最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

俳句チャンネル

2018年11月 6日 (火)

◆「種採り」の聞き書きで~す!

今治五七五『俳句チャンネル』ー!
めぐるのへちょい聞き書き始まるよ~~~っup
今日のパーソナリティさんは、Gさん、だりあさん、みかりさんのお三方。
オープニングナンバーは「冬が来る前に(紙ふうせん)」懐かしい・・・lovely

===再放送は水曜22時から!コチラで楽しいお喋りをお楽しみください!===

◆種採るや乾ききりたる空の藍  富山の露玉
notesこれまさに気持ちのいい種採りをしている・・・「天高し」の空が見えてきますね。この藍は綺麗ですねshine

◆種採りや種握る手に雨の粒    ゆすらご
notes雨が降ったら種採りマズいよね。ということは、すでに採った種は絶対に濡らさないぞと。採った種を入れておく缶なんかにも乾燥剤入れたりといったことが見えてきました。

◆新品種候補のシャーレに種を採る  蜂喰擬
notes試験場とかでしょうかね。種採りは秋の草花の種を採るんだけど、何代くらい続けたら確定するんでしょうか。よく(この発想を)持って来られましたね。

◆学校の種採りを待つ鉢の列  青海也緒
notes鉢の列に一人一人の子どもの姿が重なって、希望が見えてくるような句と思いました。「早く採ってくれないとこぼれ種になるよ」という句かもと思ったけど、だりあさんの読みが素敵shine      

◆種採や持ち手欠けたるコップ持ち 砂山恵子
notes家庭の花壇でしょうね。持ち手が欠けてもコップを使っている。何年もやってるベテランでしょうね。欠けてる部分がクローズアップで見えてくる。   

◆種採や合格通知待つ間    桂奈
notes分かりますね、ジリジリして待ってるんですね。その間に種採りしようかなあと。最後は「間」じゃなくて何か名詞を持ってきた方が臨場感というか、句が引き締まりそう。      

◆廃校を控え種採る子らの爪  佐東亜阿介
notes「爪」まではどうかな。「子ら」の姿でいいと思う。工夫したつもりでしょうけど・・・。 「廃校」と「無人駅」は掃いて捨てるほどあるから・・・。   

◆妣採りし種入りたるやぽち袋    比良山
notes「入りたる」だと種が自分の意思で入っていくかのよう。「入れたる」の方が自然ですね。「ぽち袋」いいですね、小ささが。   

◆種採つて学習机見に行かう  司啓
notes昔「トリスを飲んでハワイへ行こう」というCMが(笑)。これ「種採りや」で切ってあったら好きだったんだけど惜しいな~。           
 
◆種取や古新聞に花便り     花南天
notes取り合わせの句。「花便り」を見て、来年この種も・・・と期待したり、希望があっていいですね。

◆種採や孫のままごと用バケツ  かつたろー。
notesこれよう分かるね。大きなバケツじゃアレだから、ちょっと拝借して。よくある場面ですねshine     

◆種採りや短歌 俳句に現代詩   ぐずみ
notesごちゃごちゃしとるねえ。こんだけやればどれかひとつはモノになるでしょう、実るでしょうという願いの籠もった句かも。     

◆母ちゃんは相槌じょうず種を採る  小川めぐる
notesいいよね、子どももいろんなことをお話する。父ちゃんを上手に使って種を採らせてるのかも(笑)。解釈の仕方で読み手の家庭の人間模様、実情が出ますね(笑)。   

◆たましひの重さ眠れる種を採る  みなと
notesこの草花にも魂が眠っているんだよと。なかなか哲学的な句と思いました。

◆種採りや鳥の飛び立ちそうながく   そうま(11才)
notes「がく」が平仮名で・・・絵の額かなと思ったんだけど、花の萼ですねshine凄いね、そういうところまで見てshine 

◆種採りて似顔絵入りの封筒へ  アン
notes似顔絵が想像を膨らませますねheart04
            

◆種採や息細くして殻飛ばす  あいむ李景
notesすごくよく見える。口のとんがってるとこまで見える。省略の利いた句。よく観察している。      

◆ゴザひろげ祖母と孫とが種を採る 己心
notesいい日和の景ですね。

◆神話より続く家系図種を採る  立志
notesこれは系譜でしょうね。植物図鑑ではないでしょうし。歴史があるんだよと。
               

◆晴れ三日朝顔の種採り尽くす               彩楓
notesどんなにたくさんあっても三日あれば採り尽くせそうですね。

◆種採つてしがらみ消えし支柱かな  のんしゃらん
notes種も採ったし、綺麗さっぱり?スッキリはしたけどちょっと寂しいような、何か余韻が残る。麻紐みたいなんも取る、それが(支柱にとっての)しがらみかも知れませんね。    

◆種採って落とした種のそれっきり 抹茶金魚
notes気持ちいいねえ。採ったつもりでもよう落とすよ。採り出す前から落ちる場合もあるし。落ちたらそこで出とる。すごく零れます、ちっちゃいのがねcoldsweats01

お待ちかね、【天】の発表です。
G「今日はたくさんいい句があってびっくりしたんですが、あいむ李景さんの」
だりあ「その句も好きなんですけど、『がく』にびっくりして、そうまくんの」
みかり「そうですね、花南天さんのも良かったんですけど、私も『がく』まで見たそうまくん」
ということで、多数決で

【天】種採りや鳥の飛び立ちそうながく   そうま(11才)

に決定しました!!そうまくん、おめでとう!!!

===再放送は水曜22時から!コチラで楽しいお喋りをお楽しみください!===

flair番組フェイスブックからのお知らせflair

今募集中の兼題は11月11日(日)〆切りで「鴨」と「えのき茸」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

なお、句には「 」や★などつけずに、そのままお書きください。
俳号は句の後ろに二文字分くらい空けて書いて頂ければ、とのことです。

例:山羊の角ほどの秋思を光らせる  夏井いつき

皆さん、よろしくお願いいたします!!!さよ~なら~~~papershine

2018年10月30日 (火)

◆「濁り酒」聞き書きでーーすっ

今治五七五『俳句チャンネル』ーーー!
めぐるのへちょい聞き書き始まるよ~~~っ!
今週のパーソナリティさんは、Gさん、賀茂鶴さん、まりんさんのお三方です。

===再放送は水曜22時から!コチラで楽しいお喋りをお楽しみください!===

◆濁り酒白川郷の堅豆腐     富山の露玉
notes岐阜県の白川郷ですね。囲炉裏のとこで濁り酒ちびりちびりと。俳号の読み方が分からないので、読み仮名をよろしくお願いしま~~すcoldsweats01    

