最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

あかぼし俳句帖

2017年7月 9日 (日)

◆最終巻GETだぜーっ

発売日から結構たってしまいましたが、ようやく「あかぼし俳句帖」6巻を購入出来ましたshine
ネタバレ必至なので、ちょっと下げて書きますよ~~~。
読みたくない方はスルーして下さいねwink



要サンの奥さんが出て来た時は、まさか数話の後に完結するとは思えなかったのですが、
コミックスの「第二句」でスイちゃんが市ノ瀬クンとくっついちゃって・・・
いや、確かに市ノ瀬クン推しでしたけど!
「俳句はスイの一部だろ?」
「スイが感動した風景、俺も見たい」

なんて言ってもらった日にゃー、そりゃー

夏の風こころが歌を歌ふから   水村翠

なんだろーよチクショウチクショウっcrying
その時、明星サンは!
スーパーでたくさんの季語に囲まれ、幸せそうにビールを買い込んでましたーうわ~!
・・・まあ、明星サンのことは置いといて(えっ?coldsweats01
今回の白眉は、なんといっても要サンの変化ですよね~~~!!!
奥さんが現れた時は、今までにない怖い展開になりそうで・・・
21pの奥さま「どアップ&セリフ」には心底怖気を感じたものでした。
(昔の句を見られるなんて、恐怖以外の何ものでもない、ヒィイイイ!!!)
(中高生の頃に書いた漫画も、全部燃やしてしまいたい!!グワアアアア)
(日記や、日記も全部燃やすんや!!!)

ハアハア。
すみません、もう大丈夫ですcoldsweats01
まあ、そんな、奥さんとの仲もうまくいってない要サンなんですが、
白帆先生が・・・恐らく「見抜いて欲しい」と思っていた部分に触れて・・・
この「鎌倉本部」と「武蔵野支部」の合同句会の夜を境に変わり始めます。

その句が詩として美しく、
あるいは快く、あるいは力強ければ、
細かいことはいいのです。
区分けもどうでもいい。
無季でも破調でも、字余り字足らず下六でも。
大事なのは、揺さぶられるかどうか。


と、胸を軽く叩く白帆先生。

人は、一人残らず違う心を持っているからね。
それゆえ人間は分かり合うのが難しい。

私が俺が、と主張しているうちはね。
だから共通感覚の季語に語らせる。
自分は無になる。
それが俳句だと僕は思っています。


この時、空を見上げながら語る白帆先生の後ろにいるみんな、
みんなも同じように夜空を見上げています。
まだ届かぬ、遙か高みを見るように・・・。
その下のコマ、うっとりと目線を下げるスイちゃん、
まっすぐ白帆先生の背中を見つめる明星サン、
酔った様子もなく「何か」を受け止めているふうの要サン。
三者三様の在り方が非常に示唆的です。

ここからは、ちょっとバタバタと「まとめ」に入った感で、
遊佐くんは、スランプに陥ったよつゆサンを励ましに行って、
どうやらこっちもまとまったよう。
要サンは心臓発作で倒れて、奥さんの態度も軟化します。
そして明星サンは・・・

青野原今日生まれたのかも知れぬ  明星啓吾

吟行句が初めての会誌掲載句となり、しかも「今月の推薦句」の一番手に!
「あいつは今、忙しい時間だな・・・」
その喜びを伝えようと、真っ先に浮かんだのは夕方忙しい「あいつ」!
その後にスイちゃんや遊佐くん、帆風の面々。
・・・そうです、明星サン、お里さんといい感じなのです~~~!!!
これまで、要所要所で明星サンを励ます言動を繰り返してきたものね・・・
良かった、私、お里さん推しだったから!!お里さん、良かったね!!!

