、シーソーゲームが果てしなく続き、
最終的には何と18-20までカウントが進む、文字通りの死闘となったのです。
辛くもカウントをものにしたミョンスン選手には、
残る2ゲームをもぎとるまでの体力が残されていませんでした。

頽れながらも戦い抜いたリ・ミョンスン選手の気迫と底力に、心から敬意を。
決して心折れぬ堂々たる闘いぶりを見せた伊藤美誠選手に、改めて驚異を。

昨日のドイツ戦の後もテンション上がって全然眠れなかったケド、
今夜もヤバいかも知れません。

ただただ、本当に凄かったcrying
決勝進出、おめでとう~~~~~crying

2016年2月22日 (月)

春近し誰も眠れぬ夜が来る (る)

四大陸選手権、男子の優勝はベテラン復活!パトリック・チャン(カナダ)!!!
演技直後、「この人!この人が優勝だよ!!!」って、
演技後のパトリックと同じ仕草で喜びを爆発させる私がいました・・・。

集中力MAX、美しい滑り、バネあるジャンプ、キレある動き。
生命の漲るような演技ひとつひとつに「うんっ!」「うんっ!!」と力強く拳を握り、
特にピシっと姿勢の決まったキャメルスピンにはただただ見惚れるばかり。

冬の水一枝の影も欺かず   中村草田男

という名句を思い出しましたよ・・・!weep
なんかね、美しいというより、ほんとに、「澄み切った」っていう感じだったの・・・。
パトリック・チャン選手も、第一線から1年の休養を経て戻ってきたんですよね。
ただただ、もう、ひたすらに凄い演技でした。
「でも、4回転4回飛んでるボーヤンが優勝なのかな」って思ってたから・・・
得点が出た時は本当にもう、shineshineshinehappy02shineshineshineでしたよ・・・!
本当に本当に良かったです。おめでとうございます!!!

2位にボーヤン・ジン(中国)ですね。
彼も凄かったんです・・・。
去年の演技を観た時は、どっちかというと振付のまま動いているような印象で、
「表現力なら宇野くんが上だよ!」って思って安心してたんですけど、
なんか・・・もしかして当時の私に見えていなかっただけなのか、
今回すっっごく表現が良かったんですcoldsweats02

男子三日会わざれば括目してみよ (出典:三国志演義)

日々鍛錬する人が居れば、
その人は3日も経つと見違える程成長しているものだと言う慣用句を思い出しました。
ボーヤン・ジン・・・恐ろしい子gawksweat02
ということは、世界選手権までにまたまた成長した姿を見せるかも???
ドキドキですーーーーーhappy02

3位は正統派男前ハン・ヤン選手(中国)!
今大会は特に、やたらカッコ良くてlovely
SPもFSも、プログラム的に「キャラに合ってないのでは」という思いは拭えないながら、
(「氷上のチベット犬」というフレーズが頭から離れない)
でも、だからこそ、技術の確かさ、巧さをヒシヒシと感じました・・・!
ロミオがあんなガッシリした「男」ではイメージ違う訳ですが、
主人公を演じているというより、「語り部」的な役割と捉えれば、
あの硬派で毅然とした佇まいが嵌るんですよね。
あーでも、「レッド・クリフ」とかで演技してくれないかしら~~~lovely
なんて思ってます・・・。


4位、宇野昌磨選手(日本)。
2本目の4回転が残念だったけど・・・
久々にあそこまで深いクリムキンイーグルが観られて超アガるup
ちっちゃい頃はもっと虹みたいだった記憶があるので・・・
Photo
(2009年)

Photo_2
(2015年)

オオ、画像を探したらあった!
そう、最近少し苦しいのかなって思い始めていたところだったので、
久々に深ーいのを観れて感動したんですlovely
宇野選手も、日々鍛錬たゆまざる男子なんですものねlovely
「次の世界選手権で良い演技が出来れば、
四大陸も(悔しさをバネに出来たという意味で)『いい大会だった』と思えるようになる」
みたいなことを言ってたかな。すごく立派だと思いました。
世界選手権、括目して見たいです!
そんな訳で、タイトル句は宇野昌磨選手のイメージで。
今夜も十分目が冴えちゃって延々記事書いてる訳ですがーーーーcoldsweats01