◆濁り酒写真の夫(つま)と乾杯す  子犬    
notesご主人は濁り酒が好みだったのかしら。濁り酒もらったか買ったか、まずは写真の夫と乾杯と。やさしいね、子犬さん。

◆濁り酒先祖の墓は丘の上   かつたろー。
notesいいですね。丘の上のお墓にお酒を持っていって。風景を透かしながら濁り酒を飲むと。かっこいいね。       

◆濁り酒通ふる彼が好きだつた  砂山恵子
notes「通ふる」と書いてあるけど、多分「通ぶる」だろうね。あの頃は、背伸びして能書き言いたがるアイツが好きだったのよね。今のお父さんには悪いけど、って。

◆濁り酒注ぐ手先まで酔っており  甘平
notesちょっとガタガタするので、「まで」と言わずとも、「注(そそぐ)ぐ手先の」でいいんじゃないかな。手先のしなやかさまで見えて来る。ご一考ください。    

◆濁り酒句会ライヴの夜の吐息  佐東亜阿介
notes「句会ライブ」だけじゃなしに、「ライヴの夜の吐息かな」とした方が広がりがあるかな。「句会ライブ」で「吐息」というと、「ため息」みたいな残念なイメージも・・・。     

◆濁り酒楽しみ方は無限大  まさにいさん
notesそれだと、どのお酒でも・・・。濁り酒に限ってのことをひとつふたつ言って欲しいかな。そのあたりご一考ください。       

◆裏背戸に荒海迫る濁り酒                みなと
notes「裏背戸」って、「裏口」のことなのね。崖っぷちというか、裏がすぐ海のところ。荒れた海の音がゴンゴン迫ってくる。

◆どぶろくや革命語るバリケード 比良山
notesそういう時代の匂い、ちょっと嗅いだことがある。安い酒をあおりながら天下国家を語り合っているような。久しぶりに「バリケード」聞いた。お上手ですね。景が浮かぶし。「人」じゃなくて「バリケード」がいい。     

◆泣いているような電球にごり酒  花南天
notes 消えそうでチカチカしてるのかな。電球自体が涙の形してるし。         

◆婿と夜な夜な酌み交わす濁り酒  青海也緒
notesちゃんと十七音になっているんだけど、調べがギクシャクしているので、上五「濁り酒」から始めると落ち着いていいんじゃないかな。ご一考ください。    

◆介護する心は幾つ濁り酒   ゆすらご
notes心を込めて介護することもあれば、時には苛立つことも・・・揺れ動く心かな。       

◆どぶろくの洒落た小瓶の通気孔   あいむ李景
notes発酵するから、空気抜きのために穴開けてるのよね。よく見てるね。 マッコリなんかでも穴開いてるのあるね。  

◆玉杓子にて奉る濁り酒   霞山旅
notesお酒ってもともと神事に関わるものだったから。神さまに供える、ご先祖さまに供える、それから皆で飲む・・・その恭しい感じを出してますね。       

◆飲み助の口髭白し濁り酒  立志 
notes口ひげに濁り酒の白いのがついたんだろうか。そういうことにしとこ。      

◆ドクドクとどぶろくをつぐコップ酒  己心
notesお上手ですね。音の濁り方がどぶろくっぽいですね。注いでいるさまも見えます。 

◆古漬は婆の形見や濁り酒   小川めぐる
notes婆が亡くなってしばらくたって、「こんなところに残っとったわ」って。この味、濁り酒に合うんよなあ・・・と。      

◆化石からは読めぬこころや濁酒   のんしゃらん
notesちょっと分からないんです・・・化石からは色も分からないっていうしね。もう少しヒントくださいcoldsweats01   

◆税務署の裏手の店や濁り酒  ぐずみ
notes作る時は酒税法の関係でお上に届け出ないといけないんだけど・・・ちょっと隠れて密かに飲む感じ。ヒヤヒヤしてなお一層美味しい、みたいな。

◆夜を走り山賊てふ店濁り酒  彩楓
notes「夜を走り」って、そんなに飲みたかったんですかね?これも面白い句ですね。       

◆濁り酒父の画集の黄ばみかな  桂奈
notes誰かの画集かと思ったけど、お父さんご本人の画集かも。ヌードの絵もあって、「昔は恥ずかしかったけど今見るといいわ」なんて。 

さて今週の【天】の句は・・・
Gはあいむ李景さん、賀茂鶴さん・まりんさんが桂奈さん推しで決定しました!!

【天】濁り酒父の画集の黄ばみかな  桂奈

おめでとうーーーー桂奈さん!!!
「黄ばみ」が妙に新鮮。逆に新鮮な感じがしたと、のことです。
比良山さんの「バリケード」も惜しいところまで行ってました!!
まりんさんは砂山恵子さんの句にも胸キュンしたそうで、かなりの接戦だった模様です。
いやあーーー本当に粒ぞろいで聴きごたえありましたshine
ますます充実の『俳句チャンネル』、来週も楽しみです!!!


===再放送は水曜22時から!コチラで楽しいお喋りをお楽しみください!===    

flair番組フェイスブックよりお知らせflair
今募集中の兼題は11月11日(日)〆切りで「鴨」と「えのき茸」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com、FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

2018年10月24日 (水)

◆「十月」の聞き書きです

今治五七五『俳句チャンネル』ーーー!shine
めぐるのへちょい聞き書き始まるよ~~~っ!
タイムリーな沢田研二の曲「危険なふたり」で始まりましたねえ、いやホント佳いお声。
You tubeで昔の映像観ると、「こんなカッコ良かったんやーeyeshine」と驚きます・・・。
本日のパーソナリティさんはお馴染みのGさん、賀茂鶴さん、まりんさんのお三方です。

・・・再放送は水曜22時よりコチラから!詳しいコメント、軽妙なお喋りをお楽しみください・・・

・◆をちこちに引っ掛かるもの十月の庭   あいむ李景
notes多分、台風の後かなあ。庭の木なんかに見覚えのないものがあると。「をちこち」というと、もっと広~い感じがするけど、李景さんちの庭は広いんだよ! 

