最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

一日一句

2017年2月21日 (火)

銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ

ふ~~~、現在「渡り漁夫」は12句を投句・・・。
まだうまくまとまってない句がいろいろとあるけど、
ここらでチョット気分転換したいと思いますcoldsweats01

Photo_3

ようやく神経衰弱でブーツをGET出来たんです~~~、
しかもボア付きlovely
次は「あったかコート」かな?coldsweats01

・・・って、違う違う!coldsweats02impact
やるのは「一日一句」の方でした!

2月22日の季語は「木の芽」。

◆季語解説

何の木かを問わず、春の木の芽のことをいう。
読み方は「このめ」「きのめ」どちらでもいいが、
山椒の芽を「きのめ」と呼んで、ほかの木の芽と区別することがある。
「霞立ち木の芽もはるの雪降れば花なき里も花ぞ散りける(紀貫之)のように、
古くは「木の芽張る」を「春」と掛けて詠むことが多かった。

◆例句(『575筆まか勢』『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

がうがうと欅芽ぶけり風の中         石田波郷
デッサンのはじめの斜線木の芽張る    うまきいつこ
子に教へ自らも噛む木の芽かな       松本清張
あけぼのの木の芽しづかに雫せり      桂信子
いつか手を芽ぶきたる木に掛けゐたり    山口誓子
くちびるを尖らすまでに木の芽寒       上田五千石
ほぐれんとしてたくましき木の芽かな     山口青邨

◆3バージョンチャレンジ

上五:木々の芽を揺らしてロードバイクかな
中七:銀輪の木の芽揺らして過ぎにけり
下五:銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ

・・・あっ、『一句一遊』に投句出来そうなの思いつきましたflair
良かった、いい気分転換になったshinehappy02shine

そして今日はちゃんと0時前に更新出来ました、
明日も頑張りま~~~すっchickchickchick

蕗味噌や訃報の小さき囲み記事

2月20日(月)の季語は「蕗味噌」です。
・・・えっ、もう「昨日」になっちゃってますか?shock

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

蕗の薹を入れた舐め味噌のこと。
顔を出したばかりの硬い蕗の薹を茹でて水にさらして灰汁を抜き、
刻んで砂糖や味醂を加えた味噌で練り上げる。
子どもの頃、あまりの苦さに毒かと思った記憶がある。
苦味が酒肴に合い、早春の食卓に揃えたくなる一品である。

蕗味噌の適う小器晩年や    文挟夫佐恵
蕗味噌に夜もざんざんと山の雨 鷲谷七奈子
蕗味噌や山は一夜の雪被り   田中裕明

◆例句(「575筆まか勢」より抜粋)

蕗味噌の焦げ弟の忌と思ふ 角野良生
蕗味噌や夫逝きてわれ死に易き 武居 愛
蕗味噌や音に近づく山の雨 森澄雄

Photo

画像は「赤酒.com」より

◆3バージョンチャレンジ

上五:蕗味噌や訃報の小さき囲み記事
中七:訃報ひとつ蕗味噌に顔しかめたり
下五:訃報記事たたみて箸を蕗味噌へ

ゆうべ寝る前に「ハッflair」と思いついて携帯に打ち込んだ句が
「蕗味噌やグレン・フライの訃報聞き」
でした。イーグルスを結成した当初からの中心メンバーの1人で、
昨年亡くなってしまったんですよね
あ”~~~~懐かしい!「Doolin-Dalton」とか大好きですよ・・・!!!
「Take It Easy」「Tequila Sunrise」「Desperado」「Lyin' Eyes」「After the Thrill Is Gone」
などは時々カラオケで歌うこともweep

羽生結弦選手、次期ショートプログラムに「呪われた夜」使ってくれないかなぁweep

2017年2月19日 (日)

青饅や緑一色の好きなひと

う~~~ん、なかなか継続が難しいshock
けど、出来る時だけでもやっていかないとですよねsweat01
さて、「2017季語付スケジュール帳」2月19日(日)の季語は「青饅(あおぬた)」!

