最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

るるる勉強会

2018年12月16日 (日)

◆「第11回」を終えて

今回、選評の中で「枯葉」と「落葉」の扱いについての言及があったので、
自分でもよくよく確認しておこうと思い、記事にします。

【枯葉】
・『日本の歳時記/小学館』より抜粋
冬が深まるにつれ、木々の葉は枯れて散り始める。
樹下に積もっていたり、まだ枝に残って風に吹かれていたりする姿は、冬の侘しさを象徴する。
都会でも、並木の枯葉が歩道を吹かれてゆくさまなどが目につく。

・『きごさい』より抜粋
冬になって枯れてしまった葉のこと。
まだ枝に付いているもの落ちたものなどさまざま。


【落葉】
・『日本の歳時記/小学館』より抜粋
冬、地上に散り敷く落葉樹の葉。
紅葉のままのこともあれば、すでに枯葉と化していることもある。
落葉のしきりに降るさまを雨にたとえて「落葉の雨」「落葉の時雨」ともいう。

・『きごさい』より抜粋
晩秋から冬にかけて、落葉樹はすべて葉を落とす。
散った木の葉ばかりでなく、木の葉の散る様子も地面や水面に散り敷いたようすも表わす。


まとめると、枝についている時は「枯葉」一択(まだ落ちていないから「落葉」ではない)ですが、
散っている時、積もった時の表現としてはどちらを選んでも良さそうです。
個人的に「枯葉」というとすでに色も抜け乾いた質感が際立ち、侘しさ・寂しさが強い。
「落葉」というと、比較的しっとりした風情(湿っぽさ)が感じられる気がします。
「銀杏落葉」や「柿落葉」など、色が残っているものも多いので華やかな印象もあり、
色の感じからさまざまな感慨と結び付けて感じ取ることが出来そう。
このあたりは、内容によって作者の判断で選択することになるのでしょう。
これまで「枯葉」と「落葉」の使い分けに関して考えたことがなかったので、
良いきっかけを頂きました。

句会を通して、「えっそうなの?」「待てよ確認してみよう」と思う機会が増えました。
言葉や季語の解釈、それぞれが持っているイメージの違いがとても興味深く、
今回に限らず、皆さんのさまざまなご意見から学ばせて頂いております、
いつも有難うございます!!!

2018年8月14日 (火)

◆「るるる勉強会」

比々きさんが「ハイポ掲示板」でシェアしてくださった、
「河野裕子読本」(角川学芸出版)124p~128p抜粋・要約
を、こちらでも紹介させて頂きます。
短歌の方はあまり・・・という方でも、この歌はご存知かも知れません。

手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が

私も、この一首だけは知っていました。
以下、多少刈りこんでお届けします。

●ドーナッツ
・言いたいことを
全部言わない
・ドーナッツみたいに真ん中をあけて作るのがよい。
・おちをつけない。言いさしで結構。あとは
読者にまかせる

●らしく作らない
・不特定多数にすりよらない。サービスすると品が悪くなる。愛想悪く作るべし。
・表現するときは最大限に自己を解放すべし。とにかく全開する。
・頭ではなく、
自分の身体を通した言葉で作る。

●多作・駄作のすすめ
・たくさん作ること。量が質に転化する。できばえは気にせず、ぱーっと作る。
 
作ってるうちに言葉が言葉を引っぱってくるようになる
一首必要なときは十首作る
・締切りに追われながら凡作でも駄作でも、絞り出すように作る。
・完成作を作らなくてもいい。とにかくたくさん作って読んでもらうこと。
・歌は二〇点か一二〇点を心がけること。
 八五点や九〇点の歌ばかり作っているのは、ただの優等生で面白くない。
・いい歌ばかり集めた歌集は退屈で面白くない。
・大歌人は駄作の山の中にときどきいい歌が混じっているから光っている。
 大歌人ほど駄作が多いというのはほんとう。

●言葉から
・テーマを先行させてはダメ。
歌は意味から作るのではなくて言葉から作る
・事実につきすぎると事実からずれる。
実際かどうかは別問題
・言葉のひきだしをたくさん持つ。
 表現力を身に付けて、言葉の数を増やさなければ、
 複雑な気持ちを表現することはできない。
・言葉を貯えることと、言葉をうまく使えることは別。
ありようだけを言う・・・それも三分の一ぐらい

●直感が勝負
最初に感じたものを思いきって自分の感覚で
・直したらたいていダメ。
 一番はじめに書いたのが、直感的に物事をとらえていて、はじめの方が良い。

●読むこと
自分の頭で考えられることは知れている。どんどん盗んでください

●続けること・その他
・(新入会員に)三年は座っていてくださいませ。三年間は辛抱してください。
・欠詠はしないという、場の強制力を常に意識していないとたちまちタガがゆるんでくる。
・歌を作ることが歌を作ること。からっぽだから、
なにも無いから詠う
 あるから詠うのではないのです。
・年を取ると感受性が鈍くなるか?否。言葉への瞬発力が弱くなるだけなのです。


特に響いた部分を朱書きしてみました。

今の私は、頑張ってなんとか60点70点は目指さないと・・・!という感じ。
20点か120点かなんて発想、ありませんでしたcoldsweats01
自分も、ようやく少し出せるようになってきたのかなあという程度。
まだまだ全開にはほど遠いです。
しかも、このところ欠詠続き!shock
『俳句ポスト』兼題「稗」、『一句一遊』兼題「風祭り」ともに投句出来ず・・・
暑さを言い訳に、ずいぶんたるんでおりましたsweat01
気を引き締め直して頑張りますっsweat01sweat01sweat01

比々きさん、ナイスタイミングで良い記事を有難うございました!!