◆十月の入江の色の移ろへり  富山の露玉      
notesこの間までの夏の色と変わってきたと。私は好きな句です。最も秋らしい時期なので、「十月」でなければという句がいいですね。秋の深まった入り江の色ですねshine

◆10月の風白髪頭を撫でてゆき   子犬
notes非常に気持ちのいい風だと。 年を取った人にも十月の風は優しいんだと。   

◆十月を着てランウェイのボブカット 蜂喰擬
notesモデルさんが歩くあの。「十月を着て」だから秋の装いになって。ボブカットがさらさらさら揺れて。華やかでもあり軽~い爽やかな感じがする。「十月を着」るという表現がいいね。    

◆十月や鯉の影にも餌を投げて  霞山旅
notes「餌(え)を投げて」かな。これは助詞「を」を省いた方が。「餌(えさ)投げて」でいいかな。景もよく浮かぶし。     

◆十月の農夫うたた寝する木陰  小川めぐる
notesあ~秋らしいですね。収穫の後でしょうね。忙しく働いていた農夫が、十月の爽やかな空気の中でうたた寝をしていると。周りの色も感じられるような句だと思います。      

◆十月や野菜売り場の地味になり かつたろー。
notes確かに秋になったらいろんな野菜出ますけど、確かに夏野菜が終わって地味にはなりますね。言ってることはよく分かる。      

◆十月を編む子規庵や音の闇  佐東亜阿介
notes「音の闇」というと黒岩重吾の小説にもありますし、ドラマ「オレンジデイズ」なども片耳聴こえない主人公。「十月を編む」という言葉の使い方もいいし、「音の闇」新鮮な感じがするし、ちょっとカッコいいなと思いました。       

◆十月やゆるりゆるりと去勢猫  みなと
notes痛そう・・・。痛いんだねsweat01      

◆十月やひやかすだけの古物店   砂山恵子
notes季節が変わると前の季節の商品が安くなってたりしてね。古物店でどういうものが売られているのか分かりませんけど、ときめきを思い出しますね。     

◆十月の大人めきたる女学生   比良山
notesわあG好み(笑)。彼氏出来たんかな?応援してるよ!      

◆十月の影に寂しさかくれんぼ    甘平
notes心象的かな?イメージの似た言葉が並んで、「十月」が飲み込んでくれて違和感はないかな。    

◆十月の風流れ出すカーラジオ  青海也緒
notes曲が変わるんでしょうね。夏とは違う。なるほどね、分かりました!      

◆子らのマーチ十月の雲並んでる            花南天
notes可愛いですね!「十月の雲」で「鰯雲」や「羊雲」を思わせるところがまたお上手ですね。決してキチっとは並んでない、雲らしい。

◆フェラガモの「見えない靴」よ十月は   
notes「見えない靴」が鍵カッコでくくってあるんですよね。履いてないけど、履いてるつもりなのかな?ここが分かりませんでした。  

◆十月のカフェを賢治とすごしをり  立志
notes宮沢賢治ですね。「読書してました」とかじゃなくて「すごし」がいいですね。「賢治」というだけで「秋」のイメージありますね。読書の秋にもひっかけてるよね。    

◆十月の星賑やかな山の村       ゆすらご
notes「十月」でなければならないか?というところ。    

◆鉢わつて始まる十月のドラマ   のんしゃらん
notes新番組始まりますからね。第一回目でそういうシーンで始まるドラマがあったんでしょうね。     

◆十月のカットグラスの透きとほる   彩楓
notes何故「十月」でなければならないか?もうひとつ欲しいかな。   

◆十月の旅や自撮りのフォトブック  桂奈
notesフォトブックを後で見ているとなると、「十月」の鮮度が・・・。時間経過があやふやなのがもったいないですね。

今週の【天】は、Gさんから露玉さんの1句に一票、立志さんに2票入り、スムーズに決定!!

【天】十月のカフェを賢治とすごしをり  立志

立志さん、2週連続の【天】おめでとうございます!!
宮沢賢治、ほんとに秋になったら読みたくなりますよねえconfident
お手本にしたいお見事な「をり」の句、勉強になりました、ありがとうございます!!!


・・・再放送は水曜22時よりコチラから!詳しいコメント、軽妙なお喋りをお楽しみください・・・   

flair番組フェイスブックよりflair

今募集中の兼題は10月28日(日)〆切りで「種採り」と「冬北斗」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com、FAX番号は0898-33-0789 
本名と住所もお書き添えください。

2018年10月16日 (火)

◆「色鳥」の聞き書きでーす!

今治五七五『俳句チャンネル』ーーー!!!
めぐるのへちょい聞き書き始まるよーっhappy02
番組ではもっとたくさんの楽しいお喋り(舌戦?)が繰り広げられています、
再放送は水曜22時!
皆さん、是非コチラで聴いてくださいね!!

◆池の面(も)や色鳥影を残しゆき   子犬 
notes綺麗な句だね!周りを樹で囲まれたような、かなりの池だと思うよ。 飛び去った後も頭の中に映像(影)が残ってる。類想あるかも分からんけど、凄い句だよ。   

◆三行の読書日記や色鳥来 彩楓
notes「読書日記」が利いてますよね。普段の日記がわりになっているのかな。綺麗な取り合わせshine

◆色鳥の仕草や京の女坂   佐東亜阿介
notes「女坂」は好きなんだけどね。神社や仏閣にお詣りする時の参道にある坂だと思うんだけど・・・「京の女坂」が漠然としていて。「雨の」とか、情報が欲しいね。         

◆色鳥や未だ馴染まぬ帰国子女  凡鑽
notes「色鳥」も渡ってくる鳥だから・・・もともといた鳥の中で気を使いながら?「馴染めぬ」じゃなくて「馴染まぬ」なんだね。うん「まぬ」がいいかな。       

◆色鳥や自由に紡ぐさをり織  かつたろー。
notes綺麗な織物のようだけど、「紡ぐ」ではないかな。ここちょっと考えてみてください。       

◆色鳥や森に絵の具を二三滴  甘平
notesもしかして森の画を描いていて、「色鳥」が見えたから色をちょっと加えてみたとか?        

◆シャンパンの泡きらきらと色鳥来  桂奈   
notesこれも綺麗だね。爽やかな感じ。チャバチャバした感じが「色鳥」と合う。  

◆色鳥や八ミリ映写機の笑顔                  花南天
notes機械の音がリズミカルに響くんで、これを「映写機の笑顔」と表現しとると(解釈しました)。

◆色鳥や今日も味噌汁こしらえて  はるかん
notes繋がりが分からなかったんだけど、今日も趣向を凝らして・・・色の綺麗な具材を使って・・・とかかな?      

◆色鳥やしこりを溶かす空青し        ゆすらご
notes大きい景を詠んでいるんじゃないかな?それなら最後に「色鳥来」にするといいかも。これだと空の方に重きがいくのでもったいないな、語順考えてみてください。    

◆色鳥や干されゆらめきたるシーツ 青海也緒
notesいいお天気なんでしょうね。気持ちいいと思います、風も吹いて。白いシーツに色鳥が影を落として。

◆色鳥や隣の庭に長居して 比良山
notesこれは・・・「色鳥」が長居してたのかな。自分も見てたんだ。自分も案外隣の庭に居たのかもよ?楽しい句ですね。

◆色鳥や景を補色にしてをりぬ   司啓
notesカメラマンの句かな?と思いました。 そういう写真見たことある気がする。  

◆色鳥や古き校舎に子等の声 砂山恵子
notes取り合わせは素敵だと思うんだけど・・・「子等の声」がありふれてるかな?もっと違うものを持ってくるか、さま(具体的な様子)を描くほうが。

◆色鳥とパンを分け合ふ鰥夫(やもめ)かな   のんしゃらん
notes寂しいなcoldsweats01パン分け合うのが鳥しかいない?