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

子季語:葱ぬた

胡葱(あさつき)など緑の野菜を茹でて酢味噌で和えたもの。
赤貝や浅蜊の剥き身など、魚介と混ぜることがあるほか、
酢味噌に木の芽(山椒の芽)を加えることもある。
鮮やかな緑が見た目にも春らしい。

月うるむ青饅これを忘るまじ     石田波郷
青饅や家路の果てに家はあり    友岡子郷

◆例句(『575筆まか勢:青饅』『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

夢さめてただ青ぬたの古草廬 飯田蛇笏
青饅やときには酒をつがれもし 鈴木真砂女
青饅や尼僧に似たる翁僧 森澄雄
青ぬたやかためにたきし昼の飯 片山鶏頭子
青饅や箸枕とて魯山人 上田五千石
青饅や新居に古き皿小鉢 松倉ゆずる
青饅や母の好みは父好み 丸山美智子
青饅や雨ともならず夜の曇り 大野林火

Photo

livedoorNEWS「ネギワールドへようこそ」より


◆3バージョンチャレンジ

上五:青饅や緑一色の好きなひと
中七:緑一色和了りて青饅の小鉢
下五:緑一色和了り地酒と青饅と

緑一色(リューイーソー)とは、麻雀における役のひとつ。役満。二索 三索 四索 六索 八索 發だけを使って和了ったときに成立する。副露してもよい。その名が示す通り、手牌すべてを緑色で統一した和了形である。(Wikipediaより)

「緑一色」好きですheart04
「青」と「緑」、近すぎるかも知れませんが、今夜はコレで勘弁して下さいcoldsweats01
3バージョンの中では、上五バージョンがスッキリしているかなと。
中七、下五だと和了ったことになっていますが、
上五だけ、なんかまだ和了ってない感が漂っている気がするよね(笑)coldsweats01



ところで、子季語「葱ぬた」ということで、「葱」の句もつらつら見ていたら、
このページで、こんな記載に出逢いました。

「俳句ですか。うまくなるわけないよ。うまい人は初めからうまいの。
長くやってるからってうまくはならないの。達者になるだけよ。
(中略)これからの私は下手でいいから自分に正直な句を作ろうと考えています。
ところが、これが難しいんだよね」。

よおっくわかります。呵呵。『友あり駄句あり三十年』(1999)所載。(八木忠栄)

あああ、「うまい人は初めからうまい」分かります・・・!crying
なんか・・・持って生まれたセンスとか・・・七色の感受性よね。
ううっ、でも、私も、私らしい句を目指すんだもんcrying
誰か一人だけでも、「スゴイ分かります!!!」って握手してくれるような、
そんな句になったら嬉しいと思っています・・・。

2017年2月16日 (木)

春の波春の埠頭に寄せてをり

◆季語解説(「日本の歳時記(小学館)より)

「春の波」
穏やかに浜に打ち寄せる波も、間遠に音をたててひそかにたたむ湖の波も、
桃や桜の花びらを浮かべて流れる川面の波も、みな春の波である。
時には荒れた海からざわめき寄せる春濤もあるが、それさえ冬の厳しさ、荒々しさはない。
春の波頭には光が籠もり、波音はのんびりと繰り返し、岸辺は明るく暖かい。

その上へまた一枚の春の波     深見けん二
わが死後を書けば必ず春怒濤    寺山修司
春の浪舸子舵取はみな立てり    山口誓子

「舵取(かんどり)」の「かん」は、本当は「木」へんに「揖」の右側なのですが、PCになく、
意味が同じとのことで「舵」を当てています)


「春の波」と言えば!
連想するのはオーティス・レディングの「Dock of the Baynotes
歌詞の中に季節は出て来ませんが、たゆたうようなリズムが春っぽい気がしますし、
何より内容が実に「春の海終日のたりのたり哉(与謝蕪村)」っぽいlovely
あーーーーー名曲だなあ・・・このままずっと聴いていたい・・・・・・・・shine
そんな訳で、今回はバージョンチャレンジなしの「そのまんま」です。


・・・ハッ!聴き惚れている間に日付変わってたーーーcoldsweats02impact(こんなんばっかりsweat01

2017年2月14日 (火)

愛の日のホットケーキにチョコソース

子どもに、あくまで↓のようなイメージで作ったことがあるんですけど・・・
Photo

画像はコチラより。フライング・スコッツマンのチョコ&チップのホットケーキlovely

自分でも撃沈したのは分かりまして・・・
「おかあ。もうこういうの作らんでエエからな。俺、チョコそんな好きちゃうしshineconfidentshine
と子供が優しく微笑んで食べてくれたことを思い出しますcrying


◆季語解説(「日本の歳時記(小学館)」より

「バレンタインの日」子季語バレンタインデー

2月14日。キリスト教徒の聖人バレンタインの記念日。
聖バレンタインは270年ごろに殉教したローマの司教。
この殉教の日の2月14日を「愛の日」と定めたもので、
恋人たちがカードや贈り物を交わす日となった。
日本では、女性が意中の男性に愛を打ち明ける日として、
チョコレートを贈ることが盛んに行われている。

毒舌は健在バレンタインデー                     古賀まり子
バレンタインデー積もらぬ雪の降りにけり  角川春樹
大いなる義理とて愛のチョコレート       堀口星眠

◆その他の例句(バレンタインの日『575筆まか勢』バレンタインデー『575筆まか勢』より抜粋)