5位、無良崇人選手(日本)。
今大会で、SP・FSともに自己ベスト更新です!!!
男っぽいガッシリした、力強い演技が好きで、3Mと呼ばれてた頃から応援してます。
いつもジャンプで・・・ハガユイような思いだったけど、今大会は良かった!!!
厳密に言うとパーフェクトではなかった部分もなくはないけど、でも良かった!!!
特にFS「”O(オー)”」では、物語を感じさせる鈴木明子選手とはまったく別ものながら、
渾身の演技と言える内容に目が離せず、最初から最後まで素晴らしかったと思います。
終盤の心の琴線をかき鳴らすような音楽とリンクして、涙が出そうでした。
世界選手権は2枠で、出場叶わなかったので、ココ一番の演技だったんですよね。
良いイメージで、また次のシーズンに向かえるのではないでしょうか。
平昌オリンピックへの挑戦も見据えている無良選手、応援し続けます!!!

四大陸に夢中になってる間に、『現俳』『湯豆腐』ともに選句期間に突入しました。
ひぃーーーー私も頑張らないと!coldsweats02

2016年2月21日 (日)

ため息は頬のいろどり春の星 (る)

春の星(三春)
【解説】
春の宵に、潤むように見える星。
夏星の熱っぽさとも冬星の鋭さとも異なり、暖かさを感じさせる。
【子季語】春星、星朧


フィギュア四大陸選手権、女子は宮原知子選手(17歳)が初優勝!!!happy02
SP、FSともに抜群の安定感で、合計214.91のハイスコアを叩きだして、
世界で”勝てる”目標(215点)をほぼ達成して見せしましたlovely
SP「ファイアダンス」では妖艶さまで感じさせる表現力、
FS「ため息」ではしっとりと柔らかく大きな動き、完璧な演技に魅了されました。
演技の完成度からして、「17歳!?coldsweats02」ということに衝撃を受けるほど。
超努力家の宮原選手、これから更に磨きをかけていくに違いありません。
どうか怪我のないように、と願うのみです。

2位にアメリカの長洲未来選手(22歳)!!!
チャーミングな笑顔と、柔軟性に富む肉感的な肢体の躍動が魅力的な選手ですlovely
(インタビューも可愛い!)
Ⅰ字スピンの美しさは世界一かも知れないlovely
怪我やアクシデントに見舞われた試合も多かった中、今回はパーソナルベストを更新!
それでも演技後には「もっと出来た」といった渋い表情だったので、
平昌オリンピックへ向けて、これからどんどん上向いてきそうです。
笑顔の奥に不屈の精神を感じさせる・・・痺れる選手であります。

3位は本郷理華選手(19歳)happy02
今季のプログラム、本当に大好き!!
SP、FSともにワクワクさせてくれる振付で見せ場タップリだし、
どの大会で優勝してもおかしくないくらいのポテンシャルがあると思っています。
一見ツンとした美人顔なのに、喋るとホンワカ和み(脱力)系というギャップ萌えlovely
伸びやかな手足を生かしたダイナミックな演技は、世界の中でも独特の存在感。
まだちょっと粗削りな印象がまた魅力でもあるんですよね。
本郷理華選手のビビッドな演技、世界選手権でも楽しみにしています。

SP2位だった村上佳菜子選手は残念ながらFSが揮わず7位。
浅田真央選手が「世界選手権に集中したい」とのことで四大陸を辞退したのが15日、
急遽の参戦となった訳ですが、そんな時にSPで自己ベスト更新しちゃうあたりlovely
そしてSPとFSの両方が揃わないあたりweep、なんだかとっても「らしい」気がcoldsweats01
なんかちょっと「大人になった」雰囲気もビンビン感じるので、
やはり村上佳菜子選手にはいつでも要注意だな!!と思った次第です。

さて、今夜は男子フリー!
羽生結弦選手、ハビエル・フェルナンデス選手はいなくても、
十分豪華メンバーです!!!
中国のボーヤン・ジン選手を追う宇野昌磨選手・・・しっかり応援したいと思いますhappy02

2016年1月10日 (日)

◆NHK杯スペシャルエキシビション

先ほど、録画しておいた「NHK杯スペシャルエキシビション(第2部)」を観ました~~~!
超!嬉しかったのは鈴木明子元選手が、『O(オー)』の衣装で現れた時!!!
もう滑る前から感動で涙ぐんでしまいます。