◆色鳥や人に背広といふ安堵  霞山旅
notesこれも面白い句ですよね!背広を脱いだらなんか不安なのかな。背広を着ることでその人の価値が出て来るのかも。色の対照もいいよね。        

◆色鳥や机に隠す金平糖 ぐずみ
notesカラフルだね!なんで「隠す」んだろ。糖尿?coldsweats01「金平糖」だからいいよね、ヘンなもの隠してたら(見つかった時)死ぬに死ねんよ。可愛らしい句ですよね。いろんな景が浮かぶ。

◆色鳥の去り水墨画めく山河   立志
notes句跨りの感じですけど。落葉樹の中に「色鳥」が来た時は花が咲いたようだったと。その鳥が去ってしまって、景もモノトーンになってしもうて。それだけ鳥が鮮やかだったと。       

◆色鳥を迎へしづかな御神木   小川めぐる
notes「御神木」というのは神社にあって、自然のままにされてるのよね。ということは、この御神木よりも周りの木の方へ鳥が来て。御神木自体は静かで。     

そして、今回の【天】は・・・
G「凡鑽さんのもいいけど、今日は子犬さん!」
まごべ「霞山旅さんのも好きやったんやけど、Gの読みで立志さんの句が」
まりん「私は逆に霞山旅さんの句が。じゃあジャンケンで・・・」
???「あー勝ったーー!!!」
ということで!!

【天】色鳥の去り水墨画めく山河  立志

立志さん、復帰後の【天】おめでとうございます!!
「色鳥が来て華やぐ、去ると寂しい」というこころが、季語をリスペクトしていますね。
翻って私の句だと、「何で色鳥が来ているのに『しづか』?」ってなるんですねsweat01
穏やかに包んでいるイメージを出すには、もっと別な表現があるんだわsweat01
それか「ささめく」でも良かったかも知れない。
ああっ、私の語彙が残念すぎる!!森で、森で修行します!!shock

それにしてもなんだかこの頃ジャンケンが多い気がする・・・
それだけ皆さん素敵な句が多いということですよねshine
次週も楽しみですupupup


flair番組フェイスブックよりflair

今募集中の兼題は10月28日(日)〆切りで「種採り」と「冬北斗」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com、FAX番号は0898-33-0789、
本名と住所もお書き添えください。

皆さんのご参加お待ちしております!!shinehappy01shine

2018年10月10日 (水)

◆「冷やか」の聞き書きです

「365歩のマーチ(水前寺清子)」と共に始まりました、
今治五七五『俳句チャンネル』~~~!
めぐるのへちょい聞き書きコーナー始まるよ~~~っhappy02upupup
今回のパーソナリティさんは、Gさん・まごべさん・まりんさんの3名ですheart04
兼題は「冷やか」、これは秋が深まって空気が冷たくなった感じを詠むも良し、
心情として冷やかな感じを詠んでも良し、ということです。

(聞き書きですので、表記違いがあったらお知らせください)


◆冷ややかや手術終へたる子犬抱き  子犬
notes可愛いね、これ。不安だったと思うけど、無事終わって良かったですね。子犬はあったかいんだけど、傷口を見ると冷やかというかゾクっとするような、そういうこともあるのかな。

◆冷やかやにうなじ立てたる産毛かな  はるかん
notesこれ「うなじ」は立てられないよ、おかしいよ。「うなじに」だったら分かるけど。「うなじ立てたる」だと産毛がうなじを立ててるように読めちゃうから。

◆冷ややかな参道を這う太鼓の音 佐東亜阿介
notes神社への参道ですね。非常に省略の利いた佳い句だと思います。最後を「ね」と読めば五音だけど、「太鼓」なので「おと」と読みたい。ここちょっと考えてみてください。

◆一人寝の足の冷やかなる愉快  花南天
notes人生達観しとるねえ。足の方から秋が忍び寄ってきたなあ、これも愉快愉快と。一休さんのような心境かな。楽しいね。

◆自転車を漕ぐ足元や冷やかに 甘平
notesこの人も「足元」で感じてますね。やっぱり冷えは足からcoldsweats01いい感じです。しっかり部位を言ってるところがいいね。

◆増毛富士台座の海の冴ゆるなり  みなと
notes全国8割以上の人が知ってるような地名ならいいけど、地元の人しか知らないようなところは難しいよ。地元の句会だったら入選するかもだけど。

◆冷ややかや祖母の手鏡曇りをり  桂奈
notes古い箪笥とか引出し開けたら、おばあちゃんの手鏡出て来たよと。そしたらちょっと曇ってて。その冷たさと冷やかを繋いだのかな。ちょっと懐かしさも感じるような。

◆冷ややかな子の水筒に残るお茶  青海也緒
notesあんまり暑くなくなってきたから、全部飲むこともなくなってお茶も残ってるんだなと。ちょっと説明っぽい気はするけど、よく分かりますね。いいお母さんだな。

◆冷ややかや指紋認証拒まれて   司啓
notes「冷やか」に合わせるなら、「拒まれる」と思い切って言い切った方が句として生きるんじゃないかと。せっかく面白い取り合わせをしているので、ご一考してみてください。

◆冷ややかや弱きボンネットの反射  かつたろー。
notesこのまま読むと、「弱きボンネット」なんですよね。反射する光が弱くなってきたと言いたいと思うので、語順を考え直してみてください。せっかくの句材なので。

◆冷ややかや老化で済ます老名医  比良山
notes本人はもう大変な病気かと思うんだけど、お医者さんからしたらそうでもないと。この句面白いと思うよ。「年のせいよ」とか言われたらね、病名つけてよってcoldsweats01

◆冷ややかや歯科のタイルの剥がれをり  ゆすらご
notes古い歯医者さん・・・こんなとこで治療受けて大丈夫かなと。機械も古いんかなって不安になるよね。痛いぞ、とsweat02

◆冷ややかやプラスチックの偽歯の顎  のんしゃらん
notes最初分からなかったんだけど・・・よく置いてあるよね、サンプルみたいなのが!それを見たらゾクっとするかも知れない!面白い句だね!

