最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

俳句新聞いつき組

2019年1月24日 (木)

水澄むや光に音のひとつずつ

アレ~~~なかなか来ない~~~?
おっかしーなーと思っていたら、すでに4回の購読が終わっていましたcoldsweats01
申し込んだのは4月だったんですけど、1月号(冬の号)から送ってもらってたのを忘れていた!

という訳で、すりいぴいさんに結果を教えて頂きました。
素早くお返事くださって有難うございますshine

◆水澄むの座決定戦

水澄むや光に音のひとつずつ(15点)ノミネート20句中7位

まさかの連続ノミネート!
そして選んでくださった皆さん、有難うございます・・・!
何かが光る時、頭の中でそれぞれに効果音が鳴る感じがするんです。
ノミネート作品の中ではダントツに地味だと思いましたが、
共感くださった方が思いのほかたくさんいて嬉しいですshine

◆霜夜の座

【秀】銀鈍の霜夜の道をいく家出 

上位互換句をノミネート作品の中に見つけて、ガーンimpact
そういうふうに飄々と表現することが出来るのね!!
重い内容は軽く、暗いことは明るく。
その絶妙な匙加減が俳諧味なのだということを思い知りました。
道は遠いけど頑張りますcrying

◆日本の色歳時記 兼題「檜皮色」

【佳】茶の花や干菓子の皿の檜皮色

難しいィ~~~と思いながらも、身近で「檜皮色」のものを思い起こしてみました。
「干菓子」と「茶」があまりにも近いsweat01
いつか何か新鮮な「檜皮色」を見つけたいです。

◆くらむぼん

【並】水仙や授乳に傾ぐ白き首

これは以前、『俳句ポスト』兼題「蜂」の時に【没】だった十二音。
「蜜蜂」→「子育て」→「授乳」は近かったかと、別の季語を探していました。
「水仙」のうっとりと俯いている感じが、これまた近いと言えますが、
私の中では「水仙」=「母」なところがあるので・・・。
内容が比喩のようになってしまっているので、もう少し表現を考えてみます。


そして、今回は重要なお知らせがあったようです。
サイトでも告知されていましたが、夏井先生の連載が終わっちゃうんですねsweat01
2020年1月号からどんな紙面になるのかも楽しみではあるんですが、
残念ながら懐事情もあり、次の更新が出来ませんcrying
夏井先生の最後の1年になるので、
もしハイポニストの方で購読を迷ってらっしゃる方がいましたら、
チャンスを逃さないように・・・いや、もしかして新しく何か始まるのかな?
続報、そして自分の懐の回復を待ちます!!!





2018年10月18日 (木)

ころろんと黒電話鳴る薔薇の家

出勤前にポストを覗くと、オレンジ色の封筒が。
多分昨日のうちに届いていたのでしょう、季刊「俳句新聞いつき組」が入っていました!
本当だったら、玄関の中に置いて出勤するべきなのですが・・・
我慢出来ずに持って行っちゃいました!coldsweats01
気になる「薔薇の座」決定戦の結果は・・・

ころろんと黒電話鳴る薔薇の家 (46点)

まぢですか!!
なんとなんと、信じられないほどの望外の結果です。
いまだかつて、一句にこんな点数、もらったことない・・・coldsweats02sweat01
選んでくださったのも、「嘘ー」と言いたいほどの憧れの方たちがいて・・・
「黒電話」の句は幸せです、本当に有難うございます!!!
選評もひとつひとつ嬉しくて、何度も読み返してはニヤニヤcoldsweats01
「薔薇の座」の写真部分にも句を記載して頂いていて、
薔薇のアーチの先に、この「薔薇の家」がありそうに感じました。ああ、なんて幸せ!
もう二度とないであろうこの僥倖を噛み締めながら、
『俳句ポスト』兼題「炬燵」の投句に当たりました。
多分腑抜けてしまってダメかも知れないなと、予防線を張っておきますcoldsweats01

で、この時は「薔薇の座」の選句に集中しすぎて、
「雑詠」も「色の歳時記」に投句しそこねているので、
次は選句も投句も頑張りますupupup

最後になりましたが、掲載の皆さん、おめでとうございます!!! 冬の号も楽しみです!!!

2018年7月18日 (水)

◆夏の号届きました!

俳句新聞いつき組、7月号が届きました!
ここでは、自分の結果だけを書いておきます。

◆『色の歳時記』「刈安色」

【佳】スナップの刈安色や夏果つる

◆雑詠欄『くらむぼん』

【人】石像の深き笑窪や朝涼し

◆「暖かの座」選句

テツコさんの21点句。選評を載せて頂き感謝です!
まだかろうじて現役の一口馬主として、一読で選を決めたものですが、
馬の話が止まらなく、どんどん長くなっていくので、頑張って170字まで削りましたsweat01



次は、「薔薇の座」選句、「水澄むの座」投句、『色の歳時記』は「二藍(ふたあい)」。
解説がとても興味深く、シルクロードから邪馬台国、「枕草子」「源氏物語」と、
さまざまなシーンを紹介して頂き、イメージがむくむくとup
締切は8月20日、じっくり考えたいです。

最後になりましたが、掲載の皆さん本当におめでとうございます!!