ときときと盃満つや春近し   明星啓吾

最終ページ、お里さんにお酌された日本酒を、旨そうに飲み干す明星サン。
案の定、お里さんも「楽しそうで」と歳時記を購入しておりましたsmile
これからの明星サンの俳句ライフも益々豊かになっていくに違いありませんshine

ああ、もっともっと読みたかったなあ・・・
遊佐くんとお父さんの「美味しんぼ」的展開も見たかったし・・・
要サンの奥さんのサスペンス展開も見てみたかった・・・sadsweat01


それにしても、不思議な因縁(?)のある作品でした。
私が「ようし俳句始めるぞぉ!」と決意した頃に連載が始まって、
私が俳句ポストに投句を始めた頃、明星サンも句会に入って、
私が「蜂」で初めて地選を頂いたのとほぼ同時に、明星サンも句報に載って。
白帆先生の言葉も、まさに当時の私に直接語り掛けてくれているように感じられたのです。
こんな不思議な巡り合わせも、俳句の神様の粋な計らいだったのでしょうか。

こんなにも愛すべき作品を送り出してくれた作者(原作:有間しのぶ/作画:奥山直)に感謝です!

2017年4月 2日 (日)

◆「あかぼし俳句帖」5巻GETしました

「没句祭り」の途中で、一回記事が飛んでしまい、気持ちを落ち着けるために本屋へ。
『NHK俳句』テキストのお取り置きをお願いしている、自宅から10分ほどのところです。
ありましたありました、良かったこっちはまだ売り切れてなかったhappy02
表紙は、よつゆサンheart04
はっきりモノを言う、気持ちのいいキャラクターです。
5巻では、遊佐くんの俳号命名秘話、
スイちゃんと明星サンのプチ喧嘩、
スイちゃん&明星サンと3人での吟行、
明星サン俳句に開眼―――が展開しますshine
そんな中、グっと心に沁みるセリフがいろいろと。
以下、ネタバレしますので、読みたくない方はパスしてね!wink









よつゆサンという強烈なキャラクラーによって心乱されていたスイちゃんでしたが、
吟行の後の句会で、よつゆサンが言った言葉に自分を取り戻します。

―――スイの句は、毒や外連に逃げない、凛とした句柄なんだね。

ページをめくると、スイちゃんの蕩けるような嬉しそうな笑顔shine
そして、この後、明星サンが「初心者質問」として「季重ね」について説明を求めます。

夏畑や蕃茄の玻璃と茄子の瑠璃    水村翠
「スイの句は、『夏畑や』で切ってるでしょ?
 この句で生きている主題は『夏畑』ですよってことなの。
 トマトと茄子は羅列されてるだけ」
とうきびは青年の髭薄暑光        杖谷よつゆ
「よつゆの句は『薄暑光』で止めてある。代替え出来ない主語となる季語が明確。
 言いたいことは下五、ということです。これなら季重ねになりません」
翻って明星サンが指摘された句は
白菜に葱にうどんに古馴染み      明星啓吾
「これは『白菜』も『葱』も並列で、更に『うどん』も『古馴染み』も同格だったでしょう?」

おぉーーーーなるほど分かり易い!
これもシッカリ頭に入れて、またいつか採用して頂ける句を書けたらと思います。
「渡り漁夫」のおかげで、
最初から「季重なり」で作ろう・・・と言葉を探すのではなく、
兼題のことを考えていたら自然と「こういうこともあるだろうなあ」という、
想像の中で違和感なく出て来てくれるものを素直に詠むのが第一歩目と感じました。
つまり、何よりも大切なのは、「季語の中に入ること」ですよね。
少し、扉が開いてきた気がしています・・・あくまでも「気」だけですがcoldsweats01

しかーし!明星サンの開眼はホンモノでした!
吟行地で、草原に佇んだ明星サンが感じた
「目覚めて立ち上がって来る感覚・・・・・・・・・」
青野原今日生まれたのかも知れぬ   明星啓吾
この句は、スイちゃん&よつゆサンの心にも響き、2人からの特選に輝いたのでしたshine
そして、その後の「吟行・夜の部」では、蛍を見て、三人が句を繋ぎます。
よつゆ「星消えて」
明星「ひとつ蛍が」
スイ「残りけり・・・」
・・・素敵ですshineheart04shine