ハムの紐ほどきてバレンタインの日      高見岳子
バレンタインの日は老人でありにけり      多田薙石
何事もおこらずバレンタインの日            原田清正
バレンタインデー外套着せて貰ひけり     松山足羽
バレンタインデー青畝日記は記録なし     阿波野青畝
人参をうさぎにバレンタインデー        星野麥丘人
秘めごととならざるバレンタインチョコ      稲畑汀子

◆3バージョンチャレンジ

上五:愛の日のホットケーキにチョコソース
中七:チョコソース愛の日のホットケーキかな
下五:チョコかけるホットケーキよ愛の日よ

う~ん、素直なのが一番マシっぽいですかねcoldsweats01


追記
季語「愛日(冬の季語)」と混同していたので、修正していますshock

山焼や項に虹なう焼き屋真弥

やまやきやうなじににじなうやきやまや

今日の季語も「山焼」だったので、月曜でもあることですし、回文に挑戦してみました。
えーーーと・・・中八ですねshock
プリズムが当たっているのか、大きめのイヤリング(虹色)が項に揺れているのか、
いずれにしろ、焼き屋の真弥さんはきっと噂の美人に違いないhappy02

・・・う~~~~しかし回文ってホント難しい!!
亜阿介さま、糖尿猫さま、小市さま、マジリスペクトshine
投句をしっかり読んで、勉強させて頂きます・・・。


・・・あ”!日付変わってるじゃないcoldsweats02impact

2017年2月12日 (日)

刺繍糸金銀白あを春の鳥

久しぶりに「一日一句」です。
過去記事を見ると、1月15日から始めて、18日で更新が止まっていました。
4日しか続かなかったのかよcoldsweats02impact

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

春に見かける鳥たちのことをいう。
雪や氷が解け、枯れ一色だった野山のところどころに芽吹きの緑が目立ち始め、
それらはやがて花を咲かせる。
そして、その蜜を求めて昆虫などが集まると、
さらにはそれを餌に鶯、雲雀、燕など数多くの鳥がやってくる。
この季節が繁殖期にあたるため、求愛行動などの囀りも盛んになる。

わが墓を止まり木とせよ春の鳥    中村苑子
重たくて影捨てて飛ぶ春の鳥     八田木枯

子季語:春禽(しゅんきん)

◆その他の例句(「575筆まか勢」より抜粋)

ふかぶかと遺影にねむる春の鳥            飯田龍太
ドルメンの火焚きしあとに春の鳥           下村槐太
一羽飛び一羽後追ふ春の鵙                右城暮石
千囀の緒につく寺の春の禽                 上田五千石
大山に一泊二日春の鳶                       星野麥丘人
天草やあまりに高き春の鳶                  松崎鉄之介
手をたれて春鳥をきく山の上                森澄雄
春にちひさな穴あけて鳥消えにけり       平井照敏
春の鳶寄りわかれては高みつつ           飯田龍太
春よぶ鳥方三尺を縄張りに                  角川源義

◆参考記事

・「春の鳥」国木田独歩(青空文庫)「六」は「からす」になったのかしらweep
・「春の野鳥
・「素敵な春の鳥」壁紙ダウンロードサイト
Photo(「素敵な春の鳥」より、多分オオルリ?)
「ことりのさえずり
・「ミシン内蔵ステッチ」エクシードキルトスペシャル・・・!617種類・・・だと?coldsweats02impact

◆3バージョン挑戦

季語上五:春の鳥刺繍の金糸銀糸かな
季語中七:金銀の刺繍や春の鳥来たる
季語下五:刺繍糸金銀白あを春の鳥

う~ん、目がチラチラするdespairsweat01
「刺繍」「キルト」などは、いつか活かしたいと思っているのですけれど・・・。

2017年1月18日 (水)

湖や妻いる人といて真鴨

ふ~~~、今日こそヤバいかもしれません。
日付変更まであと30分crying

◆季語解説

真鴨、小鴨、尾長鴨、嘴広鴨、鈴鴨など、多くの種類がある。
(中略)
鴨が飛来するといよいよ冬。
その肉は美味なため、古くから好まれ、狩猟の対象ともなる。

◆例句

虚子の鴨立子の鴨と見て立ちぬ    波多野爽波
水底を見てきた顔の小鴨かな      丈草
湖を鴨で埋めたる夜あけかな      士郎
海に鴨発砲直前かも知れず       山口誓子
鴨群るるさみしき鴨をまた加へ      大野林火
かかへきて鴨や市場の端に売る     小池文子

magamo
画像は「ソバヤコム」さんより



鴨と言えばですね。
結婚前に好きだった、勤め先の別の部署のマネージャーさんが鴨にソックリでlovely
よく似顔絵を描いて遊んでいたものです、ああ楽しかったcoldsweats01