◆冷ややかに殺菌灯の明滅す  蜂喰擬
notesつい最近ノーベル賞の発表があったせいか、すぐに実験室の青白い殺菌灯が浮かびました。シャーレとかあってね。いいですね。

◆冷ややかにアパートの鍵突きさしぬ  霞山旅
notesマンションじゃなくアパートってところに、ちょっと古い感じもあって、そこに「突き刺しぬ」というところまで丁寧に描写して。寂しさもあるよね。

◆冷ややかや通夜の窓辺のオルゴオル  彩楓
notesこれもお上手ですね。通夜の窓辺にオルゴールが置いてあって。時々開けたりしているのかな。なかなかお上手だと思いました。

◆秋冷の机に日本国憲法  ぐずみ
notesこれ面白いね、司法試験でも受けるのかしら?日本国憲法の不安感もあるよね。

◆朝冷えやビニール纏ふ新聞紙  立志
notes雨の時にするね、ビニール。そしたらこの季語ちょっと合いにくいかも知れないね。


そして!「上を向いて歩こう(坂本九)」の後に【天】の発表です!!
Gさんは亜阿介さん推し、まごべさん&まりんさんが彩楓さん推しで決定しました!!

【天】冷ややかや通夜の窓辺のオルゴオル  彩楓
まごべ「オルゴオルがいいですよねえ、音の澄み切ったような」
まりん「私も蜂喰擬さんの句と迷ったんですが・・・『窓辺のオルゴオル』に参った!」


彩楓さん、おめでとうございます!!
初登場初天、素晴らしい!!
しっとりと心に寄り添うようなオルゴオル。
夜の冷やかさの中で、悲しみが澄み切った結晶になってゆくかのようです。
個人的な好みで表記を「オルゴオル」にしていますが、違っていたらお知らせください、
すぐに修正させて頂きます!!


そして番組からのお知らせがあります。
句は、
flair原則一句勝負!一句選ぶのも勉強です。迷った時は「質問コーナー」へ。
flair鍵カッコに入れず、句の後ろに俳号を書いてください
とのことです。
今募集中の兼題は10月14日(日)〆切りで「十月」と「濁り酒」。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

聞き書きは楽しいお喋りのごく一部ですので、
皆さん是非、水曜22時からの再放送をコチラでお楽しみくださいね!!
よろしくお願いいたしま~~~す!!


おまけ
「冷し麦」の時のイラストが届きました!
キムさん、有難う~~~!!!shinehappy02shine
またもらえるように頑張ります!!!
Photo_2

2018年10月 3日 (水)

◆「無花果」聞き書きです。

今治五七五『俳句チャンネル』~~~!
30分番組となって気合も新た、たっぷり楽しみましょう!!!
今回のパーソナリティはGさん、だりあさん、みかりさんの3人ですshine
私の聞き書きではお伝え出来ないニュアンス、軽妙なお喋りもたっぷり。
皆さん是非水曜日22時からの再放送をお聞きくださいねwink


◆初もぎの無花果2つ曽孫待つ  子犬
notes曽孫すごい!幸せそうな顔が浮かびます。数詞も利いていますね。     

◆無花果にかぶりつきたる内弁慶 甘平
notes「内弁慶」がくる意外性。オリジナリティーがあると思います。    

◆無花果は見た目も味もグロテスク   たかみゆうすけ
notesこれよく見てるよ。熟れすぎるとダランとなって、虫がきたり。目が利いてる。 

◆口裂け女は無花果を好むらし 蜂喰擬
notes以前話題になった「口裂け女」。口が大きかったら食べやすいかしら。     

◆無花果の凝縮したる夜明け前 佐東亜阿介
notesこれも良く出来てる。夜の間に甘みが凝縮するからね。     

◆リヤカ-に無花果を食む母のあり
notes思い出の一場面かなーと思いました。ヨイトマケの歌を思い出す。

◆また転んだの無花果の木の下で 桂奈
notes「林檎」だとロマンチックなんだけど、「無花果」だと大変sweat01

◆無花果や通じに良しと父諭し 比良山
notes私も「無花果」は腸の薬って言って食べてる。「し~し」の脚韻も踏んでさすがです。     

◆「ばればれよ」妻はナイフでいちじくを  司啓
notesコワイよこれcoldsweats01何がバレバレって分かってるよね(笑)「無花果」が似合ってますね!

◆記念日に無花果タルト頂戴ね  青海也緒  
notes美味しいよね、無花果タルト。結婚記念日かな?美味しく食べてくださいshine  

◆指先で割いて無花果子の口へ ゆすらご
notes見えてきますねshine無花果ってかぶれやすいから、小さくしてポンと。いいと思います。

◆無花果をもぎつつ猫と話しをり 花南天
notesこれ、果樹園のじゃなくて、庭の無花果でしょうね。猫語のわかる作者と人間語の分かる猫shine         

◆濃厚なキス無花果の痒みかな かつたろー。
notesドキっとしたんだけどsweat01白い液でかぶれますからね、お気をつけてお召し上がりください!      

◆頭から尻へ無花果むきにけり  立志
notesこれ、反対から剥けるかしらcoldsweats01   

◆孕み石祀る神社や青無花果  小川めぐる
notes石の中に石がある「孕み石」。「青無花果」が合ってるなと。オリジナリティーありますね。        

◆無花果や砂漠に王のピラミッド ぐずみ
notesかっこいい句です。大きいね。接点は無花果の中の粒々と砂漠の砂かな?          

◆無花果剥く山肌を地震(なヰ)剥くやうに のんしゃらん
notesちょっと心が痛みますが。TV吟行でしょうか。  

【天】の句発表前の1曲が「チャンピオン/アリス」なのが燃えましたlovely
そして今回は3人の意見が割れてジャンケンに。
Gさんは「グロテスク」、だりあさんは「夜明け前」、みかりさんは「濃厚なキス」。

【天】濃厚なキス無花果の痒みかな  かつたろー。

かつたろーさん、おめでとうございます!!
やはり「無花果」はエロ・・・!私も『俳句ポスト』ではこの路線で攻めたのですが、
この身体感覚はなかったわbearingsweat01
でも、兼題のおかげで初めて「無花果」を食べてその美味しさを知ったので、
来年はもう少し踏み込んだ句が書けるようになっているかも知れません。
季語体験と称して、いっぱい食べようと思いますshine
さまざまな角度から切り取られた「無花果」、とても楽しかったです、有難うございます!
来週も楽しみですup


flair番組フェイスブックよりflair

今募集中の兼題は10月14日(日)〆切りで「十月」と「濁り酒」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

皆さんのご参加をお待ちしておりますshinehappy01shine

2018年9月25日 (火)

◆「居待月」発表でーす!

『俳句チャンネル』、兼題「居待月」の発表ですshine
今回のパーソナリティさんは、Gさん、だりあさん、みかりさん。
早速聞き書きいきまーす!