春・・・小鳥のさえずりとともに、「今、目覚めたところ」。ぎこちない動きからスムーズに。
夏・・・飛ぶことにも慣れて、いろんな動きが出来るようになる。毎日が楽しくて仕方ない!
秋・・・風が冷たくなり、閉じ込められようとしますが、押しのけます。もっと飛んでいたい!
冬・・・胸を掻き毟られるような音楽の中、逆境の中でも羽ばたく、強く美しい姿。
春・・・明るい小鳥のさえずり。また春がめぐってきました。新しい1年が始まります。

このプログラムから浮かんでくるストーリーです。
鈴木明子さんが、とても好きなプログラムであり、
「NHK杯での『オー』が自身のベスト3に入る演技だった」
ということで、今回滑ることにされたそうです。
そうです、NHK杯の『オー』は完璧でした・・・。
このお正月も、年明けの一発目にYOU TUBEで映像を観て初涙を流したところ。
私自身、何か節目節目で美しい気持ちになりたい時に必ず見返す演技です。
(全日本の時の『オペラ座の怪人』も良い・・・!)

今回は、特に冬パート(と私が思っている部分)での澄み切った笑顔が美しくて、
本当に幸福な数分間でした・・・。
会場のお客様もスタンディングオベーションで、その姿にもまたウルウル。
鈴木明子さんの、これからの活躍を心から楽しみにしています。

荒川静香さんの『You Raise Me Up』も嬉しかった・・・そして美しかった!
ジャンプやスピンの技術面ももちろん評価されて然るべきですが、
フィギュアにおいてはやはり、その美しさこそが眼目であると、
だからこそ世界中の人がこの姿に拍手を贈るのだと、しみじみ感じた次第です。
美しさとしなやかさ、ますます成熟されている荒川静香さんにただただうっとり・・・でした。

それから、伝説のスケーター、フィリップ・キャンデロロ登場にもアガる!!!
長野オリンピック優勝、NHK杯は2連覇と、日本人にも馴染み深い選手ですよね。
43歳の今でもショーで滑ってらっしゃる現役というところが本ッ当に凄い・・・!
『ダルタニアン』の華やかな演技は健在で、本当に何度観ても飽きない名プログラム。
なんか、ヒュンヒュンしなる剣が見えるもの(≧ー≦)
そしてバク転もシッカリお決めになる!!カッチョいい!!!!
さすがに演技後は息が上がってらっしゃいましたが、そんな姿もチャーミングなのです。
最後に浅田舞ちゃんにキスしていたのも、さすがと言わざるを得ない(^^;;;

そしてそして、皇帝プルシェンコ!
ソチでの痛々しい姿が焼き付いていたので、華麗な滑りが観られて嬉しかった・・・。
ウィキを見ると、脊椎手術が成功し、平昌オリンピックも狙ってらっしゃるとか。
もしかして、ソチで叶わなかった結弦くんとの直接対決を望んでいるのかな~。
ソチで最も観たかった「世紀の対決」だったので、実現したら凄いことだと思っています。
結弦くんも、平昌で連覇して引退、という青写真を持っているとのことですし、
宇宙人同士のとんでもない試合になりそうで楽しみです。
なので、どうかその時をお互い万全で迎えられるようにと願います~~~。
出来ることなら、人類の財産として永久保存しておきたいくらいの二人ですもの・・・。

最後から2番目が真央ちゃんの『ジュピター』。
リベラボーイズ、仙台の子供たちと一緒に作り上げたプログラムで、
透明な祈りに満ちた、素晴らしい歌声そして構成、美しい滑りでした。
  命の限り 希望 胸に 未来への光 輝かせよう 輝かせよう
真央ちゃんが書いたという歌詞です。
全日本の時は引退も考えたという真央ちゃん・・・あの表情はやっぱり・・・(><)、
でも、今このプログラムを観て,真央ちゃん自身も「私も負けないように頑張る!」って、
気持ちを改めて感じているのではないかな、そんな光を感じました。

結弦くんもですが、滑りの中に感情がこもっていて、深く深く、心にしみいります。
録画を観る前は、「1時間半か~たっぷり観れるな♪」なんて思っていたのに、
気が付けば「えっもう?グランドフィナーレ???(@@;」というくらいに、
あっというまに至福の時は過ぎていったのでした・・・。

語彙と表現力が残念で申し訳なさすぎますが、本当に素晴らしかったです。
明日への活力を頂きました。有難うございました!!!