湖の鴨を妻いる人と見る

中七バージョン:妻のいる人と鴨見ている湖(字余り)
下五バージョン:湖や妻いる人といて真鴨


奥さんがまた素敵な方だったんですよねえshine
お家の焼肉に呼んでもらった時、あんまり素敵な方だったので、
マネージャーよりも奥さんの方を好きになってしまって、
恋心にはマンホールみたいな重い重い蓋をしたのでした。
私が結婚して退職する時、マネージャーがオルゴールをくれたのですが、
その曲がミュージカル「キャッツ」の「メモリー」、
選んでくれたのが奥さまなんですってweep

多分、この時が私の青春だったんじゃないのかなーーー。


オッ、危ない!!日付が変わる前に更新だ!

イエーーーーイ間に合ったぜ!happy02up

2017年1月17日 (火)

炭焼いて河童の話屁の話

17日の季語は「炭焼」coldsweats02impact
クイズでは、「炭焼」と言えば「カルボナーラ!」ですが、
俳句だとどんな感じなんでしょうか。
これまた初めての季語なので、いつも通り調べていきたいと思います。


◆季語解説(「日本の歳時記(冬・新年)/小学館」より)

「炭焼」
炭焼く、炭負、炭焼夫、炭馬、炭車

木材を焼いて木炭を作ること。
または、その仕事に従事する人。
明治以降、暖房や煮炊きのために炭を利用することが多くなり、
山間の農家で冬季の兼業として広まったが、
その後石炭や石油、ガスなどにとって代わられた。
しかし今では、炭の価値が見直され、燃料としてだけでなく、脱臭剤としても利用されている。

炭焼の顔洗ひ居る流れかな     内藤鳴雪
山刀伐の深雪の中に炭を焼く    阿波野青畝
青空はどこへも逃げぬ炭を焼く   平畑静塔

◆その他の例句(「575筆まか勢」「俳句データベース(小林一茶)」より

きのこ図鑑蘭図鑑置き炭を焼く       茨木和生
愚の如く魯の如き僧炭を焼く        能仁鹿村
炭を焼くたゞそれのみのたつきかな    和田南星
ラムプ消す星か炭焼く峯の灯か            及川貞
炭焼の妻のちひさき鏡かな                  船山
老しづかおのが炭焼く音の中               皆吉爽雨
宇治を人にしれとや炭をやく                 小林一茶

炭焼小屋

炭焼小屋。「遠野ふるさと村」より


炭焼いて河童の話屁の話

中七バージョン:訥々と炭焼く夫の語りかな
下五バージョン:河童やら屁の話して炭焼く夜(リズム感イマイチsweat01

おっ?これは・・・中七バージョンちょっと佳い感じ?いや、イカニモ感?coldsweats01

2017年1月16日 (月)

寒海苔やひらがな二字の料理店

2017季語付スケジュール帳、16日の季語は「寒海苔」です。

◆季語解説

・きごさい
「新海苔」
冬から、春にかけて採れる海苔のこと。
荒波の襲いかかる磯で、岩海苔などを採取するのは骨の折れる作業である。
採れてすぐ干した海苔は、やわらかく際立って香りがよい。 

flair子季語
初海苔/寒海苔

flair例句
寒海苔や五日便りの文の奥     紫暁  

・日本の歳時記(冬・新年)小学館
「新海苔」
海苔漁は晩冬から初春にかけて行われる。
11月から12月頃の早い時期に先がけて採れるのが「新海苔」。
早く作った海苔は、香りも強く、色も良く、焼海苔、味付海苔、佃煮などに加工される。

flair子季語
「初海苔」

flair例句
新海苔の艶はなやげる封を切る   久保田万太郎

◆例句(「575筆まか勢」「山本海苔店俳句庵」より抜粋)

新海苔と筆太に書き日本橋      吉沢ひさ子
新海苔の封切る前に香りけり     船坂ちか子
新海苔や夜は町川を埋めて舟    皆吉爽雨
新海苔や降り出す雪の佃島      皆川盤水
寒海苔の漆光りをたたみけり     新村喜和子

天然岩海苔 寒のり

ほのぼの本舗」より


.寒海苔やひらがな二字の料理店

中七バージョン:美也といふ新海苔炙る女将の名
下五バージョン:料理屋はひらがな二文字寒の海苔(寒そうな店になっちゃう?eyesweat01
          カウンターのみの鮓店寒の海苔(頑固親父がいそうhappy01


おーーーーーっとギリギリセーーーーーフcoldsweats01
今日のところはこれでひとつcoldsweats01sweat02sweat02sweat02

より以前の記事一覧