◆いびきかく子犬を抱きて居待月  子犬
notes可愛い子犬が見えてきますねheart04抱っこしてる間に寝てしまった。月が出るのを待ちきれなかったんでしょうね。    

◆野球場ライトが消えて居待月  柑平    
notes勝ったんでしょうか負けたんでしょうか。じっと立ち続けて、月を見て喜んで帰ったんでしょうか。それを願っております。 

◆愛というラヂヲドラマや居待月    桂奈
notesこれカッコいい。「愛」がちょっと分からない。「愛」はメロドラマだと思うんですね。ということは「メロドラマ・・・・居待月」で七音考えることが出来ると思うね。よろしかったらもう一回考えてみてください。   

◆断れぬもう一軒や居待月  砂山恵子
notesもう一軒もう一軒といっているうちに月が昇ってしまった。覚えがあります(笑)。       

◆昨晩の吸殻残し居待月  かつたろー。
notesスモーカーの人が吸い殻を残して・・・シケモクでも吸うつもりじゃないと思いますけど、「残る」と切れば、昨日もここに来たと分かる。        

◆妻語るあの日の丘の居待月  佐東亜阿介
notes綺麗な妻が見えてくるね。 多いですね、恋愛モノが。            

◆最終で帰る彼女や居待月  比良山
notesこれもきっと綺麗な彼女。無理に帰さなアカンことはないよ!大人のドラマが見えてきます。          

◆点滴の人と語らふ居待月  花南天
notes優しく、心穏やかにお話している情景がありありと見えて来ます。お見舞いの人も義理で来てくれる人でなく、「居待月」一緒に見るんだからね、身内とか幼馴友達、そんな感じがして好きですね。         

◆リフォームを了へしリビング居待月  司啓
notes気持ちよくお月見出来たということでしょうかね。部屋の中も白っぽくて明るくてツヤツヤして洋風な感じ。カタカナでちょっとカタい気がするけど、敢えて古い季語に新しめの言葉を取り合わせたのかな。   

◆居待月髭剃り後が青々と   己心
notesこれね、時代劇の、素浪人の小説を思い出しました。その素浪人が清潔感があって精悍でね。それを思い出しました。       

◆庭下駄に妣の往時や居待月  みなと
notesこれも好きだな!「庭下駄」を見て母のことを思い出して。庭下駄から居待月に持ってくる展開、これあたし好き。さすがベテラン、庭のしつらえが見えてくるような。   
       
◆横顔の線なぞりをり居待月 青海也緒
notesけっこう近くで並んで座っていて、横顔を目でなぞっていると。つまりラブラブではないかと。何度も何度も横顔をなぞってしまうラブラブ具合!違ったらゴメンナサイcoldsweats01

◆一日花の萎むを見るや居待月          ゆすらご
notes芙蓉とか、小さい花や、豪華な月下美人とかでしょうかね。萎む花と昇る月の対比もまたいいですね。「萎む」がここではすごくいい方に。充実した一日だったからこの景がしみる。「居待月」の季語がいいんですよね。  

◆切れば飛ぶ考(ちち)似の爪や居待月   のんしゃらん
notes亡くなった父のことを「考」と書くのですが、最近講座で聞いた話なんですが、亡くなっていようがいまいが「父」と書いた方が句に広がりがでるんじゃないかなと。

◆居待月夫にかすかな日の匂ひ 小川めぐる
notesご主人がどっか仕事してきて、一緒に月を見ているうちに、ふと一日一生懸命働いてきたその匂いを感じて、労ってあげるような気持ちが窺えます。

◆入歯また緩み加減や居待月 ぐずみ
notesこれよく分かるよ。もうね、入れ歯って舌で触ってる間に緩んできます(笑)。

◆手作りのぐい呑み下ろす居待月  立志
notes陶芸していて、出来たぐい呑みを今日下すと。下駄を下すとかいうでしょ?そう思いました。美味しいでしょうね!


そして今日の【天】は、全員一致で花南天さん!!
だりあさんは特に思い出を揺さぶられたようです。コメントを少し追加しますね。
母が入院していた時に、やはり病院の窓から一緒に月を見たんですよ。その時は満月ですっごく綺麗で。病院の句はわりと見られるけど、この句は「語らふ」っていう措辞がとっても心に響きますね。
アンさん、おめでとうございます!!shine
    

今募集中の兼題は9月30日(日)〆切りで「冷ややか」と「色鳥」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

次回の放送から放送時間が変わります!!
10月2日(火)午前10時半より30分、再放送は水曜日の夜10時から。
皆さんのご投句、お待ちしております!!!

2018年9月17日 (月)

◆「雁渡し」発表ー!

月曜日は京都に出かけ、帰宅が夜になります。
帰宅後更新しますので、しばらくお待ちくださいねhappy01



ただいまでーす!!
今、京都から帰ってきましたhappy02
テンションに任せて聞き書きの更新行きま~すdashdashdash

今回の兼題は「雁渡し」。パーソナリティは、Gさん・雀さん・マリンさんの3人です。

◆窓全開待っております雁渡し 子犬
notesすごいね、よく分かるね。「雁渡し」が風の、天文の季語だってよく調べたね!確かに、全開にして秋の新鮮な風を入れる。よく分かるよ!          

◆雁渡し生演奏のファンファーレ ゆすらご
notes気持ちいいね♪外のイベントなんでしょうね、なんかイベントの前の「バ~ッ」って始まるホルンの音とか伝わってくるね。気持ちがいい句。港の近くかも知れないよ?新造船の。季語も凄く合ってますよ、そうしたら。

◆船頭の白眉揺れたる雁渡し  司啓
notes「白眉」って「白い眉」だよね。経験のある船頭さんが海へ出とるんでしょうか。秋の爽やかな風がサーっと来て。「白眉揺れたる」がいいね。何本か長くなるもんね。上手に景を詠まれてますね。良い着眼点です。        

◆振る手から振る手へと行く雁渡し 霞山旅      
notes港から離れていく船と、港から見送る手と。ランナーと応援の人かも分からんね。いろんな場面を想像させてくれますね。季語に合ってるのかな。 

◆雁渡し動く歩道の人抜いて  まどん
notes「動く歩道」がちょっと難しいですね。外にある動く歩道なんですね。          

◆雁渡し耳にざらつく浜言葉  小川めぐる
notes「浜」っていうのが、港の漁師さん?声が潮焼けして、しわがれていて、乱暴そうに聞こえたりして。それが「耳にざらつく」って表現になったのかな。面白い表現だなと思いました。

◆神木の枝伐る空師雁渡し  のんしゃらん
notes「空師」というのは、高い木の枝を伐採する専門の職人さんだそうです。「神木」は普通手入れせんのやけど、台風で折れたのかも知れんね。この句の苦労したなというか、これ見たかという感じと思うのは、「空師」と「渡し」で脚韻を踏んでるとこ。          

◆雁渡しフリマの幟並びをり 花南天
notes景は分かるよね!強い風が旗をバタバタさせてる。フリマの列になってるんでしょうね、列になるくらいたくさん並んでいるんだろうなと思います。           

◆雁渡し実家を終ふ鍵渡し 比良山
notesうまい(笑)。これは韻を踏んでるというよりシャレに近いのかな?俳句の始まりは「滑稽」やから、こういう遊びもたまにはいいよ、悪くないです。            

◆書き終えし離婚届や雁渡し 青海也緒
notes悩んだ末に離婚届を書いて、スッキリした、心晴れ晴れしたんかな。よっぽど波乱万丈あったのかな、「雁渡し」だもんね。            

◆お城下を過ぐる銀輪雁渡し  桂奈
notes「銀輪」だから、ママチャリじゃなくて颯爽と行くようなかっこいい自転車な感じがします。風を切ってね。          

◆Vの字の角度こだわる雁渡し  佐東亜阿介
notesこれ「雁渡る」と勘違いしたんじゃないかな?「雁渡る」は動物、「雁渡し」は風だからね。         

◆海騒に慣れたる生活雁渡し みなと
notesこれ、勝手に「潮騒」と読ませて頂きました。引っ越してだんだん潮騒に慣れてきた生活とかけてるんだと思います。           

◆民宿はもと古民家や雁渡し 砂山恵子
notesもったいないな!「もと古民家」っていかにも説明みたいだから。例えば「梁は百年」とか「柱は百年」とか、ひとつ描写を入れてくれたら古いってことは分かるので。

◆観光に精出す國へ雁渡し ぐずみ
notes「雁渡し」合うかな?北風。ちょっと疑問かな?でも、北朝鮮なんかもそうだからね。

【天】雁渡し生演奏のファンファーレ   ゆすらご


Gさんは「元気のいい『雁渡し』、心が弾むじゃないですか!」とゆすらごさん推し、
雀さんもGさんと同じということで、多数決でゆすらごさんに決定!
マリンさんは司啓さん推しでした、つかっさん惜しかったですね!!
そしてゆすらごさん、おめでとうございます!


flair番組フェイスブックよりflair        

今募集中の兼題は9月30日(日)〆切りで
「冷ややか」と「色鳥」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

flair番組からのお知らせflair

「俳句チャンネル」はこれまでの15分から30分に放送時間がかわります!
10月2日(火)から、10:30~11:00、再放送は、水曜日の夜22:00~22:30
番組への質問、投句、お便りお待ちしております!よろしくお願いいたします!!


勢いを増してきました「俳句チャンネル」!!
皆さん、一緒に楽しみましょうーーー!!!upupup

2018年9月10日 (月)

◆「秋扇」発表です!(完全版)

立志さんからのバトンを受け取り、久々に聞き書きに挑戦しますっ!
拙い点はどうかご容赦を!

今週は「秋扇」の発表です。
番組に添って紹介いたします。
本日のパーソナリティは、Gさん、雀さん、マリンさんの3人shine
では、皆さんの句を放送順に紹介していきます。
コメントは3人分をなんとなくまとめさせて頂いております。

◆異常気象秋扇愛しめり 子犬
notes異常気象で本来ならもう涼しくなるのに、いつまでたっても扇を離せないと。「愛しめり」だからすごい大切にしているんですね。

◆命日の休日ねこと秋扇  まどん
notes誰の命日かと思ったんですけど、「ねこ」とくるということは想像するに漱石さん?でも命日を休日にするかい?これは「命日」を言い訳にゆっくり秋の天気を楽しんでいるのかな。

◆ゆるゆると家計簿をつけ秋扇  青海也緒
notes秋扇を左手に、鉛筆を右手に、ちょっと煽ぎながら、ちょっと適当に。合わないのは誤魔化して。赤字にならない程度のそこそこの生活。 「秋扇」と合ってるね。      

◆秋扇緩む要の手に馴染む  ぐずみ
notesこれは使い込んだ、ホントに愛着のある秋扇でしょうね。要が緩んでも手離せない。緩いくらいが手に馴染むと。パってやったらビラっと開く。「秋扇」らしいですね!         

◆嫌な奴が来て煽ぎ止む秋扇   霞山旅
notesヤなヤツが来るまでは普通にゆっくりと煽いでたんだけど・・・よっぽどヤな奴だね、俳句にするくらいだからね。景が良く見える、思わず止まる手ね(^^;       

◆秋扇買い手の付いた父の家   ゆすらご
notes亡くなったんでしょうね、それで売ることにしたと。なんとなくその寂しさ、買い手がついて嬉しいような、もう自分の実家ではないんだと。「秋扇」に合っていますね。

◆立呑の客が客よぶ秋扇   のんしゃらん
notes呼ばれてみたいね!年金生活の、同じような年頃の人が寄ってくるんよ。私も通いよったからね。景がよく見えるいい句だと思います!         

◆閉づる音愉しみてをり秋扇   小川めぐる
notesそんなに頻繁に使わなくていい、なんとなく手持無沙汰で、開いてはパチン開いてはパチンと閉じている。その音が楽しくて。これもいい句ですね。       

◆秋扇失ひ扇ぐ五指の皺  比良山
notes複雑やね。秋扇を失って、手で煽いでいるとなると、季語としての働きがチョット弱い。 字面では出て来ていても、現物が出ていない。         

◆ごろ寝するソファの隙間に秋扇  花南天
notesあるよね!うちのソファにはよくトーマスやアンマンパンのおもちゃが出て来たりするんですけど、「秋扇」が出て来たんですね。      

◆秋扇他人行儀の心地かな   みなと
notes必要であったりなかったり、そこらあたりのことを他人行儀と表現したのかな?必携ではない、たまにしか使わない。ちょっと分かりにくいかな?        

◆秋扇決勝戦で負けました   司啓
notes決勝戦で負けたって野球かな?応援団でしょうね。チャッチャッチャとね。負けたから「秋扇」なんだ。勝ったら勢いがあるもんね。        

◆ガラクタの片付かぬ居間秋扇  桂奈
notes私の部屋を見てきたんじゃないですか桂奈さんも~sweat01これとこれとこれををこうしたらもっと広く・・・と今日も思ってきました・・・。そう思っているうちに秋になっちゃったよと(^^;       

◆秋扇チャイナドレスの峰不二子 佐東亜阿介
notes「まんまやんか」って感じ。チャイナドレスなら秋扇でなくても、羽根のついた扇子でも何でも持ってくださいcoldsweats01      

◆秋扇台詞二行の端役なり  かつたろー。
notesたった二行の端役も「秋扇」に合ってますし、それでも一所懸命練習してますと。 あってもなくてもええような、たまに出て来るからいい役。でも必要なのよ!「秋扇」と一緒よ!        

◆秋扇女系家族に入りし婿  砂山恵子
notes俺そのまま!俺、入り婿ではないけど、女5~6人おって俺小さくなってる。ワカル。   

今日の【天】は、全員一致でぐずみさん!
一物仕立ての句が皆さんのハートを射止めました! 
すずめさんはゆすらごさんの句が好きと仰られつつもGさんに同意、
マリンさんはのんしゃらんさんの句に惹かれつつもGさんに同意、
満場一致でぐずみさんに決定しました!!
ぐずみさん、おめでとうございます~~~!

【天】秋扇緩む要の手に馴染む
  
難しい一物仕立てで「秋扇」を詠まれました。
古文に於いて「の」はいろんな働きをしますが、この句の「の」は主格の働き。
訳すと「緩む要が手に馴染む」になりますね。
番組フェイスブックで見た時、目で「~緩む」「~馴染む」と並列に読んでしまい、
五七五のリズムでゆっくり音読して分かりましたcoldsweats01リズム大事ですね!
使い込んで手に馴染んで、お気に入りの扇。
要が緩んだ分、開く時や閉じる時の感触も自分に合って感じられるのかも。
シンプルな生活の中で、お気に入りのものだけ傍に置いておけたら素敵だなと思います。
ぐずみさん、素敵な句を有難うございました!!
余談ですが、「扇」関連でこんなサイトを発見。
おぉ、「5月1日は恋(51)の日」そして「扇の日」!来年、詠んでみようかな???


bell番組フェイスブックより俳句募集のお知らせですbell

今募集中の兼題は9月16日(日)〆切りで
「居待月」と「無花果」です。
メールアドレスは  radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789
本名と住所もお書き添えください。

2018年9月 6日 (木)

◆「秋鯵」&「竹の春」

今回も2週分まとめての更新です。
立志さんブログの聞き書きを頼りに、皆さんの句から勉強させて頂きます!

【天】祖父と釣る祖母と素揚げす秋の鯵  青海也緒
notes「これ景が見える。じいちゃんが『釣りにでも行かんか?』って『うん行く行く』って、『じいちゃんと釣ったよ』って言うとばあちゃんがサッサッサッと捌いて、ばあちゃんの手伝いして素揚げをすると。なんか懐かしい風景」

「食べ物の句は美味しそうに」が鉄則とのこと。
「祖父と釣る」から浮かぶ楽しそうな笑顔、「祖母と素揚げす」から聴こえて来る嬌声。
自分で釣ったから美味しい、自分で作ったから美味しい、一緒だからもっと美味しい。
きゃあきゃあとはしゃぐ声も、秋の澄んだ空気の中でひときわ楽しそうに響きます。
視覚・触覚・聴覚・嗅覚・味覚、ふと気づけばこんなにも贅沢に刺激されることに驚きます。
そうだ、「秋鯵」なのだから、「秋の空気感」が大事だったのだ!!と気が付きました。
シンプルな景の中に、これほどの情報を無理なくおさめてしまうとは凄過ぎ!
矢緒さん、おめでとうございますーーー!!!

他にも、「あ~こんなふうに詠みたかった!」と思った作品がたくさんでした。
以下、敬称略で少し紹介させて頂きます。
秋鯵のための良き塩良き地酒  花南天flair間違いなく美味しい!!
秋鯵や漁港食堂小旅行      司啓 flair心地よい秋の好日
秋鯵に触れて生醤油ひかり出す のんしゃらん flair生醤油を弾く脂たっぷりの秋鯵!

私は海のものが苦手なので、「秋鯵」は途中で白旗を揚げてしまったのですが、
皆さんの句を見て、今度ちょっと食べてみたい気持ちになりましたよgood
素敵な句を有難うございました!!!


◆「竹の春」

愚痴言うて笑ひ流して竹の春
notes「竹を割ったような性格っていうでしょ?少々言うてもサバサバしとると。私(Gさん)もこういうような年寄りになりたい。まだ若いんだから(笑)」

「秋鯵」送れなかった分、「竹の春」には3句投句していました。
そのうち2句がフェイスブックの記事に掲載され、こちらは和音さんが選んでくださり、
Gさん、みかりさんとのジャンケン対決となりました。あぁん惜しかったcoldsweats01

【天】見覚えのある筆遣い竹の春   冬のおこじょ
notes「なんかの書があって、それが掛け軸や色紙なんかにあって、竹の伸びたようなスーッとした文字の事ですかね?竹の素直なというか、仮名書の連綿の書体で書かれたような感じがしますね。気持ちの良い書ですよね」


「筆遣い」、書でしょうか画でしょうか。そしてそれは上手いのか下手なのか。
その書き手をはっきり思い出せているのか、いないのか。
何もかも読者の想像に委ねられた一句で、「竹の春」の明るさと爽やかさの中で、
思い起こす感覚そのものの心地良さが伝わってきます。
私は、久しぶりに舞い込んできた絵手紙を想起しました。
名まえは書いてないけど、絵の感じも字の感じも、確かに記憶にある。
旧交が温められる、もしくは何かが新しく始まる、そんな予感にニヤついてしまう「竹の春」です。
いやー何だかとめどなく妄想が広がっちゃいましたcoldsweats01
冬のおこじょさん、おめでとうございます&素敵な句を有難うございます!!
これが最後とのことですが、また是非ふらっと投句してくださるのを楽しみにしています。

そして、今回も素敵な句たくさんheart04
以下、少しだけですが敬称略で紹介させて頂きます。

竹の春子の靴はすぐダメになり  かつたろー。flair実感!
この山もなゐ生き延びて竹の春  霞山旅flair竹の根が守ってくれたのかも
車椅子で決めるシュートや竹の春 のんしゃらんflair美しい軌跡

季語「竹の春」の本意は逞しく眩しい生命力、明るさ・強さ・爽やかさ・・・。
そう考えた時、「心の中に何かムクムクと芽生えてくる気持ち」が【天】の句にはあると。
やはり選ばれるべくして選ばれるのだなと、改めて感じました。
翻って私の句には、さばさば感こそあれ、ムクムク感はないかと・・・。
とっても綺麗で気持ちのいい季語だと思いましたので、
来年以降、この本意を衝いた句を書ける日が来るよう、期待して待っています。
皆さん、素敵な句を有難うございました!!

次は!
兼題:「居待月」と「無花果」
締切:9月16日(日)
宛先:radio@baribari789.com 住所と本名もお書き添えください

皆さん是非お気軽に投句なさってくださいね!!