2016年1月 3日 (日)

極月や未踏の峰を超す男  (る)

昨年のクリスマス頃に行われた、フィギュア全日本選手権の録画を、
今頃になってようやく全部見終わりました。
リアルタイムでは、ちょうど夕飯の支度にとりかかったり夕飯食べたりで、
落ち着いてじっくり観る感じじゃなかったので、時間のある時にゆっくり観たかったんです。
全日本選手権は、キラキラした若手に出逢えたり、
逆に「これで引退」となる選手の演技があったり、
特別印象深いし、特別楽しみにしている試合。
今年は男子も女子も殊の外ドラマチックで、たくさんの選手が心に残っています。

中でも、男子は14歳の島田高志郎くん!!!
羽生選手のスタイルの良さと、宇野選手の可愛さを併せ持つ、凄い人材です。
伸びやかな手足を存分に活用しての、表現力たっぷりの演技に震えました。

それから女子では今シーズンは何と言っても本郷理華選手です。
鈴木明子振付による『キダム』が素晴らしくて、もう何回もコレばっかり観ています。
私が、フィギュアを観て初めて泣いたのが鈴木明子選手の『オー』を観た時で、
翡翠(かわせみ)をイメージした衣装も美しくて、音楽も素晴らしくて、
四季を表現しているのが、そのまま選手人生を彷彿させるようで、
もう、何回観ても泣けるのです・・・。
本郷理華選手を通じて、また鈴木明子の世界に触れられるのが嬉しく、
また本郷選手がその振付を「自分のモノ」として熟成させていく過程が頼もしく、
世界選手権が今からとても楽しみなのです。
宮本賢二振付のフリー『リバーダンス』も目が離せない素晴らしいプログラムですし、
ひょっとするとひょっとするかもとすら思っています。

2連覇の宮原知子選手は持ち前の美しいアウトラインと凛々しさに磨きがかかり、
豊かな表現力も手に入れて、初々しさと完成度の高さを併せ持って非常に魅力的です。
(エキシの『翼を下さい』がピッタリで大好き~~~!)
浅田真央選手の見せた底力も素晴らしかった!
フリーの『蝶々夫人』は真央ちゃんの儚げでたおやかな演技が超ハマってる!
味わいがあってベテランにしか出せないスケーティング、
軽やかでゆったりした動きを可能にする途轍もない強靭さ。
あのフワリと何気なく飛ぶトリプルジャンプ、
妖精のように可憐なアラベスクスパイラル、
Ⅰ字のように見えるY字バランス、世界一美しいと思っています。
今はまだ復帰直後で体にも心にも馴染みきっていない部分があるのでしょう。
フリーを終えた後の表情は切なすぎて、何とも言えない気持ちになりましたが、
世界選手権は是非とも透明な気持ちで迎えて欲しい・・・と願っています。
真央ちゃん、貴女は世界の誇りです(T^T)



そして世界の誇りと言えば、昨年のグランプリファイナルの羽生結弦選手!!!
この感動を書こうとすると、時間がいくらあっても足りないので割愛するとして(笑)、
彼の偉業を称えるには余りにも言葉足らずではありますが、
羽生くんから受けた感動を何とか句にしようと、
私なりに精一杯格闘した結果がタイトル欄にございます~~~(^^;

初めて『ロミオとジュリエット』を観た頃は、演技終盤には疲れを隠せなかった少年が、
今や「ザ・クライマックス!!!」とばかりに怒涛の畳み掛けを見せる立派な男に・・・。
本当に、最後のジャンプの後のステップシークェンスは神がかっていると思います。
彼の手足から音楽が振り撒かれているように見える『バラード1番』も素晴らしいですが、
『SEIMEI』のハイドロブレーディングからイナバウアーという流れが最高です。
たとえ何度暗雲が立ち込めようとも、俺がこの手で切り開く!
というような、高い精神性を感じさせる振付だと思います。
それにしても、神と言っていいのか鬼と言っていいのか(^^;
本当にこんな人が存在するのですねえ・・・。

アスリートではない普通の人々も、みんな何かと戦っています。
年末の忙しさの中で過去最高の何かを達成した・自分の限界を超えたという事例は、
決して珍しくないと思います。
頑張り切った皆さま、お疲れ様でした。
私はコレといって何も達成していないのですが・・・
12月19日から休みナシ、次の休日が7日(木)なので、それまで頑張ります!