ああ、でも本誌では次回が最終回なんですよねweep
ミョ~に畳みに来てるな~~~と感じていたけど、早すぎるようーーーcrying
うううーーーcrying
最終巻となる第6巻は、6月末の発売とのこと。
終わって欲しくないので複雑ですが、やっぱり待ち遠しいです、楽しみですcrying

2017年2月22日 (水)

◆今週の「あかぼし俳句帖」(訂正あり)

スイちゃん、よつゆさんとの吟行を終えて、新章に突入している「あかぼし俳句帖」。
慇懃部長相手の攻防(?)中心に描かれています。
ネタバレなので、「見たくな~~~い!」という方は飛ばして下さいねcoldsweats01










まずは気になるスイちゃん恋愛事情から。
市ノ瀬くん推しの私に朗報きました!!
スイちゃんの「俳句好き」を全面的に受け入れ、理解している市ノ瀬くんの言動が、
ついにスイちゃんの心を捕らえます。
3巻でのフラグ(市ノ瀬くん→スイちゃんへのメール)から4巻のバレンタイン回を経て、
昨年12月5日発売の24号では

夏の風心が歌を歌ふ時    水村翠

と腕を組んで、そんでそんで、ついに!

こいびとになってくださいますか吽(うん)  大西泰世

を使っての、スイちゃんからの告白来ましたーーーーウオオオオオ良かったーーーcrying
やったね市ノ瀬くん、ついに通じたよぉおおおおおーーー!crying
そして明星サンも、これはきっとお里さんとうまくいくフラグに違いないシーンが。
私ねえ、お里さんも実はこっそり俳句作っていると思うなheart04
明星サンと付き合うことになったりした時に、サラっとすっごく素敵な句を披露してくれそう。
(そして明星サンが衝撃を受ける予想shinecatfaceshine

おっと本題だ!
慇懃部長がやってくれたんですよーーーーー!
明星サンの所属する鎌倉支部と、慇懃部長の武蔵野支部での合同句会の時に、
車種を詠みこんだ一句が、あまり一般的でないということで評価されなくて、
(明星サンは車好きだから、「ヤツの句だ」と分かっていても選句していました)
慇懃部長の繰り出した手が、車内広告eyeshine
それも、季語を冬のものに替えての連作で、CMも大評判shine
これがチョット伏線がありまして、
合同句会の時に、慇懃部長が「ヤツの句だな」と明星サンの句に注目して、
スマホにメモ取るんですよね。
同僚が明星サンのコラムに好感を持っていたので、何かの参考に・・・と。
しかし、自分の句が手直しを要求されたことで、火がついたようです。
句会向きではなかったかも知れないけど、広告としてなら強力な武器になる!
自分の句への愛情と矜持を感じて、凄くカッコいい・・・!と思いました。

新緑の脚線美乗せカブリオレ   要大輔

広告では季語が「小春日」に替わっていますが、
やっぱり原句の方が鮮やかで爽やかで好きだなshinehappy02shine

これに真っ青になったのは明星サンの上司・津田部長。
以前「コラムに俳句を入れたらどうか(by明星サン)」という案を一蹴していたのです。
ライバル社に先にやられた以上、二番煎じは出来ない・・・。
んむむむむ、どうする津田部長?coldsweats02impact

そして、慇懃部長・要大輔は家庭に問題がなきにしもあらずなんですよねえ。
奥さまとの仲がうまくいってなくて・・・。
要サンは奥さまに認められたくて頑張ってきたのに、全然報われてる感じしなくて。
俳句初心者の頃の作品なんか、ものすごく可愛くてビックリしたんですけど、
それからとんでもなく上達されているんですね。
きっと、奥さまに認めて欲しくて、努力したんだなあweep
でも、報われないからどんどん意固地になっていっちゃったのかなあweep

そう思うと要サンも、もはや悪役ではなくって、応援したい一人になってしまいました。
合同句会の打ち上げで、白帆先生も「貴方は繊細な人だ」的なことを仰ってましたし、
(本当に、白帆先生の一言一言って、なんでこんなに感動的なんだろう)
今後の要サンにも大注目です。

最後に、お騒がせ・よつゆさんが「もう俳句出来ない~」とスランプの様子?
どうなる次号、待て次号!!happy02

2016年9月 3日 (土)

◆4巻GETだぜー(≧▽≦)ノ

半月に一度の休日happy02up
10時になるのを待って「あかぼし俳句帖」、4巻を購入してきました~!
読みながら、ライブで感想を書きつけていきますheart04
ネタバレ必至ですので、まだ未読の方(ネタバレいやんな方)は読み飛ばして下さいsweat01






俳句結社「帆風」の忘年会を前に、市ノ瀬くんとの会話を思い出しているスイちゃん。
クリスマスも年末年始も会えないというのに、
「まぁ仕方ないよね」とサラっと流すスイちゃんに寂しげな市ノ瀬くん。
スイちゃんがノートに書きつけて消した一句は・・・

恋心育ちきらずに小晦日(こつごもり)

ああ、佳い句ぢゃないですか~crying
消してしまうなんて市ノ瀬くん可哀想すぎるぞおおおcrying
そんなこととはつゆ知らない我らが明星サン、鎌倉の忘年会会場に到着です。
ほほう、「帆風」の忘年会は「和食処 瑞穂」とな。
白帆先生の名前と韻を踏んでて粋ですなcatface
そして早速、白帆先生の乾杯の挨拶に感動してしまう私。
あ、目から汗が(ノ_;)

さて、忘年会の冒頭で、明星サン含む3名が新規入会者として紹介されます。
その時の3人目の、長~い話(自慢含む)に辟易して章一さんが詠んだ句、最高happy02
内輪で盛り上がったところに現れたその男・要大輔氏、
明星サンが見覚え有ると思っていたら、ライバル会社の要職の方でしたshock
ここらへんのプチいざこざも楽しいのですが、
やはり、明星サンの発言から引き出された、白帆先生の語る「脱・初心者の極意」bearingshine
本誌で初めて読んだ時、ちょうど私もどうしても表現しきれない思いと格闘していた時で、
物凄く沁みて、しばらく心から離れませんでした。

たとえその時は敗れても、ずっと句帖にとっておいて、いつかリベンジするのです。
今すぐでなくていい。私は待ちますから。(ニコッ)

最後のこの言葉まで読んだ時、ブルブル震えていたことを思い出します。
コミックスでまとめて読んだ今も、アツい塊が胸に上がってきますshinebearingshine
この忘年会回、文法の話があったり、遊佐くんが注意されたり、
市ノ瀬くんからのメールにスイちゃんの心が動いたり、
黒い章一さんに出逢えたり(笑)、
ほんとに濃いぃ~くて大好きです。
節々に明星サンの成長が感じられるところがまた良くて、
「赤星さん、また”お里句会”もしましょうね」
とスイちゃんが微笑みかけて二人が笑いながら帰っていく後姿、ホントに素敵lovely

と、ここで一区切りですね。
忘年会の後は「新章突入」という感じで、新展開shine
明星サンが、風邪に苦しむ中、「うどんすき」の句との格闘に決着をつけ、
遊佐くんの過去話、現在の交友関係(よつゆさん登場!)。
この、よつゆさんという女性キャラがまた強烈で、
押されに押されるスイちゃん、「誰かに似てる・・・!」と明星サンの顔を思い出しますhappy02
台風のような存在ですが、よつゆさんがいろんな意味でかき回してくれそうで、
今後の展開がググっと楽しみになりましたshineshineshine

最後に載ってる津田部長の「父の日に」という読み切りもほのぼのしてGOODnotes
次巻の発売予定は11月末頃とか・・・すでに待ち遠しいですッッッ!!!happy02

2016年7月23日 (土)

◆今週の「あかぼし俳句帖」

あ”あ”あ”~~~!shock

遊佐くんたちとの吟行を終え、穏やかならぬ心持ちのスイちゃん、
ついつい明星サンにキツい一言を放ってしまいました・・・!

「つまらないのはどうしようもないかも」


きっ、きつい。これはキツイbearingsweat02sweat02sweat02


なんかもう、根本的に一番きつい言葉だと思うbearingsweat02sweat02sweat02


スイちゃんを「女神」と慕う明星サンには、どれだけショックか・・・。


でも、明星サン!!!
成長に必要なのは、何よりも「悔しさ」が一番だと私は思っています。
誰かの言葉に傷ついたなら、
いつか、その人に採ってもらえるような句を作ること、これしかないと思っています。

私も、そう思っている人が一人いて、
残念ながらまだその方に採ってもらったことはないんだけど、
その方と同じ句を選句している、ということは増えてきました。
その人が「佳い」と思っている句が、私にとってピンと来ないものばかりなら、
到底無理だと思うんですけれど、
同じ句を「佳い」と思っているのなら、可能性はありますよね!!!


ガンバレ明星サン!!!
私もガンバル!!!shinebearingshine


そして、言った方(スイちゃん)も傷ついています。
ですが、吟行の席で言われたように
「毒をもって毒を制することが出来ない人」
だったスイちゃんも、もしかすると今回の件がきっかけで一皮剥けるかも?


漫画なので、絶対「雨降って地固まる」展開なハズなので、
二人の仲直りを読んで早く安心したいですbearingsweat01sweat01sweat01

2016年6月 4日 (土)

◆「あかぼし俳句帖」3巻

ちょっと「ぽかっ」と時間が空いたので、「あかぼし俳句帖」3巻の感想を。

鎌倉での吟行句、皆さんの一句一句の選評が始まり、
作者や鑑賞者の意見の出し合いの中で、
より良い(伝わりやすい)「表現」を見つけていきます。
白帆先生の
「ひとりの句はみんなの句。
みんなで言い合って、良い一句になって、作者の手に帰るんですよ」

という言葉が温かいです。
職場ではビシバシ言いすぎて「会社の中は敵だらけ」になったという明星サンも、
「真剣に、その句のために。
それを忘れなければ大丈夫だ!!」

と意を決し、ここまでの自分の蓄積の中から、しっかりと意見を発し、場に参加します。
これが、OL時代はPOPを描いていた私としても、なかなかアツい展開でして、
遊佐くんとの、「激論!オノマトペ」読んでいてとても面白かったです。
きゃらきゃら笑うスイちゃんを見て、思わず遊佐くんまで「ぶゆぶゆ」とか言い出すしcatface
ここで遊佐くん→スイちゃんのフラグがちょっぴり立ったかと思えば、
スイちゃん一人吟行の回では、スイちゃん→遊佐くんのフラグも・・・?
しかし、市ノ瀬くんの存在感も、急上昇したハズだ!
市ノ瀬くんオススメの司馬遼太郎『新選組血風禄』に夢中のスイちゃん!
おーっと、そこで明星サンから藤沢周平キターーーー!盛り上がってるぞーーーッcoldsweats02impact

本を置き星降るやうに話したよ  水村翠

この日の帰り道、スイちゃんの胸に浮かんだこの一句、とっても好きだなあーーーshine

そして3巻の【第六句】~【第八句】、お里さん絡みのエピソード完全収録。
お里さんが「大丈夫よ」とカオルちゃんに言うひとコマの胸に迫ること・・・!
お里さん→明星サン、そして明星サン→お里さんも有り得る、
いや明星サンにはお里さんだろ!!!と強く感じたシーンでした。
いや、お里さん本当に佳い女shinebearingshine

そんな3巻の最後は、明星サン見上げる雪の夜、

降る雪やここに酒売る灯をかかげ  鈴木真砂女

この名句とともに美しく静かに閉じられるのでした。

でっ。今夏発売予定の4巻には、慇懃部長が登場します。うひぃ~coldsweats01
俳句結社「帆風」の忘年会、中身が濃いくて勉強になったんですよね~。
夏か~もうすぐじゃないか!happy02

それと、今週号では、また強烈なキャラ(女)が登場しましたよ・・・coldsweats02impact
いやもう、面白くなる一方です、「あかぼし俳句帖」。

2016年5月 5日 (木)

◆今週の「あかぼし俳句帖」

明星サンのエッセイが好評な様子で、HPでの連載が決定!
手応えを感じる明星サン、
句会でもはりきりますが、こちらでは撃沈・・・。
遊佐くんの句を前にして「さすがだな」、
また遊佐くんと並ぶスイちゃんを見て、「お似合いだなぁ」。
素直に受け入れているあたりに、大きな心境の変化が感じられます。
明星サン、進化の時・・・!
と思いきや、ズボンと格闘する姿が可愛くて、カッコ良くなりきれなさがナイスですhappy02

新展開は、いよいよ伊豆行きの日程が決まってスイちゃん・・・ではなく遊佐くんに!coldsweats02
以前いた句会で同人までいっていたのに、退会して「帆風」に来たんですよね。
何があったんだろう・・・って気にはなってたんですが・・・。
うーん、どんどん面白くなってきますね、『あかぼし俳句帖」catface

今月末には待望の3巻が発売されます。
明星さんVS遊佐くん、
そして私の大好きなお里さんのエピソード。
本誌の方では、読めたり読めなかったりしている部分なので、
まとめて読めるのが楽しみで仕方ありませんshine

2016年4月23日 (土)

◆古馴染み締めの雑炊まで囲む (明星啓吾)

今週の「ビッグコミックオリジナル」!
明星サンがやりました!!!

原句:この仲でまた囲もうやうどんすき

「うどんすき」が季語でないと知って、
白帆先生から「うどんすき」に替わる季語を見つけて下さい、と課題を与えられました。
ちょうど私も同じころ、「春竜胆」の句を何とか自分の中にあるイメージに近づけようと、
四苦八苦していたんですよねえ・・・。
本当に、私、赤星サンと一緒に歩んでいるんだねえ・・・。

しかーーーし、赤星サンは私を飛び越して成長してしまいましたcoldsweats02impact

推敲句:古馴染み締めの雑炊まで囲む 

赤星サンが苦吟の末に見つけた、辿り着いた季語は「雑炊」。
「うどんすき」という言葉から離れながら、「最後に雑炊を食べた」ということで、
「うどんすきを食べた」ということも詠めている―――。
使った言葉のひとつひとつを検証しながら、明星サンが手応えを感じる流れに、
軽く肌が粟立つ感じまで受けましたよ・・・!bearingshine

白帆先生の仰った通り、原句を一度バラバラにして作り直した、格闘して作り上げた、
赤星サンにとって、記念すべき一句となったのではないでしょうか。
あー私の単純な予想が大ハズレして恥ずかしいbearingsign04
こんなことでは・・・赤星サンに追いつけないわっsweat01

一方、スイちゃんにはまた新たな展開が?
遊佐くんから伊豆旅行(吟行)に誘われて、大きな刺激を受けそうなんです。
市之瀬くんを脅かす新キャラが登場するのか、
遊佐くんの存在がスイちゃんの中で膨らんでくるのか?

私はね~、明星サンはお里さんとくっつくといいなと思ってるよ~~~catface
スイちゃんは・・・私は市之瀬くん(顔が好みlovely)がいいと思うけどな~~~catface

とにかく、どんどんと濃くなっていく『あかぼし俳句帖』、これからも要チェック。
カテゴリーも新設したので、心置きなく書いていきたいです!